2009年09月30日

(訂正)最高裁、新型宝くじ導入を違法と判断し3閣僚・官僚に執行猶予付きの刑

 最高裁判所政治家刑事案件部は30日、タクシン政権時代に導入された2桁、3桁の数字を当てる新型宝くじの発行が1974年制定の政府宝くじ局法及び刑法に違反していると判断すると共に、その新宝くじの発行による収益の一部を社会に還元した行為に関しても政府宝くじ局法及び政府準備金法に違反していると判断し、当時の副財務大臣だったワラーテープ・ラタナーゴン氏等3人に対して2年間の執行猶予付きの2年の禁固刑を命じる判決を下した。

 有罪と判断され執行猶予付きの2年間の禁固刑が下されたのはワラテープ氏の他に当時政府宝くじ委員会委員長だった元財務省次官のソムヂャイヌック・エーントラグーン氏と元政府宝くじ局総裁のチャイヤワット・パソックパクディー氏の3名で、裁判所は禁固刑の他にワラテープ氏とソムヂャイヌック氏に対しては2万バーツ、チャイヤワット氏に対しては1万バーツの罰金の支払いを命じている。

 尚、金利を含めて総額36,961,827,861.91バーツに上る損害の賠償は免れた。

 また、国外逃亡中で分離審理となっているタクシン元首相を除く残りの43被告に対しては無罪の判決が下されている。

 問題となった新宝くじは、タクシン政権が取り組む闇経済・大物殲滅政策の一環として、闇経済の主要な資金源となっていた闇宝くじの撲滅を目指して導入されたもので、必要な関連法の改正を初めとした法整備を行わずに閣議決定だけで導入が決定された事が職権違反に該当するとしてクーデター政権時代に組織された国家毀損行為調査特別委員会が最高裁判所に提訴していた。

 被告は、タクシン元首相やチャワリット元副首相を初めとする導入を決定した閣議に参加した当時の閣僚30人及び当時の財務省、内務省関係の高官17人の47人で、判決公判を欠席した元財務大臣のスチャート・チャオウィシット大尉、元商務大臣のアディサイ・ポータラミック氏、元財務省次官だったソムヂャイヌック・エーントラグーン氏、元政府宝くじ局総裁だったスラシット・ランカポン警察少将の4人に対して逮捕状の発行が決定されている。

* 16:00過ぎ時点に各社が配信した速報では、最高裁判所が当時の閣僚メンバーを含む47人の被告に対して総額36,961,827,861.91バーツの損害の賠償を命じる判決を下したと報じられていました。

posted by Jean T. at 22:24| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(更新)太平洋津波警報センター、タイを含む4カ国に津波警報を発令 - その後解除

 太平洋津波警報センターは30日、インドネシアのスマトラ島沖合でマグニチュード7.9の地震が発生した事を受けタイ、インドネシア、インド及びマレーシアに対して津波警報を発令した。

 地震の揺れはインドネシアの首都のジャカルタやシンガポール、マレーシアの高層階でも感じることが出来、また震源地に近いスマトラ島のパダンでは橋や家屋の倒壊や火災の発生が確認されている。

--------------------

 その後の報道によると、太平洋津波警報センターは津波の発生が確認されなかったとして警報を解除した
posted by Jean T. at 20:07| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国王、チェンマイの赤服リーダーの労裁陪席判事の職を解く指示書に署名

 国王は30日、チェンマイ県内最大の赤服軍団ラック・チェンマイ51を率いている、ワローロット・グランド・パレス・ホテルを経営するペーチャラワット・ワタナポンシリグン氏を第5地区労働裁判所陪席判事の職から解く指示書に署名した。

 これは、労働裁判所の陪席判事として法令に違反する不適切行為があったとして司法裁判所判事委員会がペーチャラワット氏の解職を決定した事を受けたもので、かねてから赤服軍団のリーダーとしてチェンマイ県やランパーン県内で過激な活動を展開し逮捕状が発行されていたペーチャラワット氏の解職を要求する書状が同委員会に寄せられていたという。

posted by Jean T. at 17:23| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法裁判所前で爆発物状の物が回収

 30日昼過ぎ、憲法裁判所前でPVC管を使用した爆発物状の物が発見され回収処理が行われた。

 同日14:30過ぎ現在、回収されたPVC管の内容物については確認されていない。

 また、高圧水を使用した回収処理作業中に発生した大音響に驚いた周囲にいた通行人が逃げ惑う場面も見られた。

 憲法裁判所の法廷関連の部門は既に他の場所に移転しており、不審物が発見された当時はビル内には約10人の研修所職員がいるだけだった。

 同裁判所では、反独裁民主主義同盟のソンクラーン期間中の大規模行動直前の4月13日未明にM79が撃ち込まれ警備員が負傷を負うという事件が発生していた。

posted by Jean T. at 17:09| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トームの女性が路上で銃殺、ナコンパトムで

 ネーション系のタイ語速報及びINNによると、29日夜半バンコク隣県のナコンパトム県ナコンチャイシー郡内の路上で18歳の女性が何者かに射殺されるという事件が発生した。

 女性の養父(35)によると、死亡した女性はトーム・ボーイで、現場となった場所付近で逢瀬を繰り返し、また時には自宅にも泊めるていたイートという同性愛相手の女性と付き合っていたという。

 警察側は、殺害された女性に新しい同性愛相手の女性が出来たことが事件の背景にある可能性も含めて捜査を展開しているとした。

posted by Jean T. at 13:37| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全盲女性強姦妊娠事件、実兄とその同性愛相手の男を逮捕

 カーオソット紙(オンライン)によると、重度身体障害者の女性(18)が何者かに性的な暴行を受け妊娠させらた事件に絡んでサラッブリー県の警察当局は29日、被害にあった女性の実兄である24歳の男及びその同性愛の相手である32歳の男を性的暴行容疑で逮捕した事を明らかにした。

 逮捕された2人は、携帯電話のビデオ撮影機能を使用して女性に対して性的な暴行を加えている模様を撮影するという鬼畜ぶりで、そのビデオが保存れている事を知らずに携帯電話を2,000バーツで譲り受けた叔父が、ビデオを発見し警察に通報した事により今回の逮捕と相成った。

 調べによると、今年2月に2人がアユッタヤー県内の市場で購入した性欲昂進剤を服用したことにより性欲をかき立てられ被害者に性的な暴行を加え、更にその後に男2人同士で再度性的な関係を持ったという。

参考
全盲の女性が性的暴行を受け妊娠8ヶ月、見かねた住民からの通報で明るみに

posted by Jean T. at 13:11| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッブリー中心部で連続爆破、警察補助要員の女性1人が重傷

 30日10:00過ぎまでに確認できた各報道によると、同日未明ロッブリー県県都内中心部にあるパトロール警察通信指令本部前に仕掛けられていた爆発物2発が連続して爆発し、女性1人が重傷を負った。

 報道によると、30日1:30過ぎに最初の爆発が発生し、警察が現場検証に乗り出した約20分後に最初の爆発発生地点から数メートル離れていた地点で2発目の爆発が発生した。

 重傷を負った女性(29)は、警察の補助要員で最初の爆発が発生した地点の写真を撮影中に2発目の爆発の直撃を受けた。

 使用された爆発物は何れも携帯電話ないしはリモートコントロール装置を使用した遠隔起爆式のTNTが使用されたものと見られ、最初の爆発により警察官を現場におびき寄せた上で、警察官に危害を加える目的で2発目の爆発物を起爆したものと見られている。

 警察は、爆発物に詳しい人物が犯行に関与していると見て、当局間の対立ないしは警察に対して恨みを持つ者の犯行の線を含めて捜査を開始したとしている。

 ネーション系のタイ語速報によると、25日夜半にパトロール警察隊とロッブリー県内の基地に所属する軍関係者との間で飲酒運転の摘発を巡った一悶着があったとの情報や、向こう3ヶ月以内に何らかの過激な動きがあるとの警戒を呼びかける情報が当局間に流れていたとの情報があるという。

posted by Jean T. at 12:36| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合系TVへの政府支援の背景に顔立ちの良い人物が絡むスキャンダル、赤服系議員が指摘

 反独裁民主主義同盟幹部でプゥア・タイ党所属下院議員のヂャトゥポン・プロームパン氏は29日、ASTV系英語放送局TANに対して3億バーツが政府予算から提供されていた疑惑の背景に、パッタヤーで隠し撮りされたという顔立ちのよい人物が絡む、家に帰ったら夫人から殴り殺される様な浮気以上のスキャンダラスな隠し撮り映像があると指摘した。

 発言の中でヂャトゥポン氏は、民主主義市民連合系のASTV系列で、しかも二空港占拠に関与した容疑で逮捕状が発行されたサローチャ・ポンウドムサック女史が局長を務めている英語放送局のTAN TVの、連合による首相官邸占拠から1周年目となる8月26日のお披露目式典に出席したことだけでなく、同局に対して不明朗な3億バーツが政府予算から提供された経緯に関しては、誰よりも事実関係を良く知っているアピシット首相のみしか回答できないと指摘した上で、仮に同首相が疑惑に関して回答を拒否した場合は、自分が首相に代わってスキャンダラスな隠し撮り映像により裏付けられた資料を公開するとした。

 ヂャトゥポン氏によると、問題の隠し撮り映像を通して政府が民主主義市民連合に逆らうことが出来なくなった経緯を十分に説明する事が出来るという。

posted by Jean T. at 00:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。