2009年04月13日

非民主・ダブルスタンダードが元凶とタクシン元首相

 タクシン元首相は13日、CNNと行われた電話インタビューの中で、現在タイ国内で発生している争乱は、問題があるタイの民主主義と3年間に渡る法律の二重基準運用に対する国民の不満が爆発したものであると指摘した。民主主義を要求する者に対して政府が非民主的な手段で応えているのが現在の状況なのだという。

 また、自らが不正に手を染めたと指摘されているタクシン元首相の口から民主主義という言葉が語られる事を国民が受け入れるのかとの突っ込んだ問いに対しては、不正に手を染めたのは事実ではない。クーデターで実権を奪われ、二重基準制度下で権力によるハラスメントを受けているのが自分であると語った。

 更に、今後の目論見について聞かれたタクシン元首相は質問に対して、暴力が暴力を生む、戦争で平穏を勝ち取ったことはない、全てが共に平和的手段を基本に置くべきだ。国民は武器を所持できない。銃弾を受けた国民の遺体を大急ぎで隠すのが政府であると語った。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 21:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、ペッブリーのアソーク交差点等を封鎖

 ネーション系のタイ語速報によると、赤服軍団は13日17:00頃、ペッブリー通りとアソーク通りの交差点周辺及びラーマ9世通りに通じる路上を封鎖しタイヤを燃やすなどの抗議活動を開始した。

 一方、軍側は同日17:30迄に戦勝記念塔からラーマ9世通りに通じる路上からの赤服軍団の排除を完了した。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 20:42| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーンカーイの赤服、住民からの強力な反発にあい友好橋を解放

 ネーション系のタイ語速報によると、タイ・ラオス友好橋を封鎖し抗議活動を展開していたノーンカーイ県の赤服軍団約200人は、周辺住民による強力な反発にあい13日16:00頃に封鎖を解除し撤退した。

 撤退した赤服軍団が県庁周辺に集まる動きは見られていないという。

 県内では、タクシン元首相がプライベートジェットでラオスの空港に降り立ち、友好橋を利用してタイに入国するとの噂も広がっているという。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 20:30| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、ペッブリーでムスリムを敵に回す

 ネーション系のタイ語速報によると13日17:00頃、バンコクのペッブリー通りソーイ7の入り口周辺で、赤服軍団による住民の車やモスクに対する損壊行為に怒った棍棒や刃物等で武装した住民約200人が集結し赤服軍団へ反撃する機会を伺うと共に警察に向かって赤服の一味であると罵声を浴びせているという。

 これに先立ち同日16:00頃、民主主義市民連合のシンパであるイスラム教徒の住民が黄色い服を着てソーイ7の入り口付近で水掛に興じているのを通りすがりに目撃した赤服軍団が襲撃したことから両者間で衝突となり、その際に赤服軍団がイスラム教徒が多く住むソーイ5内にある飲食店のテーブルに火を放ったり、数台の車やモスクを損壊したりバイクに火を放つなどするという事件が発生していた。

 また、ネーション系の英字速報では、ソーイ7で水掛に興じていた人々と赤服軍団との間で衝突が発生し、複数人が負傷を負った他、衝突の際に銃声が聞かれたと報じている。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 19:42| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元評議会秘書官長、赤服系元上院議長による調停誓願に疑念

 マテイチョン紙の速報によると、元国家安全保障評議会のソムヂェート・ブンタノーム大将は13日、スチョン元上院議長による国王への調停誓願に対して疑念を示した。

 この調停誓願の提出にスチョン元上院議長の他に嘗て警察OBを動員して首相官邸を占拠していた民主主義市民連合を排除すると豪語していた事でも知られる元警察副局長のサラーン・ブンナーク警察大将が関与していた事が確認されている。

 発言の中でソムヂェート大将は、嘗てタクシン元首相の配下だったスチョン元上院議長等が赤服軍団による東南アジア諸国連合関連会議の開催を延期に追い込むという暴挙に対して何ら対応をとっていない事に対して疑問を呈した上で、本当に国家を救いたいという気持ちがあるのであれば赤服軍団を保護するために調停の誓願をする前に、赤服軍団に対して活動を中止する様に呼びかけると共にタクシン元首相に対して赤服軍団への関与をやめるよう要請していたはずだと指摘した。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 17:49| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元上院議長、国王に調停の誓願

 13日15:00前に確認できたネーション系のタイ語速報によると、元上院議長のスチョン・チャーリークルア氏等は王宮本部に対して国王に国内対立の調停を要請する請願書を提出した。

 スチョン氏は、現在の状況を放置しておけば無実の者が犠牲になるだけでなく国家の基本機関の安定性や国家イメージに深刻なダメージを与える事になると指摘した。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 17:07| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦勝記念塔周辺は正常化 - ディンデーンではガス車を巡る小競り合い

 14:00過ぎに確認できたMCOT及びネーションの英字速報によると、軍側が戦勝記念塔周辺をコントロール下に置き14:20現在通常の交通に戻っている模様。

 一方、各メディアの報道によると、ディンデーン地区では団地前に置かれたガス積載車の撤去を巡った小競り合いが発生し、また一部報道は避難する団地の住民に赤服が暴行を振るったと報じている。

 放置されているガス積載車に積まれていたガスは既に全て抜かれているとの報道もある。
posted by Jean T. at 16:58| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッブリーの赤服、軍基地前を封鎖

 14日14:00迄に確認できたINN電によると、ロッブリー県の県庁前に集合していた約100人の赤服軍団が第31歩兵部隊第3大隊及びエラワン基地特殊戦学校本部に通じる路上の封鎖に乗り出した模様。

 赤服軍団は、緊急派遣部隊として訓練を受けている部隊のバンコク行きを阻止する為に封鎖に乗り出したと説明している。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 16:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BTS線、戦勝記念塔駅の出入り口の一部を封鎖

 13日14:00までに確認できたINN電によると、戦勝記念塔周辺で継続的に軍と赤服軍団の衝突が発生している事を受けBTS線は一部の出入り口を封鎖した。

 尚、報道時点では残された出入り口から駅への入場が可能だが、手荷物検査体制が強化されているという。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 16:23| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、ディンデーンでバスを乗っ取り軍に突撃

 13日14:00前に確認できたネーション系のタイ語速報によると、同日13:40頃、軍が制圧したディンデーンの交差点で、赤服軍団が、乗っ取ったバスを軍側が防御用に路上に駐車しておいたバス車両に衝突させると共にバスに火を放った事をきっかけとした再度衝突が発生している模様。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 16:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軍、ディンデーンの交差点を完全制圧

 13:30迄に確認できた各メディアの報道によると、ディンデーンの交差点を封鎖していた赤服軍団が火焔瓶の投下やバスへの放火等で激しく抵抗したものの、最終的に軍側が鎮圧し交差点周辺を軍側のコントロール下に置いた模様。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 15:53| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリスマン氏、首都圏警察本部から保釈後パッタヤーの警察に身柄を確保

 警察は13日午後、同日50万バーツの資産で保釈された反独裁民主主義同盟幹部のアリスマン・ポンルゥアンローン氏が、ナレスワン基地からチョンブリー県内のプララーム6基地に移送され警察側の拘束下に置かれている事を確認した。

 チョンブリー県パッタヤーの警察当局が、逮捕状に基づきアリスマン氏の身柄の引き渡しを要求した事を受けた措置だという。

* こちらのコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けております。
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 15:44| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読者様からの生情報を受け付けます

 この記事のコメント欄で読者様からの生の情報を受け付けさせていただきます。承認無しですぐにページに反映するように設定してあります。

コメントのリンク先
http://thaina.seesaa.net/article/117401071.html#comment
posted by Jean T. at 15:09| バンコク ☁| Comment(86) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読者様から以下の情報をいただきました

 13日12:20過ぎ、読者様からいただきました情報をそのまま掲載させていただきます。外地からの更新であるため、生の情報は本当に助かります。ありがとうございました。

-------- quote
現在、軍がラチャプラロップどん突きの三叉路から戦勝記念塔に向けて制圧作戦に出ています。
旧iTVの交通カメラで生中継してます。
デモ隊側は盾にしていた横向きにとめた白バスを放棄して戦勝記念塔方面へ撤退。
その際、火炎瓶による反撃をしてますが、効果無しです。

チャンネル7の報道ですが、
カオサン通りは速報通り水掛祭りをやってますが、
閑散としていて、いつもの年末のアメ横のような賑わいはありません。
道端で物を売ってる人によると、去年の1/10も売れていないとのことです。
-------- unquote
posted by Jean T. at 15:05| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、事実上団地の住民を人質に?

 13日昼過ぎまでに確認できた各メディアの報道によると、赤服軍団がディンデーン団地脇にガス積載車を駐車させた事を受け、住宅公団総裁は同団地の150家庭に対して避難を勧告したが、赤服軍団側が住民の避難を阻止している模様。
posted by Jean T. at 14:32| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーチャウィティ病院で赤服が死亡との報は意図的に流されたデマ?

 プーヂャッカーン紙の速報によると、ラーチャウィティ病院当局は13日11:00過ぎ、同病院内で死亡した赤服がいないことを確認した。

 病院当局によると、朝に見舞った同盟幹部で医師でもあるウェーン・トーヂラガーン氏が入院している赤服の様態について十分に承知しているはずだという。
posted by Jean T. at 13:54| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服軍団、ラーチャウィティー病院に向け移動を開始

 ネーションの英字速報は14日10:50頃に反独裁民主主義同盟のデモ隊が、ディンデーンで行われた強制排除の際に死亡したデモ隊員の身柄を引き取るために首相官邸から隊列を組んでラーチャウィティ病院に向け行進を始めたと報じた。
posted by Jean T. at 13:25| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保健相、ディンデーン周辺住民の避難を勧告

 各メディアの11:00前迄の速報によると、ウィタヤー公共保健大臣は、赤服軍団がディンデーン団地前に置いたガス積載車が爆発した場合、付近一帯に多大な損害をもたらす恐れがあるとして、周囲1Km以内の住民に対して緊急避難するよう呼びかけた。
posted by Jean T. at 13:09| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングパワー社前にもガス積載車

 ネーション系の英字速報が14日10:25頃、赤服軍団がラーンナム通りにあるキングパワー社本社にガス積載車で乗り付けたと報じている。

 尚、11:00前迄に確認できた他のメディアの活字報道では同様な報道は確認できない。
posted by Jean T. at 13:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディンデーンで軍が後退を余儀なくされる

 プーヂャッカーン紙の13日10:00前迄の速報によると、同日未明に行われた強制排除により後退を余儀なくされたディンデーンの交差点に集結していた赤服軍団が軍に向け火炎瓶等の投下を開始し、軍側が後退を余儀なくされている。

 軍側からの反撃は確認されていない。
posted by Jean T. at 12:04| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、強制排除に乗り出したら即バスに火

 プーヂャッカーン紙の13日9:00前の速報によると、シー・アユッタヤーの交差点を封鎖している赤服軍団は、ガス積載車を交差点に駐車すると共にソーイ・ラーチャウィティー3側に駐車してあるバスにガソリンをかけ強制排除に乗り出した場合には即火を放つと叫び気勢を上げている。
posted by Jean T. at 11:18| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、ガストラックでディンデーン団地に突入 - 爆破すると警告

 ネーション系のタイ字速報によると、赤服軍団は13日7:00過ぎガスを積載した10輪トラックをディンデーン団地脇に駐車し、団地の住民達に対して爆破させるおそれがあるから今すぐ団地外に避難するよう呼びかけ住民を混乱に陥れた。
posted by Jean T. at 11:03| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、キングパワーの包囲へ

 プーヂャッカーン紙及びINN電の速報によると、反独裁民主主義同盟のパーヤップ・パンゲート氏は13日朝、キングパワー社の包囲に乗り出すと宣言した。

 一方、同盟の自警組織は同日朝、バンコク銀行ポームマハーガーン支店を放火しようとした30歳位の男の身柄を確保した。男は靴修理職人であることのみ認めているが、放火しようとした理由については証言を拒んでいるという。
posted by Jean T. at 10:49| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリスマン氏が50万で保釈

 ネーション系のタイ語速報によると13日4:30頃、反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、東南アジア諸国連合関連会議の開催を中止に追い込んだホテル乱入を指揮していた容疑で逮捕状が執行されたアリスマン・ポンルゥアンローン氏が保釈されペーチャブリー県内にあるナレースワン基地から首相官邸前の集会場に向かっている事を明らかにした。

 50万バーツの資産を担保に保釈された模様。
posted by Jean T. at 10:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、シー・アユッタヤーの交差点を封鎖

 各メディアの報道によると赤服軍団は13日朝、6台のバス等でシー・アユッタヤーの交差点を封鎖すると共に燃えたタイヤ等を交差点上に放置するなどした。
posted by Jean T. at 10:31| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法裁にむけM79攻撃

 各メディアの報道によると13日1:30頃、バンコクのプラナコン区内にある憲法裁判所に向け数発のM79が打ち込まれ、軍関係者1人が爆発の際に飛び散った破片で負傷を負った。

 M79は首相官邸や2空港を占拠した民主主義市民連合に対する攻撃にも度々使用されてきたが、実行犯の摘発には至っていない。連合側は赤服支持派のセー・デーンことカッティヤ・サワディポン少将一味がM79攻撃に関与していたと主張していた。

 合計で3発のM79が発砲されたと見られ、内1発が裁判所の2階部分に命中したが、残りの2発は不発に終わった模様。

報道映像
http://news.mcot.net/politic/inside.php?value=bmlkPTI4ODMzJm50eXBlPWNsaXA=
posted by Jean T. at 09:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディンデーンで強制排除

 各メディアの報道によると13日4:00頃、バンコクのディンデーンの交差点で軍による催涙弾の使用が伴う強制排除が行われ軍側が交差点周辺をコントロール下においた。

 当時、交差点周辺には1,000人以上の赤服軍団がバスやタクシー車両等で路上を封鎖していたと見られ、また、この強制排除行動により赤服・軍側両者に20人以上の負傷者が出た模様。

 ポストトゥデー紙のSMS速報は、強制排除行動の際に赤服・軍両側から銃声が聞かれたと報じている。

 この強制排除を受け、反独裁民主主義同盟は、当時僅かに約100人の赤服しか交差点にいなかったと主張した上で、首相官邸周辺に集合している赤服に対して強制排除に備え態勢を整えておくよう呼びかけた。

報道映像
http://news.mcot.net/politic/inside.php?value=bmlkPTI4ODM0Jm50eXBlPWNsaXA=
posted by Jean T. at 09:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部の連合、バンコク行きに向けた態勢を整えるよう呼びかける

 マティチョン紙の速報によると、南部14県+2県で構成される南部の民主主義市民連合傘下団体は12日、国家に多大な損害をもたらした反独裁民主主義市民同盟に対して厳格に法を執行するよう政府に要求すると共に構成団体に対して国家、宗教及び王室を保護するための活動に備え態勢を整えるよう呼びかける声明を発表した。

 連合本部による活動再開の決定があり次第バンコクに合流できるよう態勢を整えておく方針だという。
posted by Jean T. at 00:24| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カオサンの水掛祭りは予定通り

 デイリーニュース紙の速報によると、バンコクのカオサン通りの商店会は12日、13日から開催が予定されている恒例のソンクラーンの水掛祭りを予定通り開催する方針である事を確認した。
posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。