2009年08月29日

(更新)集会延期を受け軍が官邸から撤収 - 首相は治安法適用の継続を確認

 29日午後、反独裁民主主義同盟が30日に予定されていた集会・デモの9月5日への延期を決定した事を受け、首相官邸周辺の警戒作業に当たっていた軍関係者が撤収を開始した。

 一方、アピシット首相は、あくまで秩序を維持する目的で適用が開始された国内治安法に対する同盟側の過剰反応に疑問を呈した上で、同盟側の集会・デモの延期の有無に関係なく適用を継続させ、期限となる9月1日の閣議の際に同法再適用の是非に関して判断する考えである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 17:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、集会を延期 - 情勢扇動を意図したゲームを仕掛けていると政府を非難

 反独裁民主主義同盟は29日昼前、30日にバンコクのラーマ5世像前で予定されていた集会及び首相官邸に向けたデモ行進を9月5日に延期した事を明らかにした。

 同盟は、政府側が国内治安法適用により仕掛けてきた情勢扇動を意図したゲームに嵌められないようにする為に延期を決断したとした上で、今後も政府側が同盟の集会開催予定日にあわせて国内治安法の適用で臨む限り向こう4週間に渡って9月5日に予定されていた集会を9月12日に、9月12日に予定されていた集会を9月19日に延期させるという方法で対抗していく考えであるとした。

 尚、同日昼過ぎ現在、軍側は同盟の集会・デモの延期の有無に関係なく引き上げ命令があるまで国内治安法に則った任務を継続させて行く方針である事を確認している。

 一方、同日昼過ぎ現在、延期決定を受けランパーン県の赤服軍団がバンコク行きの中止を決定した一方で、ウドンターニー県及びナコンラーチャシーマー県の赤服軍団が予定通り30日にバンコクで合流する方針を確認し、また、チェンラーイ県、パヤオ県及びピッサヌローク県の赤服軍団も同様に30日にバンコクに合流する方針を確認しているという。

posted by Jean T. at 15:33| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空き巣容疑でコロンビア人5人組を逮捕 - 押収品はタイ人の友人の物と主張

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると首都圏警察本部フワマーク署は28日、空き巣容疑で女1人を含むコロンビア人5人を逮捕し、マリファナやゲーム機、デジタルカメラ、時計、携帯電話機等30品目以上を押収した事を明らかにした。

 この逮捕は、8月初旬頃からフワマーク署管内や周辺地区で空き巣被害が頻発している事を受け行われた捜査により、バンコクのバーンカピ区内のアパートに住む外国人男女5人組が関与している事を突き止めた事により実現したもので、5人組は場所を変えながら車で押し入り先を捜し金品等を盗み出していたとされる。

 5人組は取り調べに対して、アパートの室内でマリファナを使用した事は認めたが、押収された物品に関しては、一緒に暮らしているタイ人の友人が部屋に置いていったものであると主張しているという。

posted by Jean T. at 10:55| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未成年姉妹に性的暴行を働いた30歳男を逮捕、ピッサヌロークで

 カーオソット紙(オンライン)によるとピッサヌローク県バーンラガム郡の警察は28日、未成年の姉妹に対して性的暴行を加えた容疑で30歳の男を逮捕し、犯行に使用されたバイクや拳銃、被害者から強奪された携帯電話やデジタルカメラ、学生カバン等を押収した事を明らかにした。

 男が逮捕された際に、事件に怒った200人以上の住民が警察署の前に集まり男を住民の前に引き出すように要求する場面も見られた。

 調べによると、男は24日20:00頃、帰宅の為にバイクで路上を走行中だった県都内にある有名校に通う17歳と14歳の姉妹に拳銃を突きつけバイクを停車させた上で、サトウキビ畑に連れ込み姉妹を後ろ手に縛り口を手袋で塞いだ上で性的な暴行を加え、更に暴行を加えている際に被害者から急所を足で蹴られた事に怒り被害者が所持していた財布や学生カバン等を奪い逃走したとされる。

posted by Jean T. at 10:52| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。