2009年09月21日

ゴム苗汚職裁判、ネーウィン氏等44人の被告に無罪の判決

 最高裁判所政治家刑事部は21日午後、ゴム苗調達汚職疑惑で起訴されたネーウィン・チットチョープ氏やソムキット・ヂャートゥシピタック氏等タクシン政権時代の閣僚や官僚、民間企業関係者44人の被告に対して無罪の判決を下した。

 この裁判はクーデター政権時代に旧政権時代の不正案件洗い出しの為に設立された国家毀損行為調査特別委員会(資産調査特別委員会)が提訴していたもので、裁判所側は入札手続きや予算の用途等に一切の不正が認められないと判断し全被告に対して無罪の判決を下した。

posted by Jean T. at 19:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治安法適用によるバンコク住民への心理的影響は限定的 - ABAC調査

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールがバンコク内の1,687世帯を対象に行った満足度調査で、19日に行われた反独裁民主主義同盟の集会に対して10点満点中6.54点の評価が下され、更に同集会の終了宣言により幸福量が、8月度に行われた全国対象調査時点の幸福量7.18点を超える7.61点に迄一気にあがっていた事が明らかになった。

 また、当局側がドゥシット区に対して適用された国内治安法に則り任務を遂行した事に対する満足度が集会に対する満足度6.54点を僅かに上回る6.86点と、国内治安法の適用がバンコク住民に対して大きな心理的影響をもたらしていなかった事を物語る結果になった。

posted by Jean T. at 16:59| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ党、シノ・タイへの利益供与疑惑で首相、内相を汚職取締委に告発

 プゥア・タイ党のプロームポン報道官は21日午前、エアポートリンク等の建設工事等に絡んでアピシット首相及びチャワラット内務大臣が同内務大臣一族系のシノ・タイ社に対して利益を供与した疑惑に関する調査及び法的措置を国家反汚職防止取締委員会に対して要求した。

 今回の要求に関してプロームポン報道官側は、アピシット首相は、閣僚が関係する特定企業に対してエアポーロリンクの建設工事発注を決定した閣議決定に対して法的責任を追う立場にあり、また、チャワラット内務大臣は、閣僚が政府受注関連事業の株式を所有する事を禁じた憲法に違反していると指摘した。

posted by Jean T. at 16:35| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国王が高熱、疲労を訴え入院

 王室は20日、国王が高熱や疲労、食欲不振を訴えシリラート病院に入院された事を明らかにした。

 この発表に先立ちタクシン元首相は同日昼頃にTwitter上に掲載されたメッセージの中で国王がシリラート病院に入院したとの情報を得ている事を明らかにした上で、早期の回復を祈ると共に閲覧者に対しても同様に早期の回復を祈るよう呼びかけるメッセージを掲載していた。

 また、21日1:00頃のフライトでアメリカに向かう予定になっているアピシット首相も見舞いの為に病院を訪問した。

posted by Jean T. at 00:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。