2009年08月06日

タクシン元首相の元義兄が警察本部長代行人事に不満、法的措置も辞さず

 タクシン元首相の元夫人のポヂャマーン・ダーマーポン女史の実兄として知られる国家警察本部副本部長のプリヤオパン・ダーマーポン警察大将は6日、同じく副本部長のウィチヤン・ポットポーシリー警察大将がパチャラワート国家警察本部長の休職期間中の本部長代行に任命された事に対して強い不快感を示した上で何らかの法的措置を講じる可能性を示唆した。

 発言の中でプリヤオパン副本部長は、順当な人事が行われていれば副本部長の序列のトップに位置し、また職務経験に関しても申し分が無い自分が本部長代行に任命されていたはずであると指摘した上で、かかる政治的な思惑が絡んだ不当な人事に対して何らかの法的な措置を講じる事も辞さない考えであると語った。

 更に、プリヤオパン副本部長は、パチャラワート本部長が自分を頭ごなしに本部長に任命された背景にも同様に政治的な思惑があった疑いがあると指摘した上で、政治が警察の職務に介入する体質に不快感を示した。
posted by Jean T. at 18:50| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネーウィン氏のお膝元で50万の恩赦誓願に反対する署名が集まる

 ネーション系のタイ語速報によると、プームヂャイ・タイ党に暗然たる影響力を持つネーウィン・チットチョープ氏の地盤であるブリラム県内で、6日朝までに30万人が反独裁民主主義同盟計画しているタクシン元首相の恩赦の国王への誓願に反対する署名を行ったという。

 この署名は、各県内の県庁を初めとする行政庁舎で4日から受付が開始されていたもので、7日迄に50万人が署名するものと見られている。

 一方、ブンヂョン副内務大臣は6日昼過ぎ、これまでに全国で100万人以上が恩赦誓願に反対する署名を行った事を明らかにした。
posted by Jean T. at 18:34| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スダーラット元保健相が新型インフルに感染

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、6日元公共保健大臣で党解党により被選挙権が剥奪された旧タイ・ラック・タイ党幹部が中心になって設立した財団の主要メンバーとしても知られるスダーラット・ゲーユラパン女史が新型インフルエンザに感染しバムルンラート病院で治療を受けていることが明らかになった。

 スダーラット女史は4日に気管支炎等の症状を訴え病院を訪問し、同日付で入院措置がとられていた。

 同女史に近い筋は、先週に寺院で行われた人が大勢集まるタンブン式に出席した際に、予てから過労だった事も手伝って感染してしまったのでは無いかとの見方を示している。

 尚、件のタンブン式がタクシン元首相の誕生日を祝う為のものだったかについては言及されていない。

 また同筋によると、スダーラット女史は、消毒用のジェルを持ち歩くなど、日頃から感染予防を心がけていたという。

 一方、ウィッタヤー公共保健大臣は、スダーラット女史が新型インフルエンザに感染したという報告を受けていないと断った上で、仮に事実だった場合は同女史の子供から感染した可能性が高いとの認識を示した。

posted by Jean T. at 11:15| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Twitter始めちゃいました

 あのタクシン元首相もご利用遊ばされている今話題のTwitterなるものを始めさせていただきました。

 アドレスは http://twitter.com/Jean_bkk になります。

 現在のところは未だ試験運用段階で、とりあえず本ページでの更新タイトルとリンクの掲載、速報や本ページではカバーできない、または後ほどカバーする予定の記事の見出しないしは概略をメッセージの頭に"速:"を付して配信させていただいております。

 Twitterに関して提案・助言を頂きましたBan-Bang-Bangkok!の大川様にこの場を借りてお礼を申しあげます。
posted by Jean T. at 10:47| バンコク ☁| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウジ外交官射殺・宝石盗難事件、サウジ人に対する逮捕状を取得

 バンコクポスト紙によると、法務省特別捜査局は5日、1990年に発生したサウジアラビアの外交官2人の射殺事件及び宝石盗難事件に絡んでサウジアラビア人に対する逮捕状を取得した事を明らかにした。

 問題の事件は両国関係の悪化に繋がった重大事件として知られ、2004年には捜査権限を特別捜査局に移管して捜査が進められていた。

 また、最近では反独裁民主主義同盟の主要な女性活動家として知られていた通称ダー・トーピドーが、この事件の背後関係に絡む決して公の場では語られることが無い広く流布している"噂"を集会の場で語り不敬罪に問われていた。

 特別捜査局側は、これまでに事件の背後にサウジアラビア国内へのタイ人労働者の斡旋、マリファナの密輸、白檀や石油の第三国を経由したサウジアラビアへの密輸の利権を巡る対立、及びパッタヤーのマフィア間の対立があると見て捜査を進めてきたが、最終的に特別捜査局は事件の背景にサウジアラビアと他の中東の国との間の対立が背景にあると見て逮捕状の取得に踏み切った。

 尚、逮捕状が発行された容疑者の詳細なプロフィールは報じられていない。

posted by Jean T. at 10:04| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元首相側近、採掘関連への共同投資を確認 - タクシンTVは11月1日から試験放送

 タクシン元首相の元法律顧問で元外務大臣のノパドン・パッタマ氏は5日、タクシン元首相が3カ国と共同でアフリカにあるダイアモンド鉱山採掘関連の投資契約を締結した事を確認した。

 しかし、共同で契約を締結した3カ国の詳細に関しては、公表するとガシット外務大臣が当該国政府に対してタクシン元首相の身柄引渡を要請し、今後の同元首相の移動を困難にするおそれがあるとして、同元首相がこれまでに訪問した事がある国であると語るに留めた。

 また、産出が見込まれるダイアモンドの総額に関しても、公表すると政府側から宣伝行為であると言いがかりをつけられる恐れがあるとして、十分に採算がとれるレベルにあると語るに留めた。

 ノパドン氏によると、向こう2週間以内に採掘されたダイアモンドの写真がタクシン元首相の個人サイトに掲載される予定だという。

 一方、ノパドン氏は、先にタクシン元首相が誕生日を祝う赤服軍団の集会の場で"本当"のビッグ・サプライズとして明らかにしていた100のチャンネルで構成された全世界をカバーするテレビ局の試験放送が11月1日から開始される見通しになった事を明らかにした。

 尚、タクシン元首相はTwitter上で今年末迄に試験放送を開始できるとの見通しを示している。
posted by Jean T. at 01:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーでイスラム教徒の女性が自宅内で射殺、助けに向かった民兵2人も殺害

 4日深夜、ナラーティワート県バーヂョ郡内で、41歳のイスラム教徒の女性が民家の浴室付近で何者かに射殺され、更に銃声を聞いた付近に住む村自警組織に所属する何れもイスラム教徒の37歳と26歳の男性が女性宅に向かう途上で同一犯と思われる者に射殺されるという事件が発生した。

 更に同郡内では5日夕方、測量作業を終えたパッターニー県の土地事務所に所属する職員男性2人が、突然現れた4人組に銃撃され死亡した。

 ヤッラー県ヤッハー郡内では5日午後、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の病院臨時職員男性(33)が、小型トラックに乗った人数不明の一味に銃撃され重傷を負った。

 同郡内では、この事件に先立つ4日20:30過ぎ、50歳の村自警組織に所属するイスラム教徒の男性が自宅前で何者かに銃撃され死亡するという事件が発生していた。

 また、同県バンナンサター郡内では4日9:00前、教師の通勤路の安全確認作業中だった国境警備警察と武装した人数不明の一味との間で約10分間に渡る銃撃戦が発生し、警察官1人が重傷を負った。

 一方、パッターニー県ガポー郡内では5日16:00前、バイクで路上を走行中だった52歳の仏教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。
posted by Jean T. at 01:10| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。