2009年05月08日

ASEAN +3/+6、首相が治安維持法適用の可能性に言及

 アピシット首相は7日、プーケット県内で6月13日から14日の日程で開催が計画されている東南アジア諸国連合+3及び同+6に絡んで、国内治安維持法を適用する事を視野に入れて警備体制強化の検討を行っている事を明らかにした。

 発言の中でアピシット首相は、国内治安維持法は警備体制の強化や円滑な会議の進行を担保する上で有効な手段となり得るとの認識を示したが、実際に適用する為にはより詳細に法律の内容を検討すると共に影響を受ける住民に対して説明を行う必要があるとの認識を示した。

 また、アピシット首相は、実際に国内治安維持法を適用する場合は、特定の地域に対して限定的に適用する事になるとの考えを示した。
posted by Jean T. at 12:54| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。