2009年10月27日

マフィア気取りの男、みかじめ料を支払えない身障の物乞い老人に火を放ち重傷を負わせる

 デイリーニュース紙(オンライン)の報道によると、27日夜半アユッタヤー県プラナコン・シー・アユッタヤー郡内の公園内の東屋内で左足が不自由な68歳の男性が何者かに右手や両足に火を放たれ重傷を負うという事件が発生した。

 東屋内で寝起きしながら物乞いで生計を立てている男性によると、酒好きな35歳位のチャーンと名乗る男から暴行を振るうと共に二度とこの場所で寝起きできないようにしてやると脅されながら100バーツから200バーツの現金の支払いを毎日のように強要されていたが、当日は二回に渡って男が現金の支払いを要求してきた為、手持ちが無いと支払いを拒んだところ「どの様な目に遭うか思い知らせてやる」との言葉を残して男は一端現場を立ち去っていたという。その後22:00頃になって東屋内にあったタオル等に火が放たれていたという。

 警察側は、チャーンなる男が事件へ関与しただけでなく物乞いからみかじめ料を徴収していた疑いもあると見て男の行方を追っているとした。

posted by Jean T. at 15:26| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民ネットワーク、カンボジア大使館に公開書簡を提出

 タイTVによると27日午前、チャイヤワット・シンスウォン氏率いる民主主義市民連合傘下系の国民ネットワークを初めとする複数の団体関係者がカンボジア大使館前に集合し、タクシン元首相に亡命先を提供すると共に国際犯罪人引渡条約に基づく同元首相の身柄引渡要請を拒否する意向を示したフンセン首相を非難すると共にタイ国民に対する謝罪を要求する公開書簡を同大使館宛に提出した。

 同日朝に放送されたINN等の番組の中でチャイヤワット氏が公開書簡提出の意向を表明した事を受け当局側はカンボジア大使館前の警備態勢を強化して臨んだが、衝突の事態が発生する事無く平穏裏にデモ隊側は大使館前から退去していった。

posted by Jean T. at 14:02| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクムウィットのコンドで火災、日本人ビジネスマンが焼死

 各報道によると、27日2:00頃バンコクのクローントゥーイ区ソーイ・スクムウィット8内にあるコンドミニアムの9階室内から火災が発生し68歳の日本人男性が焼死した。

 男性の61歳の妻(日本人)によると、タイ国内で個人事業を展開する為に約20年前に夫婦で火災が発生したコンドミニアムに移り住んでいたという。

 妻によると、寝ている最中に夫が居る部屋の方から壁を打ち付けるような大きな音が聞こえた後に、早く逃げて警備員に消防車を呼ぶよう依頼しろと男性が叫ぶ声が聞こえたという。

 警察側は、男性が調理中にガス爆発が発生した際に発生した煙により男性が気を失い火に巻かれたとの見方を示した。

報道映像 (後半50秒位)
http://news.mcot.net/crime/inside.php?value=bmlkPTM4MDc3Jm50eXBlPWNsaXA=

posted by Jean T. at 10:57| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

殺人未遂で追われタイに逃亡中の日本の暴力団関係者を恐喝未遂で逮捕

 ネーション系のタイ語速報によると、警察は26日朝バンコクのパトゥムワーン区内の宿舎内で37歳の日本人の男を恐喝未遂等での裁判所への出頭期限中に出頭しなかった容疑で逮捕した事を明らかにした。

 逮捕された男は殺人未遂容疑で日本の警察当局から逮捕協力要請が寄せられていた日本の巨大暴力団組織のメンバーで、2006年5月29日に大阪で発生した殺人未遂事件に関与した容疑で日本の警察当局から身を追われ、その後偽造パスポートを使用し3年前にタイに入国し、送金を受けながらタイ人の恋人女性と一緒に暮らしていたという。

 今回の男の直接の逮捕容疑は、タイ人女性に対して隠し撮りクリップと引き替えに200万バーツの支払いを要求したとして首都圏警察本部スティサーン署に恐喝未遂容疑で逮捕され、偽造証書を使用して保釈された後に裁判所からの召喚に応じなかった容疑。

posted by Jean T. at 18:22| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相が支持率でアピシット首相を上回るも南部のタクシン嫌いに変化は無し

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが27県内4,286世帯内の18歳以上の回答者を対象に22日から24日にかけて行った調査で、半数を超える53.4%がタクシン元首相側でもアピシット首相側でもない中立的な立場にあると回答する一方で、25.0%の回答者がタクシン元首相を支持すると回答し、アピシット首相を支持すると回答した21.6%を上回っていた事が明らかになった。

 しかし、二手に分かれた出口の見えない政治対立に辟易としている国民感情が反映し、今年9月時点でそれぞれ39.7%、27.1%だったタクシン元首相及びアピシット首相への支持率がそろって低下する一方で、多くの回答者がどちらも支持しない中立にまわるという結果になった。

 また、学歴別では大学卒業以上の層にアピシット首相を支持する傾向が見られ、大卒の25.4%がアピシット首相、20.3%がタクシン元首相を支持すると回答し、修士課程以上の学歴がある者では29.0%がアピシット首相、20.3%がタクシン元首相を支持すると回答する一方で、大卒未満の層では26.5%がタクシン元首相、20.4%がアピシット首相を支持すると回答する結果になった。

 更に職業階層別では、農業、一般労働者層にタクシン元首相を支持する傾向が顕著に見られ、27.8%がタクシン元首相、20.4%がアピシット首相を支持すると回答し、また、失業者層では、27.7%がタクシン元首相、21.4%がアピシット首相、学生では23.0%がタクシン元首相、17.7%がアピシット首相、公務員・公社職員では22.5%がタクシン元首相、18.9%がアピシット首相と何れもタクシン元首相の支持が上回る一方で、民間企業職員では20.3%がアピシット首相を支持すると回答し14.8%だったタクシン元首相を上回った。尚、自営業・商人層はタクシン元首相、アピシット首相何れも25.1%が支持するという結果になった。

 一方、地域別では、北部、東北部だけでなくバンコクでもタクシン元首相への指示が上回る傾向が見られ、それぞれ33.6%、35.5%、21.9%がタクシン元首相を支持すると回答し、それぞれ15.3%、11.2%、17.4%だったアピシット首相を上回る一方で、中部地区では22.7%、南部では53.6%がアピシット首相を支持すると回答し、それぞれ20.2%、3.4%だったタクシン元首相を上回った。

posted by Jean T. at 13:27| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

連合傘下団体、フンセン首相に7日以内の遺跡からの軍の撤退を要求する書状を提出

 民主主義市民連合傘下の汚職反対国民ネットワーク及びカオプラウィハーン遺跡地区情勢監視ネットワーク議長のウィーラ・ソムクワームキット氏は24日午後、タイ政府に対してタクシン元首相に政治亡命を勧め、更に国際犯罪人引渡条約に基づく同元首相の強制送還を拒否する意向を示したカンボジアのフンセン首相の東南アジア諸国連合首脳会議への出席を拒否し即座に同首相を母国に送還するよう要求した上で、フンセン首相宛に7日以内にカオプラウィハーン遺跡周辺の国境紛争地に展開しているカンボジア軍の撤退を要求する公開書簡を提出した。

 公開書簡は国内治安法が適用されないプラヂュアップキーリーカン県内のプゥークティヤン・ビーチで読み上げられた上で外務省アセアン局局長に手渡された。

 ウィーラ氏によると、11月2日迄にカンボジア側からアクションが無かった場合は、大衆を動員してカンボジア大使館の包囲に乗り出す考えだという。

posted by Jean T. at 00:59| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

既に立ち位置を変えてしまったチャワリット元首相に和解推進は不可能、元配下が指摘

 民主主義市民連合報道官でチャワリット元首相の経済政策チームの一員として旧タイ・ラック・タイ党の中枢に関わっていた事でも知られるパーンテープ・プワポンパン氏は24日、既にタクシン元首相の気を引く為に己の立ち位置を変えてしまったチャワリット元首相に和解推進は不可能であるとの認識を示した。

 発言の中でパンテープ氏は、チャワリット元首相は、タクシン政権と反タクシン派が対立していた2006年2月27日に社会対立解消の為の1997年憲法改正を支持し改正審議案に署名までしていたにも拘わらず今になって手のひらを返して1997年憲法の復活を要求する勢力に与しただけでなく、タクシン元首相に取り入る為に自らが社会対立の元凶であると指摘した軍、資本家、王室の失墜を狙っている勢力に与していると指摘した。

 また、チャワリット元首相と連合幹部のヂャムローン・シームァン少将との間で直接対話の機会を持つことで合意に至っていると伝えられている事に関しては、ヂャムローン少将との間でコンタクトが取られたのはチャワリット元首相がプゥア・タイ党に合流する前で、合流後は一切のコンタクトが取られておらず、また5幹部間でも是非を巡った協議が行われていないとした上で、今やカンボジアのフンセン首相に取り入って法治国家たるタイの失墜を狙っているチャワリット元首相との直移設対話の実現は極めて困難であるとの認識を示した。

posted by Jean T. at 00:57| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレーム発言を国会の場で取り上げるべきでは無い、スワン・ドゥシット調査で

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが首都圏在住の1,161人の回答者を対象に22日から23日にかけて行った調査で、43.75%の回答者がプゥア・タイ党は国会の場でプレーム枢密院評議会議長がチャワリット元首相に対してプゥア・タイ党に合流する事は国家を裏切ることであると指摘した事を取り上げるべきでは無いと回答し、39.28%の回答者がプレーム議長発言を取り上げた事を契機として発生した議会内での与野党間の非難の応酬は不適切であると回答していた事が明らかになった。

 この調査は、22日の国会でプゥア・タイ党所属議員で反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏が、プレーム議長の発言は事実上同議長が政府・与党を支配している事を裏付ける証左であると指摘した事を受け国会が紛糾し、最終的に下院議長が国会の中止を宣告した事を受け行われたもので、回答者の82.58%が国会中止を決定したチャイ下院議長の判断を適切な判断であると評価した。

 また、62.54%の回答者がタイの政治に飽き飽きしていると回答し、34.28%の回答者が国会内での不要な紛糾を防止する為に国会規則に従わない政治家に対する罰則を強化するべきであると回答した。

posted by Jean T. at 00:54| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民は汚職が危険なレベルにまで達していると認識、ABAC調査で

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが17県内の1,232世帯を対象に1日から23日にかけて行った調査で、不正・汚職行為が深刻化していると回答した者が昨年10月調査時点で63.2%だったのに対して1年間の間に77.5%にまで増加し、その多くが国民の多くが不正・汚職行為が危険なレベルにまで達しているにも拘わらず対策に対する効果があがっていないと認識している事が明らかになった。

 また、不正・汚職行為を深刻化させる要因に関しては多くの回答者が選挙票の売買や国民が抱える問題を挙げたが、一方で多くの回答者が問題を解決する上で民主主義が最も最善の政治体制であると認識していると回答した。

posted by Jean T. at 00:51| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヂョムティエンのリゾート内で隠しカメラ、宿泊中の男女5人が発見

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、24日バンコクにある販売会社のセールス担当社員の男性2人及び女性3人がチョンブリー県サタヒップ郡内のヂョティエン警察署を訪れ、宿泊先のヂョムティエン・ゴールド・ビーチ・リゾート内の客室のバスルーム内に隠し撮りカメラが仕掛けてあると訴えた。

 リゾートのマネジャーによると、隠し撮りカメラが仕掛けてあった部屋は1週間以上利用されておらず、またルームメイドがバスルームを掃除した際には不審な物は発見されていなかったという。

 警察側は、顔立ちの良い女性3人を含む5人組が宿泊するのを見たリゾート付近に住む者が、5人が部屋から出た隙を見計らって隠し撮りカメラを仕掛けたと見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:49| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

首相、フンセン発言はASEANの目的から逸脱した個人利益を優先したもの

 アピシット首相は23日、タクシン元首相をカンボジアの経済政策最高顧問に据える意向を示したカンボジアのフンセン首相の発言は、二国間の関係を害するだけでなく東南アジア諸国連合の目的から逸脱した極めて不適切な発言であると語り、フンセン発言に対して強い不快感を示した上で、フンセン首相は友好を確かめ合う場で国家間の利益と個人の利益のどちらを優先するべきなのかよく考えるべきであると指摘した。

 更に、フンセン首相がタクシン元首相をミャンマーのアウンサン・スーチー女史に喩えた事に関しては、スーチー女史が置かれている状況に関する誤った認識の上に立った発言でしかないと指摘した上で、フンセン首相は東南アジア諸国連合加盟国及び加盟国の国民が解放を願っている人物とタクシン元首相を比較するべきでは無いと指摘した。

 しかし、フンセン首相がタクシン元首相は国際犯罪人引渡条約が適用されない政治犯であるとの認識を示している事に関しては、両者の持つデータを入念に検討した上で結論づけられる性質の話であり、早まった判断を下せるような性質の話ではないとした。

 一方、このアピシット首相の発言に対してタクシン元首相はTwitter上で、外国のリーダーに対する無礼な発言を慎むべきである。首脳会議の主催者として政治よりも国家を優先して考えるべきであるとのメッセージを掲載した。

posted by Jean T. at 11:30| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フンセン首相、タクシン元首相の身柄引渡要請を拒否する意向

 カンボジアのフンセン首相は23日、タクシン元首相に対して国際犯罪人引渡条約が適用されないとの認識を示した上で、仮に同元首相が政治亡命を希望した場合はタイからの身柄引渡要請を拒否する考えである事を明らかにした。

 この発言は、東南アジア諸国連合首脳会議に出席する為にタイに到着した際に記者団に語られたもので、この発言に先立ちカンボジアの外務省がタクシン元首相がカンボジア国内への政治亡命を希望した場合はタイとの間で締結されている国際犯罪人引渡条約に基づくタイ側からの身柄引渡要請を拒否できるとの認識を示す声明を発表していた。

 尚、22日の時点ではカンボジアの情報大臣が条約に基づきタクシン元首相がカンボジアに入国し次第強制送還する方針に変わりが無い事を確認していた。

 発言の中でフンセン首相は、タクシン元首相は不当なクーデターにより政治的に罪をなすりつけられた人物であると指摘した上で、仮に同元首相がカンボジアに入国したとしても国際犯罪人引渡条約が適用される刑事犯には該当しない為、身柄引渡要請を拒否できるとの認識を示した。

 また、フンセン首相は、仮にタクシン元首相がカンボジア国内での滞在を希望した場合は親友として経済担当最高顧問への就任を要請する考えである事を明らかにした上で、仮に同元首相が最高顧問に就任してもタイとの関係に影響を与える事は無いとの認識を示した。

posted by Jean T. at 00:02| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、平穏裏にアセアン首脳宛への書状の提出を終了

 23日午後、反独裁民主主義同盟幹部のアリスマン・ポンルゥアンローン氏等代表7人は、同日朝正式に開会した東南アジア諸国連合首脳会議出席の各国首脳宛への書状の提出を平穏裏に終了した。

 提出された書状は、不当な手続きで成立した政府を率いているアピシット首相に首脳会議の代表として出席する資格が無いと訴えると共にクーデターの背後で関与したプレーム枢密院評議会議長及びチャーンチャイ同議員(当時は最高裁判所長、その後スラユット政権誕生後に法務大臣)の辞任を要求、更に民主主義を要求する勢力である赤服軍団に対して強硬手段を講じた政府に対する不支持を要求する文面が記されたもので、外務省アセアン局のウィワット局長とスリン東南アジア諸国連合事務局長付き秘書官のバラ・クマン・パラニアパン氏が国内治安法が適用されないプラヂュアップキーリーカン県内のプゥーク・ティヤン・ビーチで各国の首脳を代表して書状を受け取った。

posted by Jean T. at 00:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

カンボジア情報相、タクシン元首相を強制送還する方針に変わりはなし

 カンボジアのキュー情報大臣は22日、タイとカンボジアとの間で締結されている国際犯罪人引渡条約に基づきタクシン元首相が同国に入国し次第強制送還する方針に変わりが無い事を確認した。

 また、チャワリット元首相の言としてフンセン首相がタクシン元首相がカンボジア国内に滞在する為に家を建ててあると発言したと伝えられている事に関しては、事実ではないと否定した。

 同情報大臣によると、フンセン首相の口から家云々に関する発言は一切為されておらず、タクシン元首相が滞在する為の家がカンボジア国内に用意されているという話は全くのでたらめな話なのだという。

posted by Jean T. at 12:28| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

与党・上院国会対策委、国民投票実施で原則合意

 与党及び上院の国会対策委員会は22日行われた合同協議の場で、和解推進の為の憲法改正検討委員会の提案に基づく6項目の憲法改正を前進させる方針を再確認した上で、国民投票を実施し憲法改正に対する国民側の判断を仰いだ後に憲法改正案を国会に上程することで合意に至った。

 憲法改正終了までに5-6ヶ月の期間が見込まれている。

 一方、22日の合同協議への出席を見合わした野党国会対策委員長のウィタヤー・ブラナシリ氏は、党の決定に則り参加を見合わせた事を認めたが、将来憲法改正に反対しているタクシン元首相からの党への指示内容に変化があり得る可能性に関しては、自分が語る事柄ではないと語りコメントを避けた。

posted by Jean T. at 12:08| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

56歳男性が自慰の真っ最中に発作で死亡、ラムパーンで

 INNによると、22日夜ラムパーン県ハーンチャット郡内の自動車整備工場の裏手で56歳の男性が下半身裸の状態で死亡しているのが発見された。

 警察側は、男性が死亡する直前に近くの飲食店で酒を飲んでいたのが確認されていたこと、また男性の右手が局部を握っているような状態にあったことから、男性が自慰行為の最中に発作を引き起こし死亡したと見て司法解剖に付し死因を特定する方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 11:35| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

赤服、アリスマン氏等7人を23日にアセアン会議場に派遣

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は22日、組織として支持者を動員して東南アジア諸国連合首脳会議及び同関連会議を中止に追い込むための活動を展開する方針が無い事を確約するとした上で、アリスマン・ポンルゥアンローン氏を中心にした7人のメンバーのみを4月の強制排除を告発する為の書状を各国の指導者に提出する為に派遣する方針である事を明らかにした。

 23日13:30頃に書状の提出を計画しているという。

 また、ナタウット氏は、同盟側には首脳会議の開催に反対する方針が無い事を確認した上で、仮に同会議が中止に追い込まれるような事態が発生しようとも同盟・赤服軍団側は一切関知していない事を承知しておいて欲しいとした。

 一方、ナタウット氏は、24日に予定通りインペリアル・ラートプラーオ店6階で国会外政府不信任審議と銘打たれたセミナーを開催する方針である事を確認した。

 "不信任審議"には同盟幹部の他にプゥア・タイ党所属議員も参加する予定だという。

posted by Jean T. at 17:25| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワリット元首相、今度は連合幹部と和解に向けた協議の意向

 22日、チャワリット元首相が、来週に予定されている南部訪問後に民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーンフン氏やヂャムローン・シームゥアン少将と和解に向けた協議を行う意向を示している事が明らかになった。

 チャワリット元首相の側近でヂャムローン少将の同期として知られるピラット・スワーミワット中将がINNの番組内で行われた電話インタビューの中で語った所によると、既にチャワリット元首相がヂャムローン少将とコンタクトを取っており、来週に予定されているチャワリット元首相の南部国境三県域の訪問を終えた後に両者間の面談が実現する見通しになっているという。

 ピラット中将の発言に先立ちチャワリット元首相はメディアとのインタビューの中で、連合との間でプゥア・タイ党の王室に対する敬意が欠如しているとの連合側の誤解の解消に努めると共に黄色と赤色に別れた対立問題や南部問題、カンボジアとの国境紛争問題、民主主義の再生問題に関する理解の共有に務めていく考えである事を明らかにしていた。

posted by Jean T. at 12:49| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョンブリーで妊娠3ヶ月の女性が20メートル高の立木によじ登り死ぬと大騒ぎ

 パッタヤー・デイリー・ニュース(タイ語版)及びタイラット紙(オンライン)によると、21日夕方、チョンブリー県バーンラムン郡ノーンプゥー地区内で、シーサケート県出身の23歳の妊娠3ヶ月の女性が高さ約20メートルの立木の上によじ登り手に持ったナイフを自分の首に突き付け自分を捨て他の女性のもとに走った恋人男性をここに連れてこないと首を切って死ぬと興奮状態で叫び、説得に当たっていた友人や住民、当局関係者との間で一時間以上に渡って膠着状態を展開する事態になった。

 最終的に恋人男性が現場に来ることを拒否している事を知った女性が、木の上で自らの首を切り自殺を図ったが、幸い女性の体が木の上から落下せずそのまま木の上に留まっていた為、当局側は急遽パッタヤー地区の災害救助当局にはしご車の出動を要請し女性を救出し病院に搬送した。

 最初に警察に通報した後輩の女性(21)によると、パッタヤー地区内にあるバービヤで働いていた女性にはゲイバーで働いてる恋人男性がいたが、男性は妊娠3ヶ月になる子供に対して責任を取ることを拒否し新しい恋人のもとに走っていたという。

* 報道画像
http://www.thairath.co.th/media/content/2009/10/22/630/41379.jpg

posted by Jean T. at 12:11| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フンセン首相、タクシン元首相の滞在を歓迎 - 既に滞在用の家を用意

 21日カンボジア国内でフンセン首相に面会したチャワリット元首相は、面会の際に同首相がタクシン元首相の政治的な理由でのカンボジア国内での滞在を歓迎する意向を示した上で、本人が滞在を希望した時の為に家を建ててあることを明らかにした。

 フンセン首相は発言の中で、タイに利益をもたらしてきたタクシン元首相が国内で不当な扱いを受け住む場所が無い事に同情を示した上で、同元首相がカンボジア国内での滞在を希望した時にいつでも受け入れる事ができるよう既に家を建ててある事を明らかにしていたという。

 また、カオプラウィハーン遺跡周辺の国境紛争問題に関しては、強硬的な手段を講じた解決を望んでおらず、引き続きタイ・カンボジア国境委員会主導による平和的な解決を目指していく考えを示していたという。

posted by Jean T. at 00:18| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。