2009年08月31日

捏造音声クリップ流布容疑でSC Asset社員を逮捕

 警察は31日昼前、前日までにタクシン元首相系のSC Asset社の社員の男女2人を首相が赤服軍団の強制排除を命じたとされる捏造された音声クリップをEメールで第三者に送信した容疑で逮捕した事を明らかにした。尚、報道により男2人、女1人の計3人を逮捕したとするものもある。

 尚、逮捕された2人は、何れも10万バーツの保釈金で保釈されており、また、音声捏造に関与した者の特定にまでは至っていない。

 仮に2人に対して有罪が確定した場合、最高で5年及び10万バーツの罰金の一方または両方が課せられる事になる。

* 民主党側が公開した資料では、問題の音声クリップがメールヘッダーの偽装等の工作が一切講じられていない生のヘッダーのままで送信されていたようです。また、SC Asset社のサーバーサイドで送信前にウィルスチェックされた旨を証明する記述もヘッダーから確認することができます。

posted by Jean T. at 14:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキ店内で煮えたぎった鍋を一家に投げつけた巡査部長、全ては誤解から発したものと主張

 25日にスパンブリー県内にあるショッピングセンター内のタイスキ店内で、別の客に向けて煮えたぎっていた具材が入ったスキ用の鍋を投げつけ子供を含む一家4人に火傷を負わせたとされる同県サームチュック署所属の巡査部長が、31日朝放送されたch3番組の電話取材に対して全ては誤解から生じたものであったと主張した。

 問題の事件は、タイスキ店内で、5ヶ月になる男児の泣き声に怒った客としてきていた同県サームチュック郡警察署に所属する巡査部長クラスの警察官やその同行者が、男児の一家に向け煮えたぎった具材入りのスキ用の鍋を投げつけ一家に火傷を負わせたとされるもので、男児の一家が警察に対して傷害で被害届を提出していた。

 これに対して巡査部長側は、店内で一緒に飲食中だった養子と恋人との間で激しい口論が発生していた際に、被害者とされる一家の父親が泣いていた自分の子供に対して文句を言われたと勘違いしてヤクザ風な口調で文句を言ってきたことがきっかけで養子との間で激しい喧嘩になり、その際に制止に入ったがキレてしまった養子を制止する事ができず、養子が一家の席に向け鍋を投げ一家に火傷を負わせてしまったが、一家が主張しているような一家の父親の体を羽交い締めにするうような事は一切やっていなかったと主張した。

 サームチュック署によると、現在一家側と巡査部長の養子側の両方から傷害で被害届が提出されており、解明の為に事件が発生したタイスキ店に当時の店内の様子を記録した監視カメラ映像の提出を要請しているところだという。

posted by Jean T. at 11:46| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捏造音声クリップ流布問題、民主党が同盟等に対して法的措置を講じる準備

 民主党のブラナット報道官は30日、アピシット首相が反独裁民主主義同盟・赤服軍団のデモ隊の強制排除を命じたとされる音声クリップの捏造・流布に関与した3つの政治家グループに対して法的措置を講じる準備を進めている事を明らかにした。

 ブラナット報道官によると、法的措置の対象となるのは反独裁民主主義同盟、タクシン元首相の個人スポークスマンを務めるポンテープ・テープガンヂャナ氏(元1997年憲法起草委員、元法務大臣)を含む旧タイ・ラック・タイ党の党解党により被選挙権を剥奪された元党幹部で構成された111番地の家財団及びプゥア・タイ党で、仮に有罪が確定した場合は最高で7年の禁固刑が下される事になるという。

 また、裁判所により閉鎖命令が下された、当該音声クリップの流布に使用されていたサイトの管理者に対しては、最高で5年の禁固刑が下される事になるという。

posted by Jean T. at 00:02| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヂャクラポップ氏、同盟3幹部により大衆パワーの低下がもたらされた

 反独裁民主主義同盟3幹部と事実上袂を分かった同元幹部のヂャクラポップ・ペンケー氏は、同盟幹部のソムヨット・プルゥクサーガセーム氏が編集主幹を務める赤服軍団系の週刊誌に寄稿した最新のオピニオンの中で、同盟3幹部による誤った大衆動員により大衆パワーの低下がもたらされたと指摘している事が明らかになった。

 「赤の功績」と題されたオピニオンの中でヂャクラポップ氏は、活動を展開する上で最も重要な要素となる大衆の動員面で同盟3幹部は大衆に"儀式用"の同じ服を着させて票とりまとめの為のクラブないしは票請負人ネットワークを築き上げるという過ちを犯したと指摘した上で、遠からず自らが考える正しい大衆動員手法に関する考えを明らかにする考えである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。