2009年09月22日

タクシン元首相の元夫人、自分は既に過去の人

 タクシン元首相の元夫人であるポヂャマーン・ダーマーポン女史は22日、タクシン元首相について聞かれた際に、既に自分は過去の人であると語り取材を拒否した。

 この発言はポヂャマーン女史は入院中の国王への見舞い記帳の為にシリラート病院を訪れた際に語られたもので、予てから滅多にマスコミのインタビューを受けない事でも知られていた同女史は、自分はこれまでにマスコミのインタビューに応じたことが無く、また既に自分は過去の人であると語りタクシン元首相に関するマスコミからの取材をかわした。

 尚、ネーション系の英語報道が、ポヂャマーン女史が全てが過去の事と語り、あたかもタクシン元首相も含めて全てが過去の話であるかのように語ったという報じ方をしているが、同系のタイ語報道を含めた各タイ語報道ではそのような言質を含めた同女史の発言は確認できない。

posted by Jean T. at 13:40| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。