2009年05月22日

大使館前でも日本人の父親探しの少年

 MCOT(ch9)によると、22日午後、父親の消息を尋ね回っている事で話題になっていたピヂット県の少年(9)と日本人の父親との電話会話の場が設けられた日本大使館前で、サイフォンさんとショウタ(タイ語報道ではチョータ)君の母子が、2006年に2人を捨て所在不明になった67歳の日本人男性を捜して欲しいと取材の為に集まったマスコミ関係者に対して訴えた。

 尚、初期報道段階では母子の年齢や居住地等の詳細は報じられていない。

 母子によると、これまで三回に渡り日本大使館に対して協力を要請していたという。

 一方、ピヂット県の少年は22日15:40過ぎに父親との電話を通した会話を無事に終えた模様。

 今回の電話会話はマスコミ関係者を完全に閉め出した状態で行われた。
posted by Jean T. at 19:02| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

副農相、進退を26日に明らかに

 所属政党プームヂャイ・タイ党から辞任を突きつけられているチャーッチャーイ副農業・協同組合大臣は22日、先の決定は党内の大物同志で勝手に決められたものでしかないとしてあらためて職務を継続させる考えである事を確認した上で、26日に開かれる定例閣議終了後に今後の進退について明確にする考えである事を明らかにした。

 この発言に先立ちアピシット首相はチャーッチャーイ副大臣から面会の申し入れがあった事を明らかにした上で、週末に面会する見通しであることを明らかにしていた。

 尚、面会の内容や内閣改造の可能性に関しては確認を避けている。

 一方、プームヂャイ・タイ党のチャワラット党首(内務大臣)は22日、チャーッチャーイ副大臣は2-3日中に辞職するべきであるとした上で、来週中に同副大臣の後任者をアピシット首相に提案する予定である事を明らかにした。

 後任者は東北地方を地盤とする者で、チャーッチャーイ副大臣が所属している中部地区会派を率いているソロアット・グリンプラトゥム氏の合意も得られているという。
posted by Jean T. at 17:32| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度はヤマト君、10歳少年が日本人の父親を捜して欲しいと訴え出る

 22日付けのタイラット紙によると、21日夕方チェンマイ県県都内サーンクラーム地区在住のタイヤイ族の母親と日本人の父親との間に生まれたヤマト・ニイムラ君(10)がマスコミに対して母親が病死した後に音信不通になった日本人の父親を捜して欲しいと訴えた。

 ヤマト君に同行した42歳の女性によると、ヤマト君の母親は1998年に当時30歳くらいだった日本人の男性と結婚し母親の実家近くの借家で一緒に暮らし翌1999年2月28日にヤマト君を出産したが、2002年に病死していたという。その後日本人の父親は当時3歳だったヤマト君を日本に連れ帰ろうとしたが国籍問題が障害となり実現しなかった為、ヤマト君を近所に住んでいた女性に預け2ヶ月後に引き取りに戻ってくるという言葉を残して行方をくらまし今日まで音信不通になっていたという。

 ヤマト君は、顔を思い出せない父親と会ったり話したりする事ができるだけで満足で、父親に迷惑をかけたり父親と日本で一緒に暮らしたいという考えは無いとした上で、今後も既に家族同然になっている女性の元で暮らしていくつもりであると語っている。
posted by Jean T. at 15:27| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。