2009年07月31日

国家警察本部長が休職許可を申請、暗殺未遂捜査の障害除去の為に妥協か?

 アピシット首相は31日夕方、パチャラワート国家警察本部長が国外での任務遂行の為に10日間以上に渡る休職許可を申し出ると共に警察内の年次人事異動を延期する意向を伝えてきた事を明らかにした。

 その上でアピシット首相は、パチャラワート本部長の休職期間は民主主義市民連合幹部のソンティ
リムトーングン氏暗殺未遂事件の捜査を障害無く進める上で十分な約30日に及ぶとの認識を示したが、同本部長自身が捜査の妨害に関与していると指摘されている事に関しては、これまでの捜査では同本部長の妨害への関与を窺わせる証拠は発見されておず、また同本部長を解任する方針も無いと語った。

 先に民主主義市民連合側は、アピシット首相が連立政党への気配りからパチャラワート本部長の更迭を躊躇していると指摘した上で、同首相は勇気を持って同本部長を更迭し指導者らしさを発揮するべきであると指摘していた。
posted by Jean T. at 20:53| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内相、全国の行政庁舎で恩赦誓願署名撤回の受付を開始

 チャワラット内務大臣は30日、反独裁民主主義同盟が進めているタクシン元首相の恩赦を国王に誓願する為の署名運動の際に署名を行った者に署名を撤回する機会を与えるために、各県に対して県庁舎や各郡庁に署名取り消し受付用のブースを設置し、31日から受付業務を開始するよう指示した。

 チャワラット内務大臣は、署名をした者の中から事情を知らずに署名をしてしまった、署名をする事が不適切であることに気がつき署名を撤回したいとの声が多数プームヂャイ・タイ党所属議員に寄せられている事を明らかにした上で、今後同盟による不適切且つ違法な署名運動に対抗する為に署名の撤回を申し出た者の人数を公表する方針である事を明らかにした。
posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、連合幹部暗殺未遂に関する詳細を31日に明らかに - ソンティ氏の質疑に応じる用意

 アピシット首相は30日、あらためて31日に民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏暗殺未遂事件の詳細を明らかにする予定である事を確認した。

 また、ソンティ氏が一記者として事件詳細発表の為の記者会見に出席する意向を示している事に関しては、現時点では31日に記者会見という形で発表される否かは不明であると断った上で、記者会見を開く場合はソンティ氏の出席を歓迎すると共に同氏からの質疑にも応じる用意があると語った。

 しかし、発表の中に何らかの異動に関する情報が含まれている可能性に関しては回答を避けた。
posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内相、カラオケ店前での客勧誘行為の禁止徹底を指示

 チャワラット内務大臣は30日、エンターテイメント施設に分類されているカラオケ店前での不適切な衣装を着込んだ女性による客の勧誘行為の禁止徹底を各県知事に命じた。

 また、チャワラット内務大臣は、各県知事に対して労働省と共同でカラオケ店に対する規制強化により失業が予想される女性に職業訓練を受ける機会を提供できるよう準備をすすめるよう指示した。

 この指示は、先に閣議でカラオケ店内における接客要員の客席での接客行為を禁止する文化省令案が承認された事を受けたもので、先にティーラ文化大臣は件の省令は、エンターテインメント施設に分類されない文化省管轄の店舗のみに適用されるとの見解を示していたが、チャワラット内務大臣側は、省令が施行された場合は内務省管轄下の店舗も従うべきであるとの見解を示した上で、個人的な見解として日本等の先進国でも同様なサービスを提供する施設が問題なく存在していることから、カラオケ店従業員の就業機会に影響を与える可能性がある省令の見直しを進めるべきであるとの考えを示していた。
posted by Jean T. at 00:11| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学周辺の猥褻バイタク運転手に警告、改善なき場合は許可証を剥奪

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、警察は30日ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校及ぶスワン・サナンター校周辺で営業しているバイクタクシー運転手に対して大学に通う女子学生に対する嫌がらせ行為を止めるよう警告した。

 この警告は、両校に通う女子学生から学校当局に対してバイクタクシー運転手による下品な言葉や猥褻行為、バイクを前に寄せての通行妨害等の嫌がらせ行為に対する苦情が多数寄せられている事を受けたもので、今後再度同様な苦情が寄せられた場合は各区の行政事務所に対してバイクタクシーの営業許可を取り消すよう要請する方針だという。

 一方、警告を受けたバイクタクシーの責任者は、管下の運転手による不適切行為に対しては追放処分で臨む方針である事を確認した上で、苦情が寄せられている運転手は無許可営業のバイクタクシーである可能性があるとして、利用する女子学生に対して利用する際には黄色いナンバーが車両につけられ、運転手がきちんとした身なりをしているか確認して欲しいと訴えた。
posted by Jean T. at 00:09| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワンナプーム国際空港、31日から違法タクシーの取締を開始

 運輸省陸上交通局のチャイヤラット局長は30日、スワンナプーム国際空港内で未登録で客引きをしている違法タクシーの摘発を31日から開始する方針を明らかにした。

 また、同空港の到着エリアを中心に客の勧誘を行っている違法ガイドに関しては、30日から第一地区警察本部と空港の警備当局と共同で周知徹底の為の警告活動を行った上で、8月9日から本格的な摘発を開始する方針である事を明らかにした。
posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14歳少女に対する性的暴行で30歳男を逮捕、カラオケ嬢が少女をホテルに誘い込む

 ネーション系のタイ語速報によると、チョンブリー県の警察当局は30日、男に性的な暴行を加えさせる目的で少女をホテルに連れ込んだカラオケ店従業員の35歳の女と女が連れ込んだ少女に性的な暴行を加えた30歳の男を逮捕した。

 調べによると、女は県都内のショッピングセンターに連れて行くと言って連れだした少女を、ショッピングセンターが開店する迄待つためだと言って男が待ち構えているホテルに連れ込み、そこで少女に対して500ハバーツで男と関係を持つように説得したが、少女が拒否した為、男が無理矢理少女に対して性的な暴行を加え、事後に500バーツを少女に持たせたという。

 少女は家庭が貧困で学費を捻出する事ができない為学校を休学中だったという。
posted by Jean T. at 00:04| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

ソンティ氏、軍人13人 + DSI要員1人が暗殺未遂に関与 - 国外にいる人物が資金支援

 民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は29日、自らを狙った暗殺計画の実行に13人の軍関係者と1人の法務省特別捜査局に所属する警察官が関与している事を明らかにした。

 発言の中でソンティ氏は、暗殺計画及び自分の自宅の電話の盗聴に麻薬取締警察局、公安警察局及び現在指名手配中のウォラウット・ムンサンティ容疑者が出向していた法務省特別捜査局の警察官が関与しており、計画の実行には陸軍第90特務部隊に所属する13人の軍関係者と1人の特別捜査局に所属する警察官が関与し、将官クラスの人物が計画実行の指示に関与していた事を明らかにした。

 ソンティ氏によると、国外にいる人物が資金面で計画を支援し、実行には新旧権力の影響下にある組織が関与しているが、政府側は依然旧権力の影響下にある特別捜査局により盗聴された記録テープが外部に流出する事をおそれて同局に対して対応をとることを躊躇している状況にあるという。

 特別捜査局のタウィー局長はサマック政権時代に任命されたタクシン元首相に近い人物として知られているが、ソンティ氏によると、暗殺計画を資金面で支援した人物の親族の女性が特別捜査局内の人物と極めて近い関係にあるという。

 一方、ソンティ氏は、パチャラワート国家警察本部長の計画への関与の可能性に関しては言及を避けたものの、アピシット首相が同本部長を更迭する可能性を否定した事に関しては、連立政党との妥協の産物であると指摘した上で、現政府が軍の支援を受けて結成されたとの社会的イメージを払拭する為にもアピシット首相は勇気を持って同本部長を更迭し指導者らしさを発揮するべきであると指摘すると共に、ターニー国家警察副本部長の捜査チームによる暗殺未遂事件の解決が、本来あるべき社会からの信頼を失っている国家警察の信頼回復に繋がると指摘した。
posted by Jean T. at 00:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化大臣、カラオケ店の接客禁止規定は文化省管轄の店舗に限定

 ティーラ文化大臣は29日、28日の閣議で承認されたカラオケ店内における接客要員による客席についての接客行為を禁止する文化省令案は、内務省管轄の所謂ホステスが客席で接客するエンターテイメント施設系のカラオケ店には適用されない事を確認した。

 この発言は、前日の政府副報道官による詳細を欠いた説明により一般にカラオケ店として認識されているホステス付きのカラオケ店内におけるホステスによる接客が禁止されるとの誤った解釈が広がっている事を打ち消すためになされたもので、ティーラ大臣によると、法律上カラオケ店は、接客要員が客席でサービスをする内務省管轄のカラオケ店と、コイン式カラオケ演奏装置を設置したショッピングセンターや一般飲食店等の接客要員による客席でのサービスが無い文化省管轄の二種類に分類されており、今回承認された文化省令案は文化省管轄の"カラオケ店"のみに適用されるという。
posted by Jean T. at 00:08| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、アピシット首相の誕生日に黒服を着て抗議

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は29日、政府が6ヶ月間の成果発表を予定している、アピシット首相の誕生日でもある8月3日に黒服を着用し政府に対して抗議する方針である事を明らかにした。

 発言の中でナタウット氏は、成果を上げることができない政府による約7ヶ月間に渡る施政によりタイは機会を喪失し傷つけられてきたと指摘した上で、8月3日に黒服を着用し政府に対して抗議する国民の意思を示すべきであると指摘した。
posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

マレー人と名乗り日本人から騙し取ったカードを使用して現金を詐取したオカマ(54)を逮捕

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると警察は29日、言葉巧みに騙した日本人旅行者から盗み取ったクレジットカードを使用して現金を詐取していた容疑で54歳のタイ人のニューハーフの男をパトゥムターニー県クローンルワン郡内にある自宅内で逮捕した事を明らかにした。

 この逮捕は、今月1日に日本人被害者が首都圏警察本部トーンロー署に被害を届けた事を受け行われた捜査により実現したもの。

 日本語を流暢に話すことができるという男は警察の取り調べに対して、タクシー運転手と共謀して主に日本人旅行者をターゲットに獲物を探し、獲物に対して自分はマレーシア人またはフィリピン人旅行者であると名乗った上で道を尋ねると共にタクシー料金を支払うために手元にある1,000バーツ札を両替して欲しいとお願いし、もし相手が両替できなかった場合は言葉巧みにATMでお金をおろすように説得し、相手がATMでお金をおろしている際に後ろから暗証番号を盗み見て記憶しておき、その後相手を言葉巧みに誘いタクシーに乗せた際に巧みに盗み出したATMカードまたはクレジットカードを利用してATMから記憶していた暗証番号を使用してお金を引き落とすという手口で10年間に渡り1,000万バーツ以上の現金を詐取してきたと証言しているという。

* 逮捕された54歳のオカマ
http://pics.manager.co.th/Images/552000009230301.JPEG
posted by Jean T. at 18:31| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1週間で21人増、累計で65人の新型インフル感染者の死亡を確認

 公共保健省のパイヂット副次官は29日、前回発表の22日から21人の新型インフルエンザ感染者の死亡を確認し、累計で65人の感染者の死亡を確認した事を明らかにした。

 また、29日迄に累計で8,877人が新型インフルエンザに感染した事を確認した。
posted by Jean T. at 15:22| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、31日迄に連合暗殺未遂事件捜査の障害に関する詳細を明らかに

 アピシット首相は29日朝、民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏暗殺事件の捜査を妨げる障害の詳細を31日迄に明らかにする考えである事を明らかにした。

 発言の中でアピシット首相は、前日にステープ副首相と当該事件に関する意見交換を行い両者間で意見が一致した事を明らかにした上で、31日迄に捜査を妨げる障害の詳細を明らかにできる見通しである事を明らかにした。

 また、アピシット首相は、捜査妨害にパチャラワート国家警察本部長が関与していると指摘されている事に関しては31日迄に明らかにすると語り回答を避けたが、同本部長の異動の可能性に関しては絶対にあり得ないと語り強く否定した。

 尚、ネーション系の英語速報は、アピシット首相は、パチャラワート本部長を更迭する方針が無いとするステープ副首相の発言は、同本部長が妨害に関与していないとした古い資料に基づいたものであったと語り、同本部長の妨害への関与を示唆したと報じているが、29日10:00過ぎまでに確認できたネーション系を含む各タイ語報道では同様な発言を確認する事ができない。

 また、MCOT(ch9)は、パチャラワート本部長の捜査妨害への関与をアピシット首相が否定したと報じている。
posted by Jean T. at 12:51| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、カラオケ店内における客席での接客を禁止する文化省令案を承認

 プーミノット政府副報道官は28日、同日開かれた閣議の席上でカラオケ店内における接客要員による客の席に座っての接客行為を禁止する文化省令案が承認された事を明らかにした。

 この省令の発効によりカラオケ店が従来からの刺激性を失うことになったとしても、店側による違反行為に対しては何らかの措置を当該店舗に発行されている営業許可証に対して講じる事になるという。

 尚、実施時期に関しては、国家法制委員会での審査を経た後に実施される見通しになっている。
posted by Jean T. at 11:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦の営みを拒絶された65歳男が妻を刺殺

 デイリーニュース紙(オンライン)及びネーション系のタイ語速報によると、28日朝チョンブリー県バーンラムン郡内にあるタピオカ加工工場の従業員宿舎内で65歳の男が48歳の妻を刺殺するという事件が発生した。

 当初警察に対して前夜に妻と口げんかをした後に眠ってしまい、起きたら妻が刺し殺されていたと証言していた夫は、その後行われた警察の事情聴取に対して、前夜に妻と一緒に酒を酌み交わしていた際に、酔いも手伝って急にやりたい気分になったが、妻から今はそんな気分じゃないと言われ夫婦の営みを拒絶された為に両者間で激しい喧嘩になり、妻に対抗する為に刃物で妻を刺したと供述し犯行を認めている。

 近所の住民によると、男は妻が他の男性と口をきくだけで嫉妬する様なやきもち妬きで、日頃から夫婦間の口論が絶えなかったという。
posted by Jean T. at 00:03| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦射殺によるおびき寄せ爆破で警官等5人が負傷、パッターニーで

 28日5:00過ぎ、パッターニー県コークポー郡内で、人数不明の一味がゴム農園内で作業中だった仏教徒の夫婦を射殺し当局関係者を現場におびき寄せた上で、あらかじめ仕掛けておいた爆発物を爆発させ、警察官及び住民5人が負傷を負った。

 爆発物は射殺された妻の遺体の下に仕掛けられており、警察官が搬送の為に遺体を持ち上げたところで爆発した。

 また、同県ノーンヂック郡内では28日17:00過ぎ、バイクで路上を走行中だった建設業の男性(47)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 一方、ヤッラー県ヤッハー郡内では28日19:00過ぎ、35歳のイスラム教徒の男性が自宅に押し入った何者かに銃撃され死亡した。

 また、ナラーティワート県ヂャネ郡内では、学校近くの三叉路に仕掛けられていた爆発物が警戒作業中だった軍関係車両の通過にあわせ爆発し、軍関係者6人が負傷を負った。
posted by Jean T. at 00:01| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

プゥア・タイ党、党首の弟を補選に擁立 - 元首相の実妹が選挙参謀

 プゥア・タイ党は28日、ステープ副首相の下院議員辞職に伴い8月30日にスラーッターニー県第一選挙区で行われる補欠選挙にヨンユット党首の実弟のソムポン・ウィチャイディット氏を正式に擁立する方針を決定すると共にタクシン元首相の実妹のインラック・チンナワット女史を選挙参謀に据える方針を決定した。

 プロームポン報道官は、先の県行政機構評議会議長選挙でステープ副首相一族系の候補を僅差で破り当選を決めたモントリー・ペーチャクム氏が党及びソムポン氏への支持及び選挙協力を表明している事を明らかにした上で、モントリー氏を支持した声なき声によるステープ副首相・民主党の牙城の切り崩しに期待を寄せた。

 尚、民主党側は非公式にステープ副首相の実弟のターニー・トゥアックスバン氏を補欠選挙に擁立する方針を確認している。
posted by Jean T. at 18:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャオプラヤー川で身元不明の首を切断されたニューハーフの遺体

 ネーション系のタイ語速報及びINNによると28日、アーントーン県県都内を流れるチャオプラヤー川上で身元不明のタイ人男性の首を切断され、両手をひもで縛られた遺体が発見された。

 死後2-3日以上と見られており、また、脇毛等のむだ毛が処理されており、肛門部分に強姦ないしは異物の挿入により受けたと思われる傷跡があることから、男性はニューハーフで、年齢は30歳から35歳、身長165センチから170センチ位と見られている。

 警察側は殺害の手口等から、男性に対して怨恨を持つ2人以上のグループによる犯行と見て、男性の身元を特定した上で実行犯の特定を急ぐ方針である事を明らかにした。
posted by Jean T. at 17:33| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶倫無責任67歳男、愛人3人がいることをなじった妻を撲殺

 カーオソット紙(オンライン)によると、27日0:00頃コーンケーン県県都内で、愛人の事をなじられた67歳の夫が54歳の妻を殺害するという事件が発生した。

 犯行現場で警察の到着を待っていた夫は取り調べに対して、日頃から妻から愛人3人を養う一方で妻や子供、仕事に対して関心を示さない事を責められており、最近では妻が焼酎をあおった上で村内に響き渡る位の大声で責めるようになっていたが、26日夜はいつも以上に激しく妻から責められ、更に寝床にまで追っかけてきて責めてきた為堪忍袋の緒が切れ、台所から石製のすりこぎを持ち出して撲殺してしまったと供述しているという。

 夫によると、景気が良かった頃は本業の車のセールにより複数の愛人を抱える位に羽振りが良かったが、1997年の経済危機により車が売れず事実上失業状態になってしまった為、妻が相続した土地を売却して得た15万バーツで自動車部品店を開店していたが、開店してから2年後に経営が破綻し家に戻ってからは、妻から3人の愛人の事を巡って連日のようになじられ続ける生活を送っていたという。
posted by Jean T. at 16:47| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

収監中の同盟系女性活動家に名誉毀損で5万の支払いを命じる判決

 刑事裁判所は28日、反独裁民主主義同盟系の女性活動家として知られるダー・トーピドーことダーラニー・チャーンチュゥンシラパグン被告に対して民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏に対する名誉毀損で5万バーツの罰金を支払う判決を下した。

 この裁判は、ダーラーニー被告が率いていた同盟関係者がソンティ氏系のASTV社の社屋を抱囲し抗議活動を展開した際にダーラーニー被告がソンティ氏を中傷する発言をしたとしてソンティ氏が提訴していたもので、10人以上による監禁行動を首謀した容疑に関しては、同被告の直接的な関与を証明する証拠が無いとして無罪の判決が下されている。

 不敬罪に問われ現在収監中のダーラーニー被告は、クーデター政権時代から同盟の主要な女性活動家として度々マスコミを賑わせてきた事で知られていたが、同盟の集会の場で直接的な言質で国王夫妻を中傷したとして不敬罪に問われて以来、同盟側はこれまでに一度も同士として認識したことがない同盟とは無関係な人物であるとの声明を発表し無関係の立場をとっており、また昨年英字新聞と行われたインタビューの中でダーラーニー被告は同盟関係者から面会はおろか支援の手すらさしのべられていない事を認める発言をしていた。

 尚、ダーラーニー被告の不敬罪発言を告発する為に集会の場で発言内容を明らかにしたソンティ氏もタクシン元首相の顧問弁護団に所属する弁護士の告発により不敬罪に問われている。
posted by Jean T. at 15:34| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。