2009年07月11日

保健省、向こう3年間で1,200人が新型インフルの犠牲に

 3,000万人以上のタイ人が向こう3年間に新型インフルエンザに感染し、内1,200人以上が死亡する。このような予想を公共保健省が示している。

 バンコクポスト紙の一面に掲載されたこの予想は新型インフルエンザの流行が向こう1年から3年間継続するとの見通しの上に立って算出されたもので、公共保健省新型インフルエンザ感染拡大対策専門委員会のプラスゥト委員長によると、感染が見込まれる3,000万人の内の3万人から13万人の感染者が病院での入院治療措置が必要な重篤な症状になる事が見込まれているという。

 プラスゥト委員長によると感染拡大を抑え込む為には、自身や他人への感染防止の為に心がけるべき事を人々に知らせる事に当局側が注力することと、人々が多く集まるコンサート等の社会的な集まりや活動の延期ないしは中止措置を講じる事が重要であるという。
posted by Jean T. at 11:58| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。