2009年05月20日

チェンマイで18歳少女が日本人の父親を捜して欲しいと訴え出る

 ネーション系のタイ語速報及びプーヂャッカーン紙(オンライン)によると、20日午前チェンマイ県内でサンサーイ郡出身の44歳のタイ人女性が日本人の男性との間に生まれた18歳になる県内の職業訓練課程校に通うナル・ハマダさんを伴いタイ・ニュース社を訪れ、男性の行方を捜して欲しいと訴えた。

 女性と男性とは1986年にラムプーン県内にある工業団地で知り合い、1991年にナルミさんを出産し、ナルミさんが3歳の時に男性からの音信が不通になり、その後も続いていた男性からの送金もナルミさんが7歳時に途絶えていたという。

 女性はマスコミに対して、男性の消息確認及びナルミさんが男性に会う機会が得られるだけで満足で、それ以上のものを望む考えは無いと語っている。

 ナルミさんは聴覚障害の為に補聴器を使用する生活を送っているという。

参考 (画像あり)
http://www.manager.co.th/Local/ViewNews.aspx?NewsID=9520000056512
posted by Jean T. at 17:57| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相がコラート選出議員にタイ党党首就任を要請?

 20日午前、INN電及びプーヂャッカーン紙の速報が、プゥア・タイ党筋の情報としてタクシン元首相がナコンラーチャシーマー県選出下院議員のソムチャーイ・ペートプラスゥト警察中佐に対して辞意を表明している現党首のヨンユット・ウィチャイディット氏の後任として党首に就任するよう要請したと報じた。

 ソムチャーイ警察中佐が長年タクシン元首相の側近として務めてきた事を党首就任要請理由にあげている。

 ソムチャーイ警察中佐に関しては、予てからタクシン元首相から党首就任の要請を受けていたとの憶測が飛び交っていたが、19日時点では本人及びプロームパン党報道官何れもデマでしか無いと語り憶測を否定していた。

 一方、次期党首候補としてあがっているアピワン・ウィリヤチャイ大佐に関しては国王の認証事項である野党首班に就任する為には現職の下院第二副議長職を辞任しなければならないことから選出される可能性は低く、また、チャルゥム・ユーバムルン警察大尉及びミンクワン・セーンスワン氏に関しては自ら党首推薦を辞退、チャイヤシット・チンナワット大将及びオーラーン・チャイヤプラワット氏に関しては下院議員でないことから既に候補から外れている状態にあるという。

 チャルゥム警察大尉に関しては、党解党による被選挙権剥奪の対象になる党執行幹部への就任自体を嫌っているとも言われている。
posted by Jean T. at 13:51| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死亡した独人女性から新型インフル感染は確認されず

 マーニット副公共保健大臣は19日夕方、訪問先のプラチュアップキーリーカン県内で高熱の症状を発症し病院に搬送された後に死亡したドイツ人女性旅行者から新型インフルエンザの感染が確認されなかった事を明らかにした。

 これまでの調べで女性が肺炎と一般のインフルエンザを併発し死亡した事が確認されたという。
posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーで軍を狙った爆破、ヤッラーでは教師射殺

 19日15:00過ぎ、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、教師の通勤路の安全確認作業中だった軍関係者を狙った爆発が発生し、自警レンジャー部隊員2人を含む3人の軍関係者が負傷を負った。

 爆発物は携帯電話を使用した遠隔起爆式の物が使用されたと見られる。

 また、19日7:00過ぎにはヤッラー県バンナンサター郡内で、出勤の為にバイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性教師(39)が、5人以上と見られるグループに銃撃され死亡した。

 実行グループは、教師が護身用に所持していた拳銃や通信機、財布等を強奪し逃走した。

 この事件発生を受け、県第二地区教育委員会は付近の学校5校の休校を決定した。
posted by Jean T. at 00:07| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。