2009年04月18日

ヂャトゥポン氏、二重基準の重要な生き証人を赤服が消す訳がない

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は18日、民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏襲撃事件への同盟/赤服軍団の関与を強く否定した。

 発言の中でヂャトゥポン氏は、たとえ意見を異にしていても襲撃は同盟/赤服軍団の考えとは異なるものであり、また、ソンティ氏の身に何かあっても同盟にはなんらメリットをもたらさず、むしろ政府による二重基準を象徴する人物としてソンティ氏は生き続けるべきであると語った。

 一方、ヂャトゥポン氏は、22日から23日の日程で開催が予定されている上下院合同議会の場で、13日未明に行われた強制排除の際に当局側による武力行使による赤服に対する暴力や赤服側に死亡者がいることを証明するビデオを公開する予定である事を明らかにした。
posted by Jean T. at 19:07| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヂャトゥポン氏、ヂャクラポップ氏は国外に真相を伝える任務を帯びている

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は18日、現在逃走中のヂャクラポップ・ペンケー氏は国外メディアに対して赤府軍団のデモ活動や当局による制圧行動に関する真相を伝える任務を帯びている為に出頭する事ができないとの考えを示した。

 また、ヂャトゥポン氏によると、民主主義市民連合の幹部が非常事態宣言の発令中にもかかわらず出頭しなかったことから、ヂャクラポップ氏に関しても出頭する必要性は無いのだという。

 ヂャクラポップ氏に関しては、車でトラン県に向け移動したとの噂が広がっており、同県の警察当局が警戒を強化すると共に情報収集に追われているという。

* 因みにトラン県内に拠点を置くプンプイ印の魚缶メーカーは同盟の主要なスポンサー企業の一つと指摘されていました。
posted by Jean T. at 18:44| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外務省、元首相のニカラグア旅券所持を確認 - 当人は既に同国にむけ移動

 外務省は17日、タクシン元首相がニカラグアの外交パスポートを所持している事を確認した事を明らかにした。

 タリット報道官によると、これまで特命大使として発行されたと伝えられていたニカラグアの外交パスポートは、ニカラグアへの投資呼び込みの為の特別使節向けとの名目で昨年1月頭頃に同国の大統領府から支給されたものだという。

 また、タリット報道官は、現地日付の17日に在メキシコのタイ大使がニカラグアの在メキシコ大使に対して、タイ国内でタクシン元首相に対して逮捕状が発行されていること、同元首相が国外に拠点をおいてタイに対する政治的活動を展開したり、国内の情勢を扇動する事をタイが希望していない事を伝えると共に、身柄引き渡しに向けた協力を要請した事を明らかにした。尚、タイとニカラグアとの間に犯罪者引き渡し条約は締結されていない。

 一方、タイ国内の各メディアは、17日付けのドバイの現地紙Arabian Businessの報道として、タクシン元首相がドバイを立ちニカラグアに向かったと報じた。

 尚、報道により同紙がタクシン元首相が既に週末にニカラグアに向け飛び立った、同元首相が外交旅券を所持しているニカラグアに向け飛び立ったと報じたとするものがあるが、同紙のサイト上で確認できる記事ではタクシン元首相がニカラグアの外交旅券を使用して旅立つ意向を示したと記されているが、具体的な行き先に関しては記されていない。

 また、タクシン元首相は、マンチェスター・シティー売却による収益金でアラブ首長国連邦内の自由経済区内に電気通信事業関連企業を設立する事を計画している事を明らかにしていたという。
posted by Jean T. at 18:16| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。