2009年07月22日

新型インフル、22日までに6,696人が感染 - 44人が死亡

 公共保健省は22日、同日迄に累計で6,696人の新型インフルエンザ感染者を確認し、内累計で44人の死亡を確認した事を明らかにした。

 公共保健省側は15日の発表を持って日毎の感染者状況の発表を中止し週単位での発表に切り替えていたが、各県の保健当局が随時発表している感染者や死亡者の状況発表により混乱を来す恐れがあり、また国内における感染状況を正確に掌握できないとしてプゥア・タイ党側が少なくとも週3回ベースで感染状況を公表するべきであると指摘していた。

 これまでに感染が確認された6,696人の内35人が入院治療中で、内7人の症状が重篤だという。

 一方、サミティウェート病院は22日、前日未明に緊急入院した歌手のターター・ヤンが季節性インフルエンザに感染していた事を明らかにした。

 5-7日間の入院治療で完治する見通しだという。
posted by Jean T. at 16:10| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新興分離主義組織幹部を逮捕、パッターニーで

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると。当局側はパッターニー県ノーンヂック郡内の民家で強制家宅捜索を行い新興分離主義組織RKKの指揮官クラスの幹部と目されているアブドローサ・スロン容疑者(45)の身柄を確保し、事情聴取の為に同郡内にあるインカユット指令本部へ連行した。

 この家宅捜索は南部国境三県域内における一連の不穏な動きに関与した容疑で逮捕状が発行されている同容疑者が民家内に潜伏しているとの情報要員からの情報に基づき行われたもの。

 尚、民家内からは同容疑者が犯行に関与してきた事を裏付ける証拠物品は発見されていない。

 一方、パッターニー県マイゲーン郡内では21日16:00過ぎ、何者かが学校の敷地内に爆発物を投げ込んだが、幸い人的な被害は無かった。

 また、同県ガポー郡内では21日15:00前、バイクで路上を走行中だった46歳のイスラム教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 ヤッラー県バンナンサター郡内では22日朝、ゴム農園内での作業を終え徒歩で帰宅の途上にあった43歳のイスラム教徒の男性が、路上脇に潜んでいた人数不明の一味に銃撃され死亡した。

 また、ナラーティワート県ランゲ郡内では22日朝、果樹園内に爆発物が仕掛けられているのが発見され回収処理が行われた。
posted by Jean T. at 14:03| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相、26日の誕生日にビッグサプライズ

 アピシット首相は21日、タクシン元首相が26日の誕生日に何らかのビッグサプライズを計画していると伝えられている事に関して、一切聞かされていないとした上で自分から何らかのビッグサプライズを提供する考えは無いと皮肉混じりに語った。

 タクシン元首相が計画しているビッグサプライズの詳細に関しては明らかにされていないが、ネーション系のタイ語速報がプゥア・タイ党のプラチャー・プラソップディー氏の言として報じたところによると、ビッグサプライズは「私が夢見る未来のタイ」と題された作文をインラック・チンナワット女史が事務局長を務めるタイ・コム財団で受け付け、選考された5,000人から1万人の児童・学生に一人あたりタクシン元首相の年齢である60歳に因んだ6,000バーツの奨学金を支給するというもので、26日昼からチンナワット3ビル内で支給式を行い、タクシン元首相と支給を受けた児童・学生との電話での会話が支給式のハイライトになる見通しになっているという。

 尚、ネーション系の英語速報は、タクシン元首相が支持者に対してアピシット首相に挑戦するかのように誕生日の日に自分の年齢の60歳に因んで6,000人の学生に奨学金を提供する意向を示すと共に、果たしてアピシット首相には自分の動きについて行けるだけの脳があるのか疑問だと語っていたと報じている。
posted by Jean T. at 00:18| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット近くで爆発物所持のJI関係者4人逮捕との報道はデマ、ASEAN事務局長が確認

 東南アジア諸国連合事務局長のスリン・ピッスワン氏は21日、東南アジア諸国連合外相会議及び関連会議が開催されるプーケット県に近いパンンガー県のヤーオ島内でジェマーイスラミア(JI)関係者4人をテロ準備の容疑で逮捕し、爆発物を押収したとの報道は事実誤認に基づくものである事を確認した。

 この発言に先立ち、ガムトン海軍司令官がヤーオ島内で不審な4人組を麻薬関連の容疑で逮捕した事を明らかにした事を受け、一部のメディアが4人組が会議妨害の為のテロを計画していたJIに連なるタイ南部国境三県の武装組織関係者である疑いがあるとして安全保障当局側が捜査に乗り出したとの情報があると報じていた。

 この報道に対してプラウィット防衛大臣は、逮捕された4人組がテロ組織に関係しているとの連絡は一切受けていない事を明らかにした上で、事実関係を確認せずにデマを報じたメディアに対して不快感を示した。
posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党、ヨンユット党首は比例代表区に出馬するべき器

 プゥア・タイ党のプロームパン報道官は21日、あらためてヨンユット党首の意向を受け同党首をスラーッターニー県第一選挙区で行われる補欠選挙に擁立する方針が無い事を確認した。

 この発言は、民主党のテープタイ党首付報道官がプゥア・タイ党はステープ副首相の下院議員辞職に伴いスラーッターニー県第一選挙区で行われる補欠選挙にヨンユット党首を擁立し直接対決するべきであると訴えている事を受けたもので、プロームパン報道官は、そもそもヨンユット党首のような人物は選挙区の候補として出馬するべき人材ではなく比例代表区の場で選挙戦を戦うべき人物であると語り、同党首を擁立する方針が党には無い事を再確認した。

 その上でプロームパン報道官は、テープタイ民主党党首付報道官は他党の事を気にかける前に、まず自党内にステープ副首相の弟と民主党副顧問団長のバンヤット・バンタッターン氏の息子の間に擁立を巡った対立がある事に目を向けるべきであると皮肉混じりに語った。
posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイレの電気を消された事に怒った飲食店の警備員が客を射殺、アユッタヤーで

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、21日未明アユッタヤー県ウタイ郡内にある飲食店内で、客の25歳の男性が店の警備員に銃撃され重傷を負い搬送先の病院で死亡するという事件が発生した。

 店の関係者によると、トイレを使用中だった警備員が、友人等5人と店に来ていた男性がトイレから出てきた際に足を滑らしたひょうしにトイレの電気スウィッチを切ってしまった事に怒り、男性の謝罪の言葉を無視して男性に向け銃弾を2発発砲したという。

 男性の友人によると、男性は有名お笑い芸人のテープ・ポーンガーム氏の孫であることを誇りに思っていたという。
posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーで男色ドイツ人(68)を性的虐待容疑で逮捕

 ネーション系のタイ語速報によると警察は21日、15歳から20歳までの未成年者に対する性的虐待容疑で68歳のドイツ人の男をチョンブリー県パッタヤー地区内の民家内で逮捕した。

 警察側によると、好色な外国人の餌食になる危険性がある南パッタヤー地区やパッタヤー地区内を徘徊している少年少女に聞き込みを行った結果、男が日頃から誘った少年をホテルや自宅に連れ込み800バーツから1,000バーツを与えた上で性的な虐待を加え、更に撮影した少年達の画像をサイト上に公開し同じ性癖を持つ外国人と共有していたという。
posted by Jean T. at 00:05| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母国では警察官のオマーン人がパッタヤーで15歳少女に薬物を仕込まれ40万バーツを盗まれる

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、21日チョンブリー県パッタヤー地区のホテルの室内で41歳のオマーン人の男性が部屋に連れ込んだ15歳の少女に薬物を仕込まれ40万バーツ相当の金品を盗まれるという事件が発生した。

 母国では警察官だという男性によると、夜遊びに出かけた際に15歳の少女と一緒に寝る約束をしてホテルに連れ帰ったが、寝ていた際に少女から薬物を浸した綿をかがされ意識を失い、気がついたら9,020米ドルや9,000バーツ、3万バーツ相当の腕時計、携帯電話など合計40万バーツ相当が盗まれていたという。
posted by Jean T. at 00:03| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。