2009年08月13日

首相の右腕、警察幹部人事を巡る金銭授受の証拠を掴む

 アピシット首相の右腕として知られる民主党ソンクラー県選出下院議員のシリチョーク・ソーパー氏は13日、今年行われる国家警察本部の定期幹部人事に絡んでポストの売買が行われている事を裏付ける証拠がある事を明らかにした上で、適切な時期に国家警察本部を管掌するステープ副首相に証拠を提出する用意があることを明らかにした。

 先に第7地区警察本部を中心にパチャラワート国家警察本部に近い人物を介して200万バーツから300万バーツで副指揮官クラスのポストの売買が行われていると指摘していたシリチョーク氏は発言の中で、先の指摘を裏付ける十分な証拠がある事を明らかにした上で、下院議員として近々下院警察委員会に証拠資料を提出する考えである事を明らかにした。

 また、国家警察本部の幹部人事権を持つ国家警察委員会委員長を兼務するステープ副首相への証拠資料の提出に関しては、実際に行われる幹部人事を見極めた上で判断したいと語り具体的な提出時期に関しては明言しなかった。

 一方、パチャラワート国家警察本部長は13日朝、近い人物がポストの売買に関与していると指摘されている事に関して、一切そのような話を聞いたことが無いとした上で、自らも任官以来30年の間に一度も賄賂を受け取ったことが無いと語り自らのポスト売買への関与を強く否定した。

 また、最もポストの売買が行われているとされる第7地区警察本部のタウィン本部長は13日、管下でポストの売買が確認できなかった事を明らかにしている。

参考
警察官への任官・階級昇進斡旋容疑で警察官を逮捕、しかも自らも詐欺被害者

posted by Jean T. at 17:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク住民の約80%が海賊版購入経験あり、バンコク大調査で

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールがバンコク在住の18歳以上の全ての階層の住民を対象に行った調査で、回答者の79.9%が海賊版を購入ないしは借りたことがあると回答し、依然海賊版を好んで購入する傾向がある事が明らかになった。

 また、40.4%の回答者が音楽ないしは映画の海賊版CD・DVD、20.7%の回答者が偽ブランドのバッグ、靴、眼鏡、時計を購入した事があると回答する一方で、20.1%の回答者が品質が基準を満たしていない、違法である等の理由をあげて海賊版を購入した事が無いと回答していた。

 尚、海賊版を購入または借りた事がある回答者の内48.6%の回答者が値段が最も安いこと、26.4%の回答者が捜し易いことを海賊版を購入または借りた理由にあげ、また、52.0%の回答者が海賊版の購入または借りることに対して罪悪感を感じないと回答し、罪悪感を感じると回答した48.0%を上回る結果になった。

 一方、タイ国内に依然知的財産件の侵害行為が蔓延っている原因に関しては、最も多い40.1%の回答者が正規品が高額すぎる事を原因にあげ、19.8%が当局側の職務怠慢ないしは当局側が利権に関与している事を原因にあげ、またかかる侵害行為に対する対策の必要性に関しては、95.4%の回答者が必要であると回答し、最も有効な対策に関しては、最も多い38.9%の回答者が正規品の価格を引き下げることと回答し、18.9%の回答者が違反者に対する罰則を強化する事と回答した。

 また、海賊版を購入ないしは借りた者に対する罰則を法制化する事に関しては、38.2%の回答者が反対であると回答する一方で、13.7%の回答者が音楽及び映画の海賊版CD・DVDに限定して罰則を適用する事に賛成できる、48.1%の回答者が全ての海賊版に対して罰則を適用する事に賛成できると回答した。

posted by Jean T. at 15:54| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、不正が明らかになれば副首相であっても閣内に残ることはない

 アピシット首相は12日、充足経済コミュニティー計画に絡んで経済関連担当のゴープサック副首相の不正が明確になった場合は、相応の対応を取ると語り、当該計画に絡む不正に関与した者は、喩え閣内の人物であったとしても擁護する事無く相応の処分を下す考えである事を明らかにした。

 この発言は、ゴープサック副首相が管掌し同副首相の実弟が事務局長を務める充足経済コミュニティー計画に絡む不正疑惑の責任を取って同副首相は辞任するべきであるとの声が連立与党のプームヂャイ・タイ党からあがっている事を受けたもので、アピシット首相は、不正に関与した者は喩え閣内の者であろうとも擁護する事無く相応の処分を下す考えである事を確認した上で、プームヂャイ・タイ党からの圧力に関しては、政権内の対立との対外イメージを払拭させるために同党と内々での話し合いの機会を持つ考えである事を明らかにした。

 尚、民主党側は、充足経済コミュニティー計画に絡む不正は現場及び地方政治家に由来するもので、ゴープサック副首相の責に帰せられる性質のものでは無いとのスタンスを取っている。

posted by Jean T. at 00:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬使用歴がある元キャンペーン嬢が下半身裸の姿でコンドから転落死

 プーヂャッカーン紙(オンライン)及びネーション系のタイ語速報によると、12日朝バンコクのワーントーンラーン区ソーイ・ラートプラーオ94にあるコンドミニアムの敷地内で、9階に住む26歳の女性が下半身裸の姿で転落し死亡しているのが発見された。

 第一発見者のコンドミニアムの警備員が、前日22:00過ぎに物が落下する音を聞いていたが、その時点では不審な転落物は発見されていなかったという。

 警察側は、何らかの悩み事からストレス状態に陥り衝動的に飛び降りたと見て捜査を開始した事を明らかにした。

 女性と同じ部屋に住む友人女性によると、女性には妄想癖があり、日頃から誰かに狙われていると言い出す傾向が見られ、また、前日夜も同居している友人等と食事をとっていた際に女性は何かに怯えた様子だったが、22:00頃に就寝の為にそれぞれの部屋に戻る時に何か心配事でもあるのかと尋ねた際には何も心配するものは無いと受け応えしていたという。

 現在無職の女性は、モデル会社に所属する元キャンペーンガールで、また過去に重度な麻薬使用歴がある為に精神状態が不安定になりやすく、女性を援助していた恋人男性との関係も最近では疎遠になっていたという。

posted by Jean T. at 00:12| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。