2009年09月13日

首相、クーデター前の情勢への逆戻りを欲しているグループが存在

 アピシット首相は13日、クーデターが発生した2006年9月19日前の情勢に戻すことを狙っているグループが存在している事を明らかにした。

 この発言は、先にタクシン元首相の従兄で元国軍最高司令官のチャイヤシット・チンナワット大将が、国内正常化に繋がり国家に改革をもたらすものであればクーデターを支持する事が出来る。タクシン元首相は恩赦誓願によりもたらされる奇跡に強い期待を寄せていると発言した事について聞かれた際に明らかにしたもので、アピシット首相はチャイヤシット大将が現在の様な情勢下で何故この様な不用意な発言をしたのか疑問に感じるとした上で、国内をクーデター前の情勢に戻すことを画策しているグループが存在している事を明らかにした。

 また、反独裁民主主義同盟が19日に大規模集会及びデモ行進を計画している事に関しては、集会参加者の大多数が情勢激化を望んでいない事から集会やデモ行進自体が過激化するような事は無いとの見通しを示すと共に、最も懸念されているのが集会に乗じた第三者による情勢扇動行為であると指摘した上で、前日にターニー国家警察本部長代行に対して第三者の動きへの最大限の警戒を要請した事を明らかにした。

posted by Jean T. at 17:15| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党、騒乱に乗じた政治官僚によるクーデターに警戒せよ

 プゥア・タイ党のプロームポン報道官は13日、政府に対して国内治安法適用を契機とした情勢激化に乗じた政治官僚によるクーデターに警戒するべきであると指摘した。

 プロームポン報道官は、反独裁民主主義同盟が大規模集会・デモ行進を計画している19日にあわせて国内治安法が適用される事により、国民の不満を煽りソンクラーン期間中と同様な騒乱状態に陥り、更に第三者による情勢扇動に乗じて政治官僚が、タクシン元首相が政権の座から追われたのと同様にアピシット首相の外遊中に実権掌握に動く恐れがあると指摘した。

 その上で、プロームパン報道官は、この様な不穏な動きを防ぐためにも次期国家警察本部長の指名人事が双方一致を原則においた全国20万人以上の警察官が満足できる形で行われる事が重要であると指摘した。

posted by Jean T. at 16:49| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワラット内相、次期国家警察本部長としてヂュムポン副本部長の再支持を示唆

 チャワラット内務大臣は12日、ヂュムポン国家警察副本部長を再度次期国家警察本部長として支持する可能性を強く示唆した。

 この発言は、先にアピシット首相が国連総会出席の為にアメリカを訪問する前の18日に次期国家警察本部長を指名する為に国家警察人事検討委員会を招集する意向を明らかにした事を受けたもので、チャワラット内務大臣は具体的な名前はあげなかったが、あらためてステープ副首相やニポン首相付秘書官長が推す人物を次期国家警察本部長として支持すると発言し、言外にヂュムポン副本部長支持を示唆した。

posted by Jean T. at 16:33| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッサージ店で未成年者を含む11人のラオス人女性を保護 - 3人を人身売買容疑で逮捕

 カーオソット紙(オンライン)によると、12日警察当局はペーチャブリー県県都内にあるマッサージ店内で未成年者4人を含むラオス人女性11人を保護し、店の経営者男女及び応対係の女の3人を人身売買の容疑で逮捕した。

 この逮捕は、マッサージ店内で未成年のラオス人少女が売春を強要されているとの通報により実現したもので、摘発の際に店内から現金や大量のコンドーム等が押収されている。

 人身売買容疑で逮捕された3人は取り調べに対して、保護された11人は口コミで店に応募し自分の意志で売春をしており、こちらから強要する様な事は一切無かった。客に対してショートで500バーツ、オールナイトで1,000バーツで売春を斡旋し、内の30%が女性達の取り分だったと供述しているという。

posted by Jean T. at 16:11| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーで英国人男性が強盗被害

 デイリーニュース紙(オンライン)によると、13日未明チョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムン郡内の幹線上で、イギリス人男性が若者グループに暴行を振るわれた上で現金等を強奪されるという事件が発生した。

 男性と同行していた24歳のウドンターニー県出身のタイ人妻によると、ウォーキングストリートのパブから出てバイクの2人乗りで自宅に向かっている最中に道路の真ん中で殴り合いの喧嘩をしている若者3-4人のグループに出くわした為、男性がバイクのスピードを落としたところ、相手側が自分達の方に向かっていると勘違いし、男性に暴行を振るった上で2,000バーツの現金や携帯電話を強奪し逃走していったという。

posted by Jean T. at 15:57| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクで路線バスに向けた投石、負傷者は無し

 各報道によると、13日1:00頃バンコクのパヤータイ交差点近くの路上で、何者かが34番路線バスに向け石や約5Kg重量のコンクリート片を投げつけ、バスの乗降口付近のガラス等に損壊をもたらしたが、幸い車内にいた約25人の乗員乗客には被害は無かった。

 運転手によると、酒に酔っていたと見られる約20歳位の男が反対側の歩道から道路を渡ってバスの後方乗降口近くに近づいてきたため、てっきりバスに乗るために近づいたと思い乗降口のドアをあけたところ、男は突然「おまえは何でドアを開けたんだ」と叫ぶなり石を拾って座席脇のガラスに向けて投げつけてきたという。

 車掌によると、男は投石を終えた後に近くにいた4-5人の友人と共にソーイ・ペッブリー5内に逃げていったという。。

 警察側は、緊急配備を敷いて逃げ込んだソーイ・ペッブリー5内で男の行方を追うと共に似顔絵を作成し男の逮捕に結びつく情報の提供を呼びかける方針である事を明らかにした。

報道映像
http://www.thaipbs.or.th/clip/index.asp?content_id=212821&content_category_id=688

posted by Jean T. at 13:41| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。