2009年09月14日

エアポートリンク、10月1日から一般客を招待し試乗運転を開始

 タイ国鉄のユッタナー総裁は14日、10月1日からマッカサン駅とスワンナプーム国際空港とを繋ぐエアポートリンク線の一般客を招待した試乗運転を開始する方針である事を明らかにした。

 試乗運転は週最低一回、一編成に付き300人の一般客を招待し11月4日迄行われる予定で、無料で配布される試乗用の乗車券はタイ国鉄及びマッカサン駅で希望者に配布される予定になっている。

 また、11月4日以降は12月5日の開業運転に向けた一般客を招待した本格的な試乗運転を別途計画しているという。

 ユッタナー総裁によると、エアポートリンクの工事は99%以上完了しており、12月5日の正式開業が確実な状況にあるという。

posted by Jean T. at 20:26| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相の従兄、クーデター鼓舞との指摘を否定

 タクシン元首相の従兄のチャイヤシット元国軍司令官は14日、自らがクーデターを鼓舞ないしは催促したとの指摘を否定した上で、先のクーデター支持発言は国家改革の為の一つの意見でしか無かった事を強調した。

 発言の中でチャイヤシット元司令官は、先の発言はアピシット政権打倒の為のクーデターを鼓舞したものでは無く、またクーデターを支持しない立場としてクーデターを鼓舞する為に影響力を行使した事も無いとした上で、先の発言は現在の危機的な状況にある国内情勢を解決できるのは恩赦誓願を行ったタクシン元首相に対する奇蹟ないしは国家に変革をもたらすクーデターの2つしかないとの意見を表明したものに過ぎなかったとした。

 また、チャイヤシット元司令官は、タクシン元首相と国外で面会した際に、クーデター3周年目となる19日に計画されている反独裁民主主義同盟の集会・デモ行進については一切言及が無く、経済対策関連の話で終始していた事を明らかにした。

posted by Jean T. at 13:58| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、プラウィハーン遺跡周辺の領土を失っていない - 引き続き平和的手段で解決

 アピシット首相は13日放送された定例政見放送の中で、タイはカオプラウィハーン遺跡周辺の国境紛争問題に絡んで一寸たりとも領土を失っていない事を確認すると共に引き続き平和的な方法で国境問題の解決に努めていく考えである事を明らかにした。

 発言の中でアピシット首相は、タイの主権に影響を与えるような行動を取る考えは無く、また領土を失う事が無いように国家利権の保護に努めていく考えであるとした上で、今一番起きて欲しくないものは武力衝突を引き起こし、結果として両国に対して損害をもたらす誤解であると語った。

 また、アピシット首相は、タイ・カンボジア両国がカオプラウィハーン遺跡の世界遺跡登録を支持するとする共同声明がテート・ブンナーク元外務大臣(サマック政権)の時代に既に破棄されている事を確認した。

posted by Jean T. at 10:52| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンジャー部隊員を狙った銃撃で5人が死亡、ヤッラーで

 13日19:30前、ヤッラー県県都内のモスク付近で10人以上と見られる一味とレンジャー部隊員との間で数分間に渡る銃撃戦が発生し、レンジャー部隊員5人が死亡し、部隊員が所持していたライフル2挺が強奪された。

 死亡した5人は何れもボランティア部隊員で、モスクでの礼拝を終え駐留地に帰隊する途上で、付近に潜んでいた10人以上と見られる一味に銃撃されたのをきっかけに銃撃戦となった。死亡した5人の隊員の内3人は仏教徒で、イスラム教徒の2人の隊員がモスクで礼拝していた際には、モスク周辺の警戒作業に当たっていたという。

 尚、初期報道段階ではレンジャー部隊の駐留地に向けた銃乱射で5人が死亡したと報じるものもあった。

 また、同県ターントー郡内では13日朝、ゴム園内で作業中だった38歳の男性が何者かに銃撃され重傷を負った。

 更に、同県べートン郡内では12日未明、全身に火を放たれた19歳のイスラム教徒の男性の遺体がゴム園内で発見された。別の場所で殺害された上でゴム園内で火を放たれたと見られている。

 一方、ナラーティワート県インゴー郡内では12日16:30過ぎ、小型トラックに乗った約6人と見られる一味が、路上脇の休憩用サーラー内で談笑中だった住民5人に向け銃を乱射し、何れもイスラム教徒の住民1人が死亡し、3人が負傷を負った。

 また、パッターニー県ヤッラン郡内では13日朝、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性が何者かに銃撃され重傷を負った。男性は当局の情報要員で、情報収集作業の為にバイクで移動中だったと見られている。

 同県ヤッリン郡内では12日夜半、バイクの2人乗りで路上を走行中だった何れもイスラム教徒の30歳と28歳の副村長が、何者かに銃撃され1人が死亡し1人が負傷を負った。

posted by Jean T. at 10:47| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。