2009年09月06日

タクシン元首相、首相はもはや政権内での発言力を失っている

 タクシン元首相は6日朝オーソーモートー(MCOT)系のラジオ番組内で行われた電話インタビューの中で、アピシット首相は既に政権内で決断や指示をする権限を失っているとの認識を示した。

 この発言は、和解推進の為に政府側と直接協議に応じる用意があるのかと聞かれた際に語られたもので、タクシン元首相は、タクシー運転手や下級警察官が自分の電話番号を知っているにも関わらず権力側からは一切の打診を受けていないと語り、ステープ副首相からの協議の申し入れを断っていたとの指摘を再度否定した上で、直接協議により政治活動の一切を中止するかについては現在話すことは出来ないものの、仮に政府側から協議の打診があればステープ副首相だろうと、既に政権内で発言力を失っていると思われるアピシット首相であろうとも協議に応じる用意はあると語った。

 また、協議の際にタイに帰国して司法手続きに則った処分を受けるべきであると指摘された場合の対応について聞かれたタクシン元首相は、現在のタイの司法には公正が存在しておらず、操り人形のアピシット首相にはこの問題を解決できるような自由裁量権を持っていないと語り拒絶する考えであることを明らかにした。

 一方、アフリカのダイアモンド鉱山への出資金が自らが政権時代に洗浄された資金から出資されたものなのかと聞かれたタクシン元首相は、クーデター直前に旅行カバン30個に詰められた現金を国外に持ち出していたとの噂を否定すると共にこの様な意図的に流布されたデマには耳を傾けないよう訴えた上で、イギリスのサッカーチームの売却益から出資されたものであった事を明らかにした。
 
 また、イギリス当局から同国内にある資産を差し押さえられたと報じられている事に関しても、デマでしかないと語り否定した。

 更に、放送の中で、自分が国外逃亡後に行き来している国々以上にタイ政府の方が自分の渡航に対してやきもきしていると指摘し、各国に対して自身の渡航の自由を妨害する書状を送りつけているタイ政府を皮肉ると共に、得意の「人間は一度生まれ一度死ぬ」とのモットーをあらためて紹介し自分には恐れるものはないと語った上で、プライベートジェットを所有していたり優秀なボディーガードがついているとの噂を否定する発言も聞かれた。

posted by Jean T. at 17:42| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、憲法改正一般審議の為の特別国会の招集を8日の閣議で提案

 アピシット首相は6日朝放送された定例政見放送の中で、憲法改正に関して議論する為の議決が伴わない特別国会の招集を8日に開かれる閣議の席上で提案する考えである事を明らかにした。

 アピシット首相によると、上下院合同で開催される特別国会は政治改革及び憲法改正の為の和解推進委員会側の憲法改正に関する見解に基づいて議決が伴わない一般審議形式で議論する事を意図したもので、政党解党によって被選挙権を失った政治家に対する恩赦法の制定の是非に関しては議論の対象に含める予定が無いという。

 尚、連立与党側は7日に憲法改正に向けた共同見解をまとめる為の公式協議を行う予定になっているが、6日昼過ぎのタイTVの報道によると、連立与党側は上下院議員の選出関連条項、特に選挙区関連の条項の改正のみを推進させる事で非公式に合意しているものと見られているという。

posted by Jean T. at 16:41| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人旅行者から現金を強奪した少年2人組を逮捕、ゲーム代が欲しかったと証言

 各メディアの報道によると、5日夜半チョンブリー県パッタヤー地区に属するバーンラムン郡内でベルギー人男性(56)から現金を強奪した15歳と14歳の2人の少年が逮捕された。

 被害にあった男性によるとソーイ・スニー・プラザ内にあるゲイバーで飲食代金を支払うために現金を取り出したところで、後ろから近づいてきた2人組の少年に手の中にあった1,260バーツの現金を強奪されたという。

 逮捕された少年は、ゲーム代欲しさから犯行に及んでしまったが、このような事をするのは今回が初めてであると供述しているという。

posted by Jean T. at 16:08| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高1の女子生徒、悪徳タクシー運転手に授業料を盗まれる

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、5日12:00過ぎ、バンコクのフワイクワーン区内の路上で、タクシー運転手が乗客のマタヨン課程4年に通う16歳の女子学生が所持していた4,000バーツを強奪し逃走するという事件が発生した。

 被害にあった女性学生によると、帰宅する為に乗車していたタクシーの車内で何も考えずに課外授業料として支払う予定だった4,000バーツの現金を財布から取り出していたのを見た運転手が、突然車を路上脇に停車させた上で刃物を突きつけ4,000バーツの現金を脅し取った上で、自分を車外に放り出して逃走していったという。

 警察側は、女子学生が記憶していた車両ナンバーの一部及び30歳から40歳位の禿げ上がった髪を長く伸ばしていたとする運転手の特徴に基づいて犯人をを追っているとした。

 警察によると、女子学生が一部記憶していたナンバーに基づき5台までタクシー車両を絞り込んで捜査を進めているという。

posted by Jean T. at 15:53| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くが南部情勢の早期正常化は不可能、スワン・ドゥシット調査で

 ラーチャパット大学が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールがバンコク及び地方県在住(報道まま)の1,206人を対象に1日から3日にかけて行った調査で、63.88%の回答者が情勢が再激化している南部情勢の早期正常化は不可能であると回答し、早期正常化が可能であると回答した者が僅かに20.94%に留まっていた事が明らかになった。

 また、政府側の南部対策に対する信頼性に関しては、46.60%の回答者が信頼できると回答し、信頼できないと回答した者は5.23%に留まった。

 一方、南部情勢激化の背景に関しては、33.45%の回答者が政府側が真摯に問題解決に取り組む姿勢を見せていない事をあげ、以下、19.51%の回答者が社会からの協力を得られていない事、13.24%の回答者が地元住民からの協力を得られていない事、12.89%の回答者が政府側の政策が不適切であること、8.36%の回答者が分離主義組織側が国外から資金援助を受けている事、6.97%の回答者が関係当局間の不協和音、5.23%の回答者が不十分な予算割り当てをあげた。

 また、南部情勢関連報道の効果に関しては、50.25%の回答者が多少の効果がある、24.38%の回答者が多大な効果がある、21.89%の回答者がどちらとも言えない、3.48%の回答者が全く効果がないと回答し、更に報道が果たすべき役割に関しては、30.18%の回答者が政府系メディアが国民からの意見を聴取する機会を設けるべき、25.23%の回答者がより正確な報道を提供するべきと回答した。

posted by Jean T. at 00:03| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬パーティを摘発、スポーツキャスター等5人を逮捕

 各メディアの報道によると、警察は5日4:00過ぎ、バンコクのワントーンラン区ソーイ・ラートプラーオ93内にある民家内で開催されていた麻薬パーティーを摘発し、男3人及び女2人を逮捕し、ヤーイー錠8錠、粉末ヤーイー2袋、ヤー・アイス1グラム等を押収した。

 逮捕された者の内の1人は、True Vision系のニュースチャンネルTNNのスポーツキャスター兼編集者としても知られるポンプローム・ヂュラックタッパ容疑者(38)で、同容疑者は取り調べに対して、麻薬を使用したのは2-3回だけで麻薬中毒者ではない。麻薬を使用したのは出場停止処分にするべき麻薬を常用しているスポーツ選手に関する情報を集めるためだったと主張しているという。

 尚、同容疑者は35万バーツの保釈金で同日中に保釈されている。

posted by Jean T. at 00:02| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラヂュアップで投石2人組が被害者等に取り押さえられる、チャチュンでやパトゥムでも投石

 コム・チャット・ルゥク紙(オンライン)によると、5日1:30頃プラチュアップキーリーカン県グイブリー郡内の路上で通行するバイクに向けガラス瓶や石を投げつけていた若者2人組が被害に遭ったドライバーや通りがかりの住民等により取り押さえられ警察に突き出された。

 2人組を内の1人は取り押さえられた際に頭部等に負傷を負い病院に搬送された。

 弟と一緒にバイクで走行中に被害にあった森林局職員の男性によると、総出で取り押さようとした際に2人組が刃物を取り出して抵抗してきたという。

 警察によると、2人組は近くの現場で働く建設作業員で、取り調べに対して刃物で脅して遊ぶ為の金を強奪する目的でバイクに向けて投石をしたが、運悪く命中したバイクが2人乗りで、しかも相手側が通りがかりのドライバー等と共に総出で捕捉に動いたために取り押さえられてしまった。このような犯行に及んだのは今回が初めてであると供述しているという。

 また、同じくコム・チャット・ルゥク紙によると、5日4:30頃チャチュンサオ県県都内で通行する車両や路上脇にある商店、電話ボックスに向けて投石を繰り返した容疑で19歳の男が逮捕されている。

 パブに演奏しているバンドボーイだという男は取り調べに対して、仕事後に友人等と酒を飲み終えて帰宅する際に、代わりにバイクを運転してもらう為に携帯電話で家人を呼び出そうとしたが、残高不足で途中で通話が切れてしまい、更に電話ボックスから電話をしようとしたら故障の為に使用できなかった為キレてしまい犯行に及んでしまったと供述しているという。

 一方、INNによると、警察当局は5日、同日0:00頃にパトゥムターニー県ラートルムゲーオ郡内の路上でワンボックスカーを運転中だった運送会社の経営者男性が投石により負傷を負った事件に絡んで若者3人に対して事情聴取を行っている事を明らかにした。

 警察によると3人は何れも犯行への関与を否定しており、また被害にあった男性が運転していた車の車内等から投石に使用された石等の破片が発見されていないこと、また、当時事件発生現場の路上がぬかるんでいたことから、スリップによる自損事故の可能性もあると見て、引き続き投石による事件との両面で捜査を行っているという。

posted by Jean T. at 00:01| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。