2009年08月15日

法相、連合幹部暗殺未遂とDSIは無関係 - 局長更迭の考えも無し

 ピーラパン法務大臣は14日、民主主義市民連合幹部暗殺未遂事件と法務省特別捜査局(DSI)とは無関係である事及び同局のタウィー局長を更迭する考えが無い事を再確認した。

 この発言は民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏が14日、自身に対する暗殺未遂事件に絡んで逮捕状が発行されている麻薬防止取締警察局に所属するウォラウット・ムンサンティ巡査長のDSIへの出向を命じる文書を公開し同巡査長が出向した事実は無いと発言したDSIのタウィー局長の嘘を曝いた上で、この公文書により同巡査部長と密接に任務を遂行していたタウィー局長下のDSIが暗殺未遂事件に関与した事は100%明確であるとして、証拠保全の為にもタウィー局長を更迭するべきであると指摘した事を受けたもの。

 ソンティ氏によると、法務大臣はDSIにより盗聴された政治家の電話会話のテープが公開されることをおそれタウィー局長に対して断固たる措置を講じる事ができないばかりか、知っている事実すら話せない状況下に置かれているのだという。

 この発言に対してピーラパン法務大臣は、DSIの事件への関与を再否定した上で、ウォラウット巡査長がDSI下で管理されている盗聴用の機器や麻薬防止取締警察局が押収した車両の持ち出しの有無に関して調査する為の委員会の設置をDSIに命じている事を明らかにした。

 また、先日同巡査長の母親の自宅から押収された車両が、麻薬防止取締警察局が押収したものであったにも関わらずDSIで使用されていたものであると指摘されている事に関しては、当該車両はタウィー局長を通すという正式な手続きを経ずに現場レベルで貸し出され使用されていたものであったと語り、タウィー局長を擁護した。

posted by Jean T. at 00:21| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、国家警察本部長の解任すらできない小心者の首相下の政府は哀れ

 民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は14日、小心者のアピシット首相下でパチャラワート国家警察本部長を解任する事すらできないでいる政府が哀れであると皮肉混じりで語り、あらためて同本部長の解任を要求した。

 発言の中でソンティ氏は、パチャラワート国家警察本部長は、自分に対する暗殺未遂事件捜査の障害になっているだけでなく政治家も絡む警察幹部ポストの売買にも関与していると指摘した上で、アピシット首相は、その場を取り繕うために国家警察本部長代行の任命を再度行うという社会が混乱するような手段を用いずに勇気を持って同本部長を首相府付きに更迭する、ないしは同本部長自身が自ら辞任するべきであると指摘した。

 ソンティ氏によると、アピシット首相自身もパチャラワート国家警察本部長の実兄であるプラウィット防衛大臣から脅迫を受けている哀れな存在なのだという。

posted by Jean T. at 00:18| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、17日に赤と青の衝突を扇動する動き - 背後に不正案件のもみ消し

 民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は14日、反独裁民主主義同盟及び赤服軍団がタクシン元首相の恩赦請願書の王室管理事務所への提出を計画している17日に、同日ゴム苗汚職案件で判決が下されるネーウィン・チットチョープ氏の激励の為に集合が予想される青服軍団と赤服軍団の衝突を発生させることを意図した動きが展開されていると指摘した。

 ソンティ氏によると、この動きの背景に裁判所や国家汚職防止取締委員会で審理中の不正案件をもみ消す為に軍側に実権を掌握させる道を開きたいとの思惑があり、また、既に衝突を扇動する為の人員の動員も進められているが、東南アジア諸国連合関連会議を中止に追いやったような事態にまで発展するかは予測不可能だという。

posted by Jean T. at 00:16| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASENA首脳会議開催地がプーケットからフワヒン/チャアムへ変更

 14日、国境域共同開発関連会議に出席する為にマレーシアを訪問中のガシット外務大臣は、東南アジア諸国連合首脳会議及び同関連会議の開催地を当初予定されていたプーケット県からプラチュアップキーリーカン県のフワヒン郡及び隣接するラーチャブリー県チャアム郡に変更した事を明らかにした。

 尚、開催日に関しては当初予定通り10月23日から25日の日程のまま変更する予定は無いとしている。

 今年2月に東南アジア諸国連合首脳会議が開催されたドゥシット・フワヒン・リゾートは、名前にフワヒンが冠されているものの実際にはラーチャブリー県チャアム郡内にある。

 ガシット外務大臣によると、この決定は治安当局と協議を重ねた上で決定されたもので、特にプーケット県内で10月18日から26日迄の日程で恒例のベジタリアン・フェスティバルが開催され、東南アジア諸国連合首脳会議の日程と重なること、及び宿泊施設及び移動の便を考慮し今回の開催地移転となったという。

posted by Jean T. at 00:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。