2009年09月27日

逃走する麻薬密売犯に向け発砲した銃弾が飲食中の女性に命中、パッタヤーで

 各報道によると、27日0:00過ぎチョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムン郡内で、逃走中の麻薬密売犯をバイクで負っていた警察官が発砲した銃弾が標的を外し路上脇の飲食店で飲食中だった23歳のタイ人女性に命中し負傷を負わせるという事件が発生した。

 銃弾を発砲した警察官は、銃弾が命中した女性を無視してそのまま逃走犯追跡の為に現場を離れていた。また事件発生直後の段階では警察側からは事件の確認や報告は一切無く、被害にあった女性の証言や目撃者の証言で初めて事件が明るみになるという状況だった。

 現場付近にいた住民の証言によると、囮捜査中だった警察官2人がバイクで逃走した麻薬密売犯の若い男をバイクで追っていた際に発砲した銃弾5発の内の1発が女性に命中した。

 警察側は、被害にあった女性に対して再度事情聴取を行うと共に麻薬捜査班から事実関係を確認した上で今後の対応を決めていきたいとした。

posted by Jean T. at 15:49| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スラーッターニー県内3箇所で連続して走行中の車両を狙った投石

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、16日午後スラーッターニー県ターチャーン郡内の幹線上で、バンコクからナコン・シー・タンマラート県に向かっていた農業・協同組合省職員5人を乗せたワンボックスカーが、反対車線からやってきた小型トラックの後部荷台に乗っていたグループにパチンコで投石され、乗車していた女性職員1人が負傷を負うという事件が発生した。

 また、ほぼ同時刻に同県チャイヤー郡内で、走行中のサムイ島病院所属のワンボックスカーに向けた投石が、更にターチャナ郡内でも、走行中の小型トラックに向けた投石が発生したが、幸いフロントガラス部分が被害を受けただけで人的被害は免れた。

posted by Jean T. at 15:26| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

48歳女性、タクシー運転手に薬を嗅がされ強姦されそうになったと訴える

 各報道によると、26日、バンコクのアソーク地区で飲食店を経営する48歳の女性が首都圏警察本部マッカサン署を訪れ、同日未明にタクシー運転手に薬物を嗅がされた上で性的暴行を受けそうになったと訴え出た。

 女性によると、26日2:30頃に友人等との宴会を終え帰宅の為にタクシーに乗っていたところ、道中で意識が朦朧となり、気がついたら30歳から35歳のタクシー運転手が自分を車外から引きずり出してラブホテルの室内に連れ込もうとしている最中だった為、驚いて大急ぎで逃げ出してきたという。

 また、女性によると、宴会では殆ど酒を飲んでいなかった為、タクシー車内で何らかの薬物を嗅がされた疑いが濃いという。

 警察側は、女性がタクシーを拾った路上前にある飲食店周辺に監視カメラが無いか調べると共に、犯人を特定する為に事件の発生状況に関して詳細に渡って検分を行うとした。

posted by Jean T. at 13:29| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(更新)英国人語学教師がタクシー運転手から強姦被害、サムイ島で

 マティチョン紙(オンライン)によると、26日昼過ぎ、イギリス人の女性英語教師がスラーッターニー県サムイ島内の警察署を訪れ、タクシー運転手に性的暴行を受けた上で現金が入った財布を強奪されたと訴えた。

 女性によるとビーチで飲食を終え、酔っていた為に26日2:00頃にタクシーをつかまえてラマイ・ビーチ方面にある自宅に向かっていた際に、タクシーが自宅前を通り過ぎたため抗議したところ、運転手はそれを無視して自宅先の人気の無い通りに入り民家裏に車を駐車させた上で無理矢理自分を外に引きずり出し民家内に連れ込み暴行を加えた上で性的暴行を加えてきたという。その後、小型トラックで乗り付けてきた男が合流し、自分が所持していた約1,000バーツが入っていた財布を強奪した上で、男の小型トラックで自宅近くのラマイ・ビーチ前に連れてこられ、そこで車から降ろされたという。

 警察側は、観光イメージを傷つける見過ごすことが出来ない重大な事件であるとして、当時酒に酔っていた為に事件発生地点やタクシーが通行した道路等に関する記憶が曖昧な女性に対して再度詳細に渡って事情聴取を行うと共に捜査員を派遣し犯人の手がかりに結びつく証拠の収集を行った結果、警察は27日未明までにタクシー運転手を特定し逮捕した。

 プーヂャッカーン紙(オンライン)及びINNの報道によると、運転手は警察の取り調べに対して容疑を否認しているが、警察側は被害にあった女性が運転手の顔を覚えており、また容疑を立件するに足る証拠が揃っているとして同日中に裁判所に対して拘置申請を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 12:29| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー賭博で負った借金返済の為に他人の口座から現金を振り替えた元銀行員を逮捕

 各メディアの報道によると、警察は26日、他人の口座から5,600万バーツ以上の現金を不当に第三者の口座に振り替えた容疑で、元タイ・パーニット(Siam Commercial)銀行ナワミン通り支店従業員の35歳の男をセントラル・ラートプラーオ店内で逮捕した。

 逮捕された男は、銀行支店の上級職員だった2007年12月末頃に、顧客6人の署名を偽造して18回に渡り合計56,755,401.57バーツの現金を他人の口座に振り替えたとされ、男は警察の取り調べに対して、サッカー賭博により複数の胴元に対して負った数百万バーツの借金を返済する為に、一人あたり2,000バーツから3,000バーツで名義を借りて他人名義で6つの口座を開設した上で顧客の署名を偽造して現金の振り替えを行ったと供述しているという。

posted by Jean T. at 11:56| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工場付き看護士強姦殺害容疑で同じ工場の従業員を逮捕

 デーリーニュース紙(オンライン)によると、26日、チョンブリー県シーラーチャー郡内にある工場の宿舎内で工場付き看護士の女性(33)を殺害した同じ工場に勤務する25歳の男が従業員に取り押さえられ警察に突き出された。

 工場の品質管理部門で働くという男は警察の取り調べに対して、痛み止めの薬を貰いに行くふりをして被害者の部屋に入り、機会を窺って性的暴行を加えようとしたが、被害者が叫んだ為殺害してしまった。殺害後に部屋の中にある金目の物を物色中に物音に気づいた従業員に取り押さえられてしまったと供述しているという。

 警察によると、男は事件前に麻薬を使用していたという。

posted by Jean T. at 11:40| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。