2009年08月21日

パッタヤーでドイツ人男性が爆殺

 The Nation紙及びPattaya Daily Newsタイ語版(何れもオンライン)によると、21日朝チョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムン郡内にあるゴム農園内で爆発物によりバラバラにされた45歳のドイツ人男性の遺体が発見された。

 男性は不動産会社のエンジニアで、実行犯はC4爆弾を男性に巻き付けた上で遠隔操作で起爆し殺害したものと見られている。

 タイ人の妻(40)によると、前日9:00頃にバンコクのソーイ・スクムウィット24にある自宅を出て以来行方不明になっていた男性は、2-3ヶ月位前頃から外国人不動産開発業者(報道により外国人投資家)との間で係争を抱え、時に殺害の脅迫を受けていたという。

参考 (現場画像付き報道)
http://www.pattayadailynews.com/thai/shownews.php?IDNEWS=0000010107

posted by Jean T. at 18:17| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、30日に首相官邸前に向けデモ行進

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は21日、アピシット首相に対して議会の解散を要求する為に30日13:00からラーマ5世像前から首相官邸前に向けデモ行進を行う事を明らかにした。

 仮にアピシット首相が要求を拒否し議会の解散に応じなかった場合は同首相の罷免を要求する署名活動を開始する方針だという。

 一方、プゥア・タイ党下院議員団長のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉は21日、国家警察本部の職務に介入したアピシット首相の罷免動議の議会提出に向けた党内協議を25日に行う方針である事を明らかにした。

 チャルゥム警察大尉によると、序列を無視したウィチヤン・ポットポーシリー警察大将の国家警察本部長代行指名が警察の規則に反しているだけでなく、喩え南部に訪問中であろうともパチャラワート国家警察本部長が国内にいるにも関わらず本部長代行を指名した行為は極めて異例且つ不適切な行為であるという。

posted by Jean T. at 17:39| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローントゥーイ市場、首都圏警察本部長の眼前で衝突

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、21日午後、バンコクのクローントゥーイ市場内で、同日朝にTNT火薬入りの箱が発見された地点の視察を行っていた首都圏警察本部のウォラポン本部長の眼前で市場関係者と市場の再開発権を港湾局から取得した企業の警備要員との間で衝突が発生し負傷者が出る事態になった。

 ウォラポン本部長が市場関係者の説得に乗り出したが、依然両者間で罵声を浴びせあう状況が続いているという。

 一方、各報道によると、首都圏警察本部タールゥア署は21日昼過ぎまでに市場内に爆発物入りの箱を置いた容疑で男1人の身柄を拘束し署に連行し事情聴取を行っている。

 また、市場関係者の一部も捜査の行方を見守るためにタールゥア署前に集合しているとの報道もある。

参考
http://twitter.com/Jean_bkk/status/3440649192

posted by Jean T. at 17:25| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相の面目丸つぶれ、4:5で警察本部長指名が先延ばし - 内相はヂュムポン支持

 マティチョン紙(オンライン)によると、20日夕方招集された次期国家警察本部長を指名する為の国家警察人事検討委員会は、アピシット首相が推すパティープ・タンプラスゥト警察大将とパチャラワート国家警察本部長等が推すヂュムポン・マンマーイ警察大将の2人に候補者が絞られて投票が行われたが、最終的に4対5で両候補とも総委員11人の過半数の支持を得られていなかった事が明らかになった。

 パティープ警察大将にはピーラパン法務大臣、ギッティポン法務省次官、国家安全保障会議事務局長代行のタウィン・プリヤンシリー氏及び予算関連専門家のピヤパン・ニムマーナヘミン氏の4人が支持に回り、ヂュムポン警察大将にはチャワラット内務大臣、ウィチャイ内務省次官、法律関連専門家のラワット・チャムチャルゥム氏、計画立案・執行管理関連専門家のステープ・タンマラック大将及びパチャラワート国家警察本部長の4人が支持に回った。

 尚、組織開発関連専門家のノパドン・インナー氏及びアピシット首相は投票を棄権した。

posted by Jean T. at 16:49| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、21日に政府打倒に向けた活動方針について協議

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は20日、政府打倒を目指した活動のレベル引き上げを視野に入れた幹部間協議を21日10:00から行う予定である事を明らかにした。

 ヂャトゥポン氏によると、アピシット元首相の罷免を要求する署名活動の開始に向けた協議も席上で行われる予定で、仮に署名活動を開始した場合は1,000万人以上の署名が集まる事が予想されるという。

posted by Jean T. at 00:48| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローントゥーイ市場、汚職取締委に対して警察の職務怠慢に関する調査を要求

 20日、クローントゥーイ市場の商店関係者は、前日に同市場の再開発権を取得した企業との間で衝突が発生した事を受け、国家汚職防止取締委員会に対して港湾局と再開発権を取得した企業との間に締結された契約の正当性及び企業側について職務を遂行し、市場関係者に対する暴力行為に目をつぶっている所轄署の首都圏警察本部ター・ルゥア署及び首都圏警察本部第5分署の幹部による職務遂行義務違反に関する調査を要求した。

 また、21日にはアピシット首相に対して、クローントゥーイ市場問題の解決に真摯に取り組むと共に職務遂行義務違反があった警察官の更迭を要求する書状を首相官邸に提出する方針だという。

posted by Jean T. at 00:47| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。