2009年08月14日

風説流布の元首相シンパ、3ヶ月以内に国家に転換をもたらすビッグサプライズ

 度々タクシン元首相関連の虚偽の情報を流布してきた事でも知られるプゥア・タイ党サムットプラーガーン県選出下院議員のプラチャー・プラソップディー氏は13日、向こう3ヶ月以内に国家に大きな転換をもたらす混乱が引き起こされるとの認識でタクシン元首相と一致している事を明らかにした。

 発言の中でプラチャー氏は、7月にタクシン元首相とドバイで面会した際に同元首相が、国民は国内対立を解決できず時間稼ぎだけに専念している政府に対する不満を募らせており、向こう3ヶ月間ないしは11月までに政府側が解決の糸口を見いだすことができなかった場合は草の根層が蜂起し、続いて2007年の時と同様に軍が再度クーデターを引き起こすとの考えを示していたという。

 プラチャー氏によると、このクーデターだけでは問題の根本的な解決には繋がらないが、タクシン元首相やプゥア・タイ党にとっては待つ価値がある国内に大きな転換をもたらすビッグサプライズに繋がる事になるのだという。

 また、タクシン元首相が6ヶ月以内に帰国する意向を示しているとされている事に関しては、既に同元首相の帰国を受け入れる用意はできているものの、帰国時期に関しては明確になっていないとした。

 尚、英字紙のThe Nation(オンライン)は、プラチャー氏が3ヶ月以内に発生する草の根層の蜂起ないしはクーデターにより引き起こされる大混乱の後にタクシン元首相の帰国の機会が訪れると発言したと報じているが、13日21:30過ぎまでに確認できた各タイ語報道では同様な発言を確認する事はできない。

posted by Jean T. at 00:08| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元恋人の偽造猥褻画像をネット上に公開し復縁を迫った45歳男を逮捕

 INN及びネーション系のタイ語速報によると警察は13日、元恋人の銀行員の女性(30)の偽造された猥褻画像をネット上に公開した容疑で自動車部品製造会社を経営する45歳の男を12日にパトゥムターニー県内の自宅で逮捕した事を明らかにした。

 男は被害にあった女性の顔写真と別の女性が裸で絡んでいる写真とをつなぎ合わせた猥褻画像を作成し、女性が勤務する銀行のネット上に公開した上で、女性に対して復縁に応じなかった場合は新たな猥褻画像を公開すると脅迫したとされ、逮捕の際に自宅にあった携帯電話及びコンピュータが押収されている。

 女性によると、男と交際したのは僅かに数ヶ月だけで、現在は新しい恋人がいるという。

 男は県内有数の自動車部品製造会社の経営者として知られ、また前妻と離婚した際に子供を引き取っていた。

 男は警察の取り調べに対して、女性との結婚を考え車まで買い与えたにも拘わらず、自分に養育している子供がいることを女性が知って以来、女性が自分から離れて行ってしまったため、よりを戻したいとの一心で犯行に及んでしまったと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:05| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火葬式会場で銃乱射、僧侶等2人が負傷

 ネーション系のタイ語速報によると、13日プラチュアップキーリーカン県フワヒン郡内の火葬式会場で、男が僧侶等に向け銃を乱射し、僧侶及び僧侶の弟が負傷を負うという事件が発生した。

 調べによると、男は火葬される男性の義兄で、式典の最中に銃弾を空に向けて発砲するのを僧侶から制止された事に対して男が不満を募らせていた最中に、更に空に向けて銃弾を発砲しようとした際に、僧侶の弟が制止に入った事でキレてしまい、僧侶の弟に向け銃弾を発砲し負傷を負わせ、更に流れ弾が僧侶に命中し負傷を負わせる事になった。

 事件後男は混乱に紛れて逃走したが、1時間後に緊急配備を敷いていた警察に身柄を確保されている。

参考
寺院内で祝砲代わりに発砲された実弾が学校で水泳の練習中だった少年に命中

posted by Jean T. at 00:02| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

首相の右腕、警察幹部人事を巡る金銭授受の証拠を掴む

 アピシット首相の右腕として知られる民主党ソンクラー県選出下院議員のシリチョーク・ソーパー氏は13日、今年行われる国家警察本部の定期幹部人事に絡んでポストの売買が行われている事を裏付ける証拠がある事を明らかにした上で、適切な時期に国家警察本部を管掌するステープ副首相に証拠を提出する用意があることを明らかにした。

 先に第7地区警察本部を中心にパチャラワート国家警察本部に近い人物を介して200万バーツから300万バーツで副指揮官クラスのポストの売買が行われていると指摘していたシリチョーク氏は発言の中で、先の指摘を裏付ける十分な証拠がある事を明らかにした上で、下院議員として近々下院警察委員会に証拠資料を提出する考えである事を明らかにした。

 また、国家警察本部の幹部人事権を持つ国家警察委員会委員長を兼務するステープ副首相への証拠資料の提出に関しては、実際に行われる幹部人事を見極めた上で判断したいと語り具体的な提出時期に関しては明言しなかった。

 一方、パチャラワート国家警察本部長は13日朝、近い人物がポストの売買に関与していると指摘されている事に関して、一切そのような話を聞いたことが無いとした上で、自らも任官以来30年の間に一度も賄賂を受け取ったことが無いと語り自らのポスト売買への関与を強く否定した。

 また、最もポストの売買が行われているとされる第7地区警察本部のタウィン本部長は13日、管下でポストの売買が確認できなかった事を明らかにしている。

参考
警察官への任官・階級昇進斡旋容疑で警察官を逮捕、しかも自らも詐欺被害者

posted by Jean T. at 17:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク住民の約80%が海賊版購入経験あり、バンコク大調査で

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールがバンコク在住の18歳以上の全ての階層の住民を対象に行った調査で、回答者の79.9%が海賊版を購入ないしは借りたことがあると回答し、依然海賊版を好んで購入する傾向がある事が明らかになった。

 また、40.4%の回答者が音楽ないしは映画の海賊版CD・DVD、20.7%の回答者が偽ブランドのバッグ、靴、眼鏡、時計を購入した事があると回答する一方で、20.1%の回答者が品質が基準を満たしていない、違法である等の理由をあげて海賊版を購入した事が無いと回答していた。

 尚、海賊版を購入または借りた事がある回答者の内48.6%の回答者が値段が最も安いこと、26.4%の回答者が捜し易いことを海賊版を購入または借りた理由にあげ、また、52.0%の回答者が海賊版の購入または借りることに対して罪悪感を感じないと回答し、罪悪感を感じると回答した48.0%を上回る結果になった。

 一方、タイ国内に依然知的財産件の侵害行為が蔓延っている原因に関しては、最も多い40.1%の回答者が正規品が高額すぎる事を原因にあげ、19.8%が当局側の職務怠慢ないしは当局側が利権に関与している事を原因にあげ、またかかる侵害行為に対する対策の必要性に関しては、95.4%の回答者が必要であると回答し、最も有効な対策に関しては、最も多い38.9%の回答者が正規品の価格を引き下げることと回答し、18.9%の回答者が違反者に対する罰則を強化する事と回答した。

 また、海賊版を購入ないしは借りた者に対する罰則を法制化する事に関しては、38.2%の回答者が反対であると回答する一方で、13.7%の回答者が音楽及び映画の海賊版CD・DVDに限定して罰則を適用する事に賛成できる、48.1%の回答者が全ての海賊版に対して罰則を適用する事に賛成できると回答した。

posted by Jean T. at 15:54| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、不正が明らかになれば副首相であっても閣内に残ることはない

 アピシット首相は12日、充足経済コミュニティー計画に絡んで経済関連担当のゴープサック副首相の不正が明確になった場合は、相応の対応を取ると語り、当該計画に絡む不正に関与した者は、喩え閣内の人物であったとしても擁護する事無く相応の処分を下す考えである事を明らかにした。

 この発言は、ゴープサック副首相が管掌し同副首相の実弟が事務局長を務める充足経済コミュニティー計画に絡む不正疑惑の責任を取って同副首相は辞任するべきであるとの声が連立与党のプームヂャイ・タイ党からあがっている事を受けたもので、アピシット首相は、不正に関与した者は喩え閣内の者であろうとも擁護する事無く相応の処分を下す考えである事を確認した上で、プームヂャイ・タイ党からの圧力に関しては、政権内の対立との対外イメージを払拭させるために同党と内々での話し合いの機会を持つ考えである事を明らかにした。

 尚、民主党側は、充足経済コミュニティー計画に絡む不正は現場及び地方政治家に由来するもので、ゴープサック副首相の責に帰せられる性質のものでは無いとのスタンスを取っている。

posted by Jean T. at 00:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬使用歴がある元キャンペーン嬢が下半身裸の姿でコンドから転落死

 プーヂャッカーン紙(オンライン)及びネーション系のタイ語速報によると、12日朝バンコクのワーントーンラーン区ソーイ・ラートプラーオ94にあるコンドミニアムの敷地内で、9階に住む26歳の女性が下半身裸の姿で転落し死亡しているのが発見された。

 第一発見者のコンドミニアムの警備員が、前日22:00過ぎに物が落下する音を聞いていたが、その時点では不審な転落物は発見されていなかったという。

 警察側は、何らかの悩み事からストレス状態に陥り衝動的に飛び降りたと見て捜査を開始した事を明らかにした。

 女性と同じ部屋に住む友人女性によると、女性には妄想癖があり、日頃から誰かに狙われていると言い出す傾向が見られ、また、前日夜も同居している友人等と食事をとっていた際に女性は何かに怯えた様子だったが、22:00頃に就寝の為にそれぞれの部屋に戻る時に何か心配事でもあるのかと尋ねた際には何も心配するものは無いと受け応えしていたという。

 現在無職の女性は、モデル会社に所属する元キャンペーンガールで、また過去に重度な麻薬使用歴がある為に精神状態が不安定になりやすく、女性を援助していた恋人男性との関係も最近では疎遠になっていたという。

posted by Jean T. at 00:12| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

恩赦誓願による情勢激化が懸念される今こそ話し合いによる解決をとチャワリット元首相

 チャワリット元首相は12日、反独裁民主主義同盟が計画しているタクシン元首相の恩赦の国王への誓願により国内情勢が再度激化する恐れがあると指摘した上で、今こそ対立する両者が話し合いによる解決を目指し、国内の一致団結と貧困者支援を望まれる12日に77歳の誕生日を迎えられたシリキット王妃の期待に応えるべきであると指摘した。

 反独裁民主主義同盟側は、17日に王室事務所に対してタクシン元首相の恩赦請願書を提出する方針を明らかにしている。

 一方、この発言に対して民主党党首付報道官のテープタイ・セーンポン氏は12日、元首相として尊敬され、また反独裁民主主義同盟や赤服軍団内にシンパが多くいるチャワリット元首相自らが率先して国王への恩赦誓願を断念するよう働きかけるべきであると指摘した。

 テープタイ報道官によると、国王への恩赦誓願は僅かにタクシン支持派からしか支持されておらず、また、現在国外逃走中のタクシン元首相自身が困難に晒されているのであれば、他人を使ってではなく自らの手で恩赦誓願を行っていたはずなのだという。

posted by Jean T. at 17:44| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府報道官候補としてアピラック元バンコク知事の名が急浮上

 民主党党首付報道官のテープタイ・セーンポン氏は11日、現首相付顧問で元バンコク知事のアピラック・ゴーサヨーティン氏が政府報道官として最も適任であるとの考えを示した。

 マスコミを知り尽くした知識面に優れた人物であるだけでなく、実業家としての実績がある点でアピラック氏が国民からの信頼を繋ぐ報道官として最適任なのだという。

 この発言は、先にアピシット首相が、政府報道官代行を務めている首相付副秘書官のパニターン・ワタナーヤゴン氏に代わる政府報道官の適任者を捜している事を認めた事を受けたもの。

 尚、アピシット首相は、パニターン氏が政府報道官代行としてのパフォーマンスに問題があると指摘されていることと後任の報道官を捜している事ととは無関係であることを強調した上で、引き続きパニターン氏が副秘書官としの職務を継続する事を確認している。

posted by Jean T. at 15:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフル、累計で97人の死亡を確認

 公共保健省は11日、前回発表から1週間の間に新たに16人の新型インフルエンザ感染者の死亡を確認し、累計で97人の死亡を確認した事を明らかにした。

 新たに確認された16人の死亡者の内11人に既往症があった。

 また、公共保健省は、児童・学生に対する感染予防強化に取り組んだ結果、6歳から20歳の新たに確認された感染者数が減少傾向にある一方で、今後地方部の農業従事者や労働者層への感染が増加する恐れがあるとして、地方部における感染予防の強化に取り組む方針である事を明らかにした。

 一方、政府薬事局は11日、12日に新型インフルエンザ・ワクチンの生成が終了する見通しである事を明らかにした上で、9月24日を目処に24人の志願者を対象に試験的に予防接種を行える見通しである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 15:11| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパンで麻薬密売人との間で1時間に渡る銃撃戦、密売人が射殺

 マティチョン紙(オンライン)及びINNによると、12日未明スパンブリー県県都内で囮捜査中だった麻薬捜査官と36歳の麻薬密売人の男との間で発生した約1時間に渡る銃撃戦により男が射殺されるという事件が発生した。

 銃撃戦後の捜索で、男が乗っていた車の中からヤーバーや現金2万バーツ、11口径と38口径の拳銃それぞれ1挺が発見押収されている。

posted by Jean T. at 11:50| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家具店の警備員、妻に会いに来た男性を射殺

 INNによると、11日21:30過ぎナコン・シー・タンマラート県トゥンソン郡内の家具店内で30歳の男性が数発の銃弾を受け死亡するという事件が発生した。

 調べによると、家具店の警備員が妻を捜しに来た男性に職務質問をしたところ、男性が怒り口調で警備員を汚い言葉で罵った為、警備員がキレてしまい男性に向け拳銃を発砲したものと見られる。

posted by Jean T. at 11:39| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパンで投石により6人を死傷させた2人組を逮捕、何れも地方政治家の息子

 各報道によると、スパンブリー県県都警察署は11日、5月27日に発生した36歳の男性運転の乗用車に向けた投石により車内にいた男性の義母(59)を死亡させ、運転していた男性、妻(34)及び1歳から11歳までの子供3人に重傷を負わせた容疑で22歳と20歳の男を逮捕した事を明らかにした。

 逮捕された2人は何れも地元政治家の息子で、警察の取り調べに対して容疑を否認しているというが、警察側は状況証拠だけでなく科学捜査による証拠も揃っており十分に立件可能であるとしている。

参考
スパンで乗用車に向けた投石で6人が死傷

posted by Jean T. at 11:04| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬所持容疑でch7専属女優を逮捕、ヤーイー5錠を押収

 ネーション系のタイ語速報及びINNによると、首都圏警察本部チョークチャイ署は11日深夜、でテレビ局ch7専属女優のチェリーことプリーヤー・ブンチャルワイ容疑者(26)を麻薬所持の容疑でバンコクのラートプラーオ区行政事務所近くで逮捕し、所持していたヤーイー5錠を押収した。

 逮捕当時、プリーヤー容疑者はATM機から現金を引き出している最中だった。
 
 警察側は、逮捕されたプリーヤー容疑者が、所持していたヤーイーは自分の物では無いと主張している為、同容疑者の逮捕に至る経緯等の詳細を発表できる段階には無いとしている。

 また、プリヤー容疑者が、同容疑者逮捕の知らせを受け駆けつけた報道陣を見つけるや大急ぎで顔を隠して自分は芸能人じゃない。自分の事を記事にしないでと叫ぶ場面も見られたという。

posted by Jean T. at 10:42| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

大量輸送公社、17日から基準を満たさないバスを運行する委託会社との契約を解除

 バンコク大量輸送公社は11日、17日から10年以上前に製造されたNGVガス仕様への改造を行っていないミニバスを含むバス車両を運行に使用している民間運行委託会社との運行委託契約を解除する方針である事を明らかにした。

 これは、運行車両の新基準に関する通告が公布された2007年8月17日から2年間の猶予期間が17日で終了する事を受けたもので、バンコク大量輸送公社によると、最初に該当する事業者に対して警告すると共にバス車両の変更申請を行う機会を与え、その後バス車両の変更が行われなかった事業者との契約を解除する方針だという。

 また、事業者から車両の変更申請がなされなかった場合は、運輸省陸上運輸局及び国家警察本部と共同で当該事業者を摘発する方針だという。

posted by Jean T. at 18:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、服役回避幇助で元首相恩赦請願に署名した住民等を刑事告発

 民主主義市民連合のパーンテープ報道官は10日、タクシン元首相の恩赦を国王に誓願する為の署名運動を主導した反独裁民主主義同盟や赤服軍団の幹部、署名をした一般人を受刑者の服役回避行動の幇助及び裁判所の権限の侵害行為で刑事告発する方向で準備を進めている事を明らかにした。

 チャワリット元首相の経済政策担当ワークチームの元メンバーで、1997年の経済危機の舞台裏を暴露する告発本「機密文書97」の出版で話題になったこともあるパーンテープ報道官によると、全国の連合支持者を初めとする一般人に刑事告発用のフォームを配布し、各地で刑事告発を行う予定だという。

 また、パーンテープ報道官は、連合が結党を進めている新政治党の4地区支部の設立を終え、既に要件とされている5,000人の党員が集まった事を明らかにした上で、26日から27日を目処に党本部のお披露目を兼ねた新執行部員選出の為の党大会を招集する計画である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:32| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合幹部暗殺未遂、3人目の容疑者に逮捕状

 民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏暗殺未遂事件に絡んで警察は10日、3人目となる容疑者に対する逮捕状を取得した。

 新たに逮捕状が発行されたのは、ロッブリー県内のエラワン基地に所属する特殊部隊員のソムチャーイ・ブンナーク軍曹で、先に逮捕状が発行されているパンヤー・シーラオ曹長と同じ部隊に所属しているとされている。

posted by Jean T. at 00:27| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

400万の元首相国王恩赦誓願に反対する署名が集まる、内相が明らかに

 チャワラット内務大臣は10日、反独裁民主主義同盟が計画しているタクシン元首相の恩赦の国王誓願に反対する約400万の署名が集まった事を明らかにした。

 この署名は、3日から各県庁舎を初めとする全国の行政庁舎で国王恩赦誓願の為の署名の撤回受付と共に受付が行われていたもので、チャワラット内務大臣によると、これまでに北部で387,539人、東北部で2,280,218人、中部で964,181人、南部で326,712人の合計3,958,650人が恩赦誓願に反対する署名を済ませたという。

 尚、署名撤回に関しては僅かに7,432人に留まっているという。

posted by Jean T. at 00:26| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駐車中のウドンターニー県知事の車が強奪される、しかも県庁の前で

 プーヂャッカーン紙(オンライン)の報道によると、10日昼前ウドンターニー県県都内中心部にある県庁前で、同県県知事のアムナート・ポックワット氏の公用車が何者かに強奪されるという事件が発生した。

 知事付の運転手が公用車を県庁前に駐車し書類を届ける為に車から離れた時に強奪されたものと見られている。

 これまでの捜査で、件の公用車がウドンターニー県内とノーンカーイ県内で2回に渡ってバイクとの接触事故を引き起こし合計で6人に負傷を負わせたまま逃走を続けていたが、その後ノーンカーイ県内で警察の追跡を振り切る為に実行犯が公用車を林道脇に乗り捨て林の中に逃げ込んでいったのが確認されている。

posted by Jean T. at 00:24| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット上に女性の携帯番号を公開し中傷記事を書いた銀行員に執行猶予付き3ヶ月の刑

 刑事裁判所は10日、29歳の女性の携帯電話番号を無断でネット上に掲載すると共に女性の名誉を毀損する書き込みを行った31歳の銀行員の男に対して3ヶ月の禁固、執行猶予1年の判決を下した。

 この裁判は、2008年11月2日に被告となった銀行員の男がサヌック・ドット・コムの掲示板上に無断で29歳女性の携帯電話番号を公開すると共に当該女性の嘘の性体験記を掲載し一般のネットユーザーに閲覧できるようにしたとして、被害にあった女性が今年7月16日に提訴していたもので、被告と被害女性との間には面識が無かったという。

 裁判所側は、法定刑の6ヶ月の禁固及び5,000バーツの罰金に対して被告が被害女性に対して全面的に謝罪し、二度と同様な事を行わない事を約束すると共に損害補償に応じる意向を示している事を情状酌量し、3ヶ月間の禁固、執行猶予1年及び2,500バーツの罰金の支払い、12時間の社会奉仕活動を命じる判決を下した。

posted by Jean T. at 00:22| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする