2009年08月10日

拳銃・偽FBIのID所持で54歳の日本人の男を逮捕、サムットプラーガーンで

 ネーション系のタイ語速報によると、バンコク隣県のサムットプラーガーン県の県警察本部は10日、同県プラサムットヂェーディー郡内の路上で54歳の日本人の男を逮捕し、男が運転していたナンバーを付けていない車の中から拳銃2挺、銃弾、FBIの身分証明書及び日本製の防弾ベストを押収した。

 男は警察の取り調べに対して、自分は日系電線製造会社の電線の配送を請け負う日系企業の顧問で、最近日系電線製造会社から配送を請け負うようになって以来、運転手が毎日のように脅迫に晒されていた為、知り合いの若者から購入した拳銃を護身用に所持していた。当日は配下の運転手から大勢の屈強な男が会社前で待ち伏せをしているとの連絡を受けていた為、拳銃等を所持して会社に向かっているところだったと供述しているという。

 1日には、今回逮捕された男が関係する運送会社から電線の配送を下請けしていた運送会社を経営するタイ人の陸軍少佐の階級を持つ男性が、サムットプラーガーン県を地盤とする大物灰色政治家として知られるワッタナー・アサワヘーム氏の息子で、元下院議員、サムットプラーガーン県県都内の自治体首長を務めた事もあるプーンポン・アサワヘーム氏から電線の配送契約を譲るよう強要されたと訴えていた。

参考
運送業者、大物灰色政治家の下院議員経験もある息子を脅迫、暴行で訴える
posted by Jean T. at 22:30| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッサージパーラー嬢がビルから墜死、直前に恋人と喧嘩

 13:00過ぎ迄に確認できた各報道によると、10日8:45頃バンコクのフワイクワーン区ディンデーン地区にあるマンションの8階部分から26歳の女性が転落し死亡した。

 死亡した女性はマンション8階に住むラチャダーピセーク通り沿いの有名マッサージパーラーのモデル嬢で、近くに住む友人によると同日4:00過ぎに女性と恋人男性(27)が激しく口論を展開していたという。

 警察側は、恋人との喧嘩を苦にして自殺した可能性もあるものの、室内のテレビが点けっぱなしになっていたこと、また飲みかけのビールが残されていたこと、更にベランダの転落防止用の柵の高さが股下程度の高さしか無かった事から、誤ってベランダから転落した可能性もあると見て、あらためて同日朝8:00に出勤の為に女性の部屋から出て行った恋人男性から事情聴取を行った上で転落した原因を特定したいとした。

 転落した当時女性は、黒色のシャツに下は下着一枚の状態だったという。

posted by Jean T. at 15:37| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党クローントゥーイ支部に向け9発の銃弾

 各報道によると、10日1:50頃、バンコクにある民主党クローントゥーイ支部の入り口ドアに向け銃弾9発が打ち込まれるという事件が発生した。

 当時支部内は無人で、またこの銃撃による人的な被害は確認されていない。

 銃撃された支部はバンコク議会議員のゴンニット・ンガームスコンラタナー女史の個人事務所をかねており、6月には支部の正面側のガラス窓に向けてコンクリート塊が投げ込まれた事もあったが、支部や同議員を巡る係争等は確認されていない。

posted by Jean T. at 11:58| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察本部長、平服姿で本部に現れるも5分で退出

 INNによると、パチャラワート国家警察本部長は10日朝、平服姿で国家警察本部に姿を現したものの、僅か5分で退出していったという。

 一方、国家警察本部長代行に任命されているウィチヤン国家警察副本部長(治安関連担当)はINNの取材に対して、パチャラワート本部長が10日に職務復帰する意向を伝える書状が回覧されている事を認めた上で、同本部長が職務復帰することにより自らの代行としての任務が終了しても普段通り自らの職務に邁進するのみであり、何ら問題はないと語った。
posted by Jean T. at 11:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフル、タイ国内で初のタミフル耐性例をラボテストで確認

 タイTV及びプーヂャッカーン紙(オンライン)の報道によるとラーマティボディー病院は9日、タイ国内で新型インフルエンザに感染し既に治癒しているタイ人感染者のサンプルからタミフル(Oseltamivir)耐性例を確認した事を明らかにした。

 尚、公共保健省側は、まだタミフル耐性例が公式に確認された訳ではないとして国民に対して平静を呼びかけた上で、10日に開かれる関係当局者会議の席上でこの問題に関する事実関係の確認を行う予定であることを明らかにしている。
posted by Jean T. at 00:59| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パチャラワート本部長の逆襲? 10日から通常職務に復帰する意向

 パチャラワート国家警察本部長が休職期間を早々に切り上げ8日夜に帰国し、10日から本部長として通常業務に復帰する意向を示している事が9日夜までに明らかになった。

 既に、国家警察本部長補佐経由で10日から職務復帰する意向が本部内で伝達されており、また、一部報道はステープ副首相に帰国報告を兼ねて職務復帰の意向を伝達済みだと報じている。

 現在国家警察本部長代行に任命されているウィチヤン国家警察副本部長は10日に首都圏警察本部内で開かれる12日の王妃誕生日関連行事の警備関連の打ち合わせに出席する予定になっているが、仮にパチャラワート本部長が10日に職務復帰した場合は、ウィチヤン副本部長が持っている本部長代行としての職務権限が即日付けで無効になる。

posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、鉄道の改善・拡充計画を明らかに

 アピシット首相は9日放送された定例政見放送の中で、劣化が激しい近代的なサービスに対応できない鉄道の改善・拡充に全国レベルで取り組む考えである事を明らかにした。

 発言の中でアピシット首相は、現在の国内の鉄道は劣化が激しく、一部の路線では10年間もメインテナンスが放置され重量物の搬送や高速度での列車の運行が不可能な状況に置かれていると指摘した上で、清潔・便利な鉄道に仕上げるためにチャチュゥンサオからレームチャバン間等の路線の複線化や駅・鉄道車両の改善に努めていく方針である事を明らかにした。

 また、アピシット首相は、チェンラーイのチェンコーン経由中国行きや東北地方経由のカンボジア行きを初めとする国外とを結ぶ鉄道路線の拡充計画の検討を進めている事を明らかにすると共にタイ国鉄の資産管理部門と鉄道運行部門との分割化実現に向けた検討を進めている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:02| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。