2009年08月30日

王妃誕生日があった8月度に国民総幸福量が一気に増加、ABAC調査

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが1,292世帯を対象に29日に行った国民総幸福量調査で、8月度の総幸福量が、10点満点中5.92点だった7月度の総幸福量に対して7.18点と一気に増加していた事が明らかになった。

 また、個別の総幸福量では、王妃誕生日の際に王妃に対して敬愛の意を示した事に対する総幸福量が9.20点と最も高く、次いで家族からの幸福量が8.44点と続き、以下、タイの文化・習慣(8.19)、熟睡できた時(7.75)、健康的な精神(7.73)、身体の健康(7.69)等と続く一方で、南部情勢に対しては1.82点と最低の幸福量を記録する結果になった。

 尚、経済に対する幸福量は5.15点、政治情勢に対する幸福量は4.63点だった。

 一方、反独裁民主主義同盟が30日に予定していた集会・デモの延期を決定した事に関しては、53.1%の回答者が支持できると回答し、支持できないと回答した36.8%を上回り、また、61.4%の回答者がタクシン元首相が政治活動を中止すれば情勢は安定化すると回答する一方で、38.6%の回答者が同元首相が政治活動を中止しても情勢は安定化しないと回答した。

 また、政府が現在やるべき事に関しては、最も多い47.4%の回答者が職務を継続させる事と回答し、次いで34.5%の回答者が解散総選挙を行うべきと回答し、以下、11.0%の回答者が議会解散に依らずして政権交代を図るべき、6.8%の回答者が首相は辞任するべき、0.3%の回答者がクーデターを実行するべきであると回答した。

posted by Jean T. at 17:32| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、31日に国内治安法適用解除の是非に関して判断

 アピシット首相は30日放送された定例政見放送の中で、反独裁民主主義同盟が集会・デモを当初計画していた30日にあわせてバンコクのドゥシット区を対象に29日から9月1日にかけて適用を決定した国内治安法の適用解除の是非に関する判断を31日に下す予定である事を明らかにした。

 尚、同盟側は、政府側が国内治安法を適用した事を受け集会・デモ行進を9月5日に延期する方針を決定すると共に、仮に政府側が5日に再度国内治安法を適用した場合には12日に再延期させ、再度政府側が国内治安法を12日に適用した場合は19日に延期する方針を確認すると共にクーデター発生3年目となる19日に延期になった場合は国内治安法適用の有無に関係なく大規模集会を開催する方針である事を確認している。

 また、アピシット首相は、憲法で保障された集会開催の権利を阻害する事が無い国内治安法の適用に対する同盟側の過剰反応に疑問を呈した上で、9月1日に招集されtる定例閣議の席上で5日にあわせて国内治安法を再適用するべきかについて協議を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 16:49| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人対象調査、タイは好きなれど政治情勢には無関心

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが外国人旅行者及びビジネスマン468人を対象に26日から28日にかけて行った調査で、65.2%の回答者がタイの政治情勢や政治に関して僅かな知識しか持っていないと回答し、30.9%の回答者が多少の知識を持っていると回答していた事が明らかになった。

 尚、政治情勢の事を良く知っていると回答した者は僅かに0.8%に留まった。

 また、97.7%の回答者がタイが好きであると回答し、57%の回答者が向こう6ヶ月以内に経済が改善の方向に向かうと回答、更に、政治情勢の改善手段に関しては、最も多くの回答者が民主主義あげ、以下、和解推進、総選挙の実施と続く結果になった。

 一方、政府が29日から9月1日迄国内治安法の適用を決定した事に関しては、91.2%の回答者が政府はもっと国内治安法に関する情報を提供するべきであると回答し、また、70.2%の回答者が適用期間中のタイ訪問に不安を感じると回答した。

 また、69.8%の回答者が国内治安法の適用により情勢混乱を未然に防ぐことができると回答する一方で、44.7%の回答者が政治情勢不安が無ければタイは今日以上に良くなると回答した。

posted by Jean T. at 00:27| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒に酔った警官がお笑い芸人に銃を突きつけ脅迫、懲罰委員会を組織し調査を開始

 各メディアの報道によると29日未明、お笑い芸人のヂャッガブム・チュンイムことソムチャート・ソングロート氏(31)が首都圏警察本部タリンチャン署を訪れ、バンコクのタリンチャン地区内にあるレストランで演技中に、警察官と名乗る酒に酔った男に銃をこめかみに突きつけられ脅されたと訴えると共に、銃を突きつけた男を警察に引き渡した。

 ソムチャート氏によると、演技中にステージから降り客席を回っていた際に、男に銃を突きつけられた上で執拗にお笑いのネタについて汚い言葉で詰問され、その後男が店から出てバイクに跨った際に店員と一緒になってビール瓶等を投げつけ男を取り押さえ警察に突き出したという。

 ソムチャート氏は警察官風の制服を着込んだ警察官ネタを持ちネタにしていることで知られている。

 警察に突き出された男は首都圏警察本部ドゥシット署に所属する二等巡査で、警察側は二等巡査が酔いから醒めるのを待って事情聴取を行うと共に、懲罰委員会を組織し最悪の場合には階級剥奪及び懲戒解職を下すことを視野に入れて調査を進める方針である事を明らかにした。

 ソムチャート氏は、警察側が被害届を受け取るまでに一時間近くの時間を要した事を明らかにし、警察側の身内擁護体質に強い不快感を示した上で、問題の警察官に対して厳格な処罰を下すよう訴えた。

posted by Jean T. at 00:25| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーで物乞い外国人25人を摘発

 ネーション系のタイ語速報によると、観光警察当局は28日夜半チョンブリー県のパッタヤー地区に属するバンラムン郡内で物乞い行為の一斉摘発を行い、路上等で物乞いを行っていた主にカンボジア人の母子25人を逮捕した。

 物乞いで逮捕された母親の年齢は30歳から40歳で子供の年齢は3歳から5歳だった。

 逮捕された物乞いは取り調べに対してタイ人の男5人からパッタヤー地区内で物乞いをするように強要され、時には通行人の同情を惹くために子供一人だけで路上で物乞いをさせられる事もあった。一日3-4時間以上座って400バーツから500バーツを稼いでいたが、僅か100バーツを残して残りは全て男達に持って行かれていたと供述しているという。

 警察側は、逮捕した物乞いの証言から物乞い行為を強要されているカンボジア人の宿所を突き止め強制捜索を行い、更に16人のカンボジア人の身柄を確保している。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独人男性がタイ人妻から顔を切られ重傷、パッタヤーで

 INN及びネーション系のタイ語速報によると、29日0:00過ぎチョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムン郡内で48歳のドイツ人男性がタイ人の妻に顔を切られ重傷を負い病院に搬送された。

 調べによると、前夜に男性と妻との間で激しい口論が展開された際に妻が刃物を取り出して男性の顔に切りつけたものと見られている。

 妻は男性に負傷を負わせた後に所在不明になっている。

posted by Jean T. at 00:18| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。