2009年08月09日

道義、感情抑制面でアピシット首相がタクシン元首相をリード、ABAC調査で

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、17県内在住の18歳以上の住民1,389人を対象に8日に行ったアピシット首相とタクシン元首相のリーダーとしての資質の比較をキーにした調査で、73.8%の回答者が感情抑制面でアピシット首相にリーダーとしての資質がある、71.4%の回答者が道義面でアピシット首相にリーダーとしての資質があると回答し、それぞれ45.0%と61.6%だったタクシン元首相を引き離していた事が明らかになった。

 また、リーダーとしての名声に関してはアピシット首相が68.4%、タクシン元首相が52.1%、誠実さに関してはアピシット首相が68.2%、タクシン元首相が40.5%、民主主義に対する信奉度に関してはアピシット首相が66.5%、タクシン元首相が51.5%、公共の利益の優先指向に関してはアピシット首相が65.4%、タクシン元首相が36.4%、カリスマ性に関しては64.9%がアピシット首相、53.8%がタクシン元首相、国民からの信頼度に関してはアピシット首相が61.4%、タクシン元首相が57.9%、公正な官僚人事に関してはアピシット首相が54.1%、タクシン元首相が37.7%と何れもアピシット首相がリードする結果になった。

 しかし、知識才能面ではタクシン元首相が81.6%、アピシット首相が61.8%、国民との意思疎通に関してはタクシン元首相が68.2%、アピシット首相が53.3%、全ての階層の国民の考えを受け止める能力に関してはタクシン元首相が65.2%、アピシット首相が51.3%、国際社会との意思疎通に関してはタクシン元首相が72.1%、アピシット首相が47.0%、プロとしての統治掌握能力に関しては76.0%がタクシン元首相、40.2%がアピシット首相、迅速な問題解決能力に関してはタクシン元首相が73.5%、アピシット首相が37.9%、隣国をリードする大物性に関しては71.4%がタクシン元首相、25.1%がアピシット首相と何れもタクシン元首相がリードする結果になった。

 尚、67.0%の回答者がアピシット首相が首相在任中に住民が抱える問題を見捨てる事は無いと回答し、在任中に地方住民の人心掌握に奔走する傾向が見られたタクシン元首相が在任中に住民が抱える問題を見捨てたことが無かったと回答した66.7%とほぼ並ぶ結果になった。

 一方、50.5の回答者がアピシット政権が進める充足経済コミュニティー計画が絡む不正疑惑に懸念を示し、62.2%の回答者が自分の住むところで同計画に関わったことが無い、75.1%の回答者が同計画に絡む不正疑惑が充足経済思想の適用そのものに悪影響を与えると回答した。

 更に、56.8%の回答者が同計画を前進させると共に不正に関与した者に対する処罰を並行して行うべき、17.0%の回答者が不正に関与した閣僚を解任するべき、11.5%の回答者が不正の責任を取って内閣は総辞職するべきと回答し、大した問題では無く引き続き計画を前進させるべきと回答した者は14.7%に留まった。

posted by Jean T. at 18:25| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スラーッターニー、チュンポン県内の幹線上で投石が連続して発生

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、8日深夜から9日未明にかけてスラーッターニー県及びチュンポン県内を通る幹線上で連続して通行する車両に向けた投石が発生した。

 スラーッターニー県ターチャナ郡内では、人数不明のグループが路肩から通行する車両に向けパチンコを使用して投石し、6輪車1台を含む7台が被害に、同県バーンナーサーン郡内では何者かがトラックに向け投石し1人が軽傷を負い、県境を接するチュンポン県ラメー郡内ではバンコク発スラーッターニー行きの長距離バスが投石被害にあった。

 チュンポン県内で被害にあった長距離バスの運転手によると、他にも長距離バス2台と10輪車1台が同じ地点で投石被害にあったという。

posted by Jean T. at 17:36| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬リハビリプログラムの収監者が社会奉仕活動中に大脱走

 INN等の報道によると、9日昼頃矯正プログラムの一環としてバンコクのラーマ4世通り沿いのソーイ・イェン・アカート付近で社会奉仕活動に従事していた40人以上の麻薬リハビリプログラムの収監者が散り散りにタクシーや住宅密集地内の複数の小道を利用して脱走した。

 初期報道段階では11人の脱走収監者の身柄が確保されている模様で、また、報道によっては脱走したのは中央クローンプレーム刑務所の収監者であると報じるものもある。

 当時収監者は社会奉仕活動の一環として下水道の清掃作業に従事していた。

posted by Jean T. at 15:14| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクで走行中の乗用車に向けビール瓶、助手席にいた女性が負傷

 デイリーニュース紙(オンライン)によると、9日0:00過ぎ、バンコクのドーンムゥアン区内を通るウィパワディー・ランシット通り下り車線で、走行中の乗用車に向けビール瓶が投げ込まれ、助手席に座っていた19歳の女性が負傷を負うという事件が発生した。

 車を運転していたバンコク大学1年の男性(21)によると、同じ大学に通う友人5人をランシットにある寄宿舎に送り届けるために車を運転していた際に、後ろから追ってきた酒に酔っていたと見られるバイクに乗った若者風の2人組がフロントガラスに向けビール瓶を投げつけてきたという。

 警察側は、2人組が酒に酔った勢いで各地で頻発している車に向けた投石を真似て犯行に及んだ、ないしは強盗目的でビール瓶を投げつけたとの見方を示した。



posted by Jean T. at 11:19| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(更新)バイクに乗った4人組が若者グループに向け銃を乱射、9人が死傷

 9日8:30過ぎまでに確認できた各報道によると、9日0:00過ぎバンコクのパーシーヂャルゥン区内で、バイク2台に分乗した4人組の若者グループが、路上脇にたむろしていた約20人の若者グループに向け銃を乱射し、23歳の女性が死亡し、13歳から19歳までの男性9人が負傷を負った。

 負傷を負った8人の内19歳と16歳の男性は重傷だという。

 警察側は負傷を追った8人に対する事情聴取から4人組を特定し行方を追っている。

 警察によると、事件前に被害グループ内にいる男性と密かにつきあっていた恋人女性を捜しに現れた4人組と被害グループとの間で捜していた女性がいないことを巡って喧嘩が発生し、その後に4人組が拳銃を発砲し逃走していったという。


posted by Jean T. at 10:59| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大物麻薬密売人が囮捜査官に射殺、バーンスゥー区内で

 9日8:00過ぎまでに確認できた各報道によると、9日3:00頃バンコクのバーンスゥー区内の路上でラームイントラーやバーンスゥー周辺を地盤とする通称ソーレーイなる異名で知られる大物麻薬密売人の男(29)が警察官により射殺された。

 調べによると、おとり捜査の一環で現金3,000バーツでヤーバー10錠を購入する話を男に持ちかけていた首都圏警察本部バーンスゥー署に所属する警察官2名が、取引場所に男が現れたところで身分を明かし逮捕に動いた際に男が警察の車に車を衝突させた上で逃走を図り、更に男の捕捉に動いた警察官2名に向けて男が拳銃の銃口を向けてきた為、警察官が拳銃を運転席にいた男に向け発砲したという。

 その後の調べで、男のズボンのポケットからヤーバー23錠、ヤーアイス1袋が発見されている。
posted by Jean T. at 10:39| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。