2009年09月17日

カンボジア、19日の連合集会に備え国境線の戦力を強化

 カンボジアの防衛省報道官は17日、カオプラウィハーン遺跡周辺の国境紛争地からのカンボジア軍・住民の撤退を要求する為に19日に民主主義市民連合が集会を計画している事に備え、カンボジア政府が機動警察隊の同遺跡周辺への配備を指示した事を明らかにした。

 50人以上の機動警察隊が配備される見通しで、また国境線の越境行為に対しては、その行為が流血の事態の発生を意図するものでは無かったとしても自国の領土を守る為に必要な措置を行使するとしている。

posted by Jean T. at 18:21| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マートゥプーム党、ソンティ元評議会議長に党首への就任を再要請

 イスラム教議員会派のワーダ会派や元プゥア・ペーンディン党ワッタナー会派系議員が中心になって結党が進められているマートゥプーム党は17日、先に政界に進出する意向を表明した元国家安全保障評議会議長のソンティ・ブンヤラッガリン大将に対して再度党首への就任を要請する方針である事を明らかにした。

 先に同党は、ソンティ大将が党最高顧問への就任を快諾したと発表していたが、ソンティ大将側は同党のセミナーに参加する事はあっても、最高顧問への就任に関しては事実関係の確認を避けていた。

 マトゥプーム党最高顧問のマン・パタノータイ氏(元副首相兼情報通信技術大臣)は、これまでにソンティ大将から好感触を得られている事を明らかにした上で、ラマダン明け後に正式にソンティ大将に対して党首への就任を要請する方針である事を明らかにした。

 また、クーデターの首謀者であるソンティ氏の党首就任により党イメージが傷つけられると指摘されている事に関しては、批判は普通に起こることで特に気にかけていないとした。

 マン氏によると、ソンティ大将とは別に元首相のチャワリット・ヨンヂャイユット大将に対して党最高顧問への就任を要請する考えもあるという。

posted by Jean T. at 16:21| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイの災害対策当局、県内24郡に対して大雨に対する警戒を呼びかける

 チェンマイ県の災害対策当局は17日午前、県内の一部地域で100ミリを超える雨量を記録した事を受け、県内24郡に対して大雨に警戒するよう呼びかけた。

 同県内では既にチェンダーオ、ドーイサケット、メーオーン郡内で前夜から100ミリを超える雨量を記録しており、特にメーオーン郡のメーター村では、まだ被害は確認されていないものの山間部から住民の田畑に流れる水量が増加しつつあり、またチェンダーオ、ドーイサケットの両郡でも警戒水位に近づきつつある状況にあるという。

posted by Jean T. at 13:56| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚職取締委、バンコク国際映画祭絡みの収賄に元総裁以外に3-4人が関与

 汚職防止取締委員会のメーティー委員は16日、バンコク国際映画祭の運営権を巡る収賄疑惑に絡んで、これまでの調査で疑惑が持たれているヂュターマート元タイ政府観光庁総裁以外に3-4人が収賄に関与していた疑惑が浮上している事を明らかにした。

 先にメーティー氏は、ヂュターマート元総裁以外に総裁代行クラスの人物の収賄への関与疑惑が浮上している事を明らかにしていた。

 また、メーティー氏は、映画祭の運営権を得たアメリカ人夫婦からシンガポールやスペイン、スイス、ジャージー島(チャンネル諸島)を経由してヂュターマート元総裁の親族や友人名義の口座宛に一回につき1万ドルの送金が50回以上に渡って行われていた事を明らかにした。

参考
http://twitter.com/Jean_bkk/status/4025414938

posted by Jean T. at 11:09| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、カオプラウィハーン問題を放置した歴代政権を職務怠慢で告発

 民主主義市民連合傘下の国民の自由権保護グループ書記長のウィーラ・ソムクワームヂット氏は16日、カンボジアの軍や住民がカオプラウィハーン遺跡周辺のタイ領土を不当に占拠しているにも関わらず、何ら実効のある対応を取らなかったとして、1998年のチャワリット政権時代から現政権時代迄の第二国軍本部、陸軍司令官及び政府に職務遂行義務違反があったとして、国家汚職防止委員会に対して調査を要求した。

 ウィーラ氏は、1962年の国際司法裁判所の判決により決定されたカオプラウィハーン遺跡周辺の国境線により問題の4.6平方キロの土地がタイの主権が及ぶ領土であるのが明確になっていると指摘した上で、1998年8月1日から問題の土地にカンボジアの住民がカンボジアの国旗を掲揚すると共に店舗の建設を始め、更にカンボジア軍が駐留を開始したにも関わらず、タイの主権を守るべき軍や政府側が何ら実効のある対応を講じなかったことが職務遂行義務違反に該当すると指摘した。

posted by Jean T. at 00:07| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察本部長の指名すら出来ない首相はリーダーとして失格、民主党議員が指摘

 民主党所属比例代表区選出下院議員のウィナイ・ソムポン少佐は16日、次期国家警察本部長の指名を主導できないアピシット首相は既にリーダーシップを失ってしまっているとの認識を示した。

 この発言は、記者団から16日午後に予定されていた次期国家警察本部長指名の為の投票が先延ばしになった事を聞かされた際に語られたもので、ウィナイ氏は当惑気味な表情で一言「スンシヤ・リーダーシップ(リーダーシップを失った)」と語りその場を立ち去っていった。

posted by Jean T. at 00:05| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラーで爆破・銃撃戦により教師警護班3人が負傷、パッターニーでは銃撃戦で一味1人が死亡

 16日14:00過ぎ、ヤッラー県ラーマン郡内で、人数不明の一味が軍の教師警護班の車列の通過にあわせて爆発物を爆発させると共に軍関係者に向け銃を乱射し、数分間に渡り銃撃戦を展開した後に逃走し、この爆破、銃撃戦により軍関係者3人が負傷を負った。

 また、同県バンナンサター郡内では16日夕方、児童送迎車の警護に向かう為にバイクで路上を走行中だった、何れも仏教徒の村自警組織に所属する46歳と27歳の住民男性2人が、路上脇に潜んでいた何者かに銃撃され負傷を負った。

 一方、ナラーティワート県ルゥーソ郡内では15日21:00過ぎ、茶店での飲食を終え徒歩で帰宅の途上にあった地元行政機構評議会議員の男性(42)が、自宅前付近で何者かに銃撃され重傷を負った。

 更に、同郡内では15日24:00前、バイクで路上を走行中だった38歳の村長が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 同県県都内では16日14:00過ぎ、軍の教師警護班の車列の通過にあわせて爆発物が爆発したが、幸い人的な被害は無かった。

 また、同県バーヂョ郡内では16日夕方過ぎ、バイクで路上を走行中だった郡警察署所属の警察官(34)が、何者かに銃撃され死亡した。

 パッターニー県県都内では16日18:00前、民家内に3-4人の不審な若者グループが居るのを発見した軍関係者が民家の家宅捜索に乗り出そうとしたところで、民家内にいた若者グループが銃を発砲してきたのをきっかけに約20分間に渡る銃撃戦が展開され、この銃撃戦により屋内にいた男1人が死亡し、軍関係者1人が負傷を負った。民家内に残っていた一味はバイクを盗み逃走した。

 また、同県県都内では15日午後、情報要員と接触する為にバイクで移動中だった軍関係者(49)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

posted by Jean T. at 00:03| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。