2009年10月03日

首相、10日に東北3県を訪問

 サーティット首相府大臣は2日、アピシット首相が10日にウボンラーチャターニー県、アムナートヂャルゥン県及びヤソートン県の東北3県を訪問する予定になっている事を明らかにした。

 ウボンラーチャターニー県内では、今回の訪問の主目的であるマーターン郡内在住のハイ婆さんの愛称で知られる女性へのダム建設関連の損害補償金の進呈式が行われる予定で、その後政府政策の進捗状況及び住民の窮状に耳を傾ける為に同県ムワンサームシップ郡、アムナートヂャルゥン県及びヤソートン県を回る予定で、また、ウボンラーチャターニー県では定例政見放送の生中継が行われる予定になっているという。

posted by Jean T. at 17:52| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後部座席にトランクに通じる穴、旅行者の荷物から金品を盗み取った無認可タクシーを摘発

 ネーション系のタイ語速報によると、警察は3日、スワンナプーム国際空港からバンコクのスクムウィット通り沿いにあるホテル迄乗せたイギリス人旅行者男性(51)の荷物から金品を盗み取った容疑で40歳と43歳のタイ人の男を逮捕し、現金14,000バーツや8,500バーツ相当のカルチェ製のボールペン等を押収した。

 逮捕された男2人は、スワンナプーム国際空港内で無認可タクシーの客引きをしている男と無認可タクシーの運転手で、被害にあった男性によると、2日21:00頃に客引きの男に誘われて400バーツの料金で無認可タクシーを利用したという。

 調べによると、男性が無認可タクシーを利用した際に、後部座席に座った客引きの男が助手席に座らせた男性の目を盗んで、あらかじめ後部座席に開けておいたトランクに通じる穴を利用してトランク内に預けてあった男性の荷物から金目の物を盗み出していた。

posted by Jean T. at 17:11| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラッブリーの民家内で5人が銃殺、住民はいつもの銃の試射だと思い気に留めず

 コム・チャット・ルゥック紙(オンライン)及びINNによると、3日3:00頃サラッブリー県チャルゥムプラギヤット郡内の民家内で家主とその知人と見られる4人の計5人の男性が何者かに銃殺されるという事件が発生した。

 警察側の家宅捜索により、3挺の拳銃が現場で発見されている。

 近隣住民によると家主と死亡した4人は互いの家を行き来しあうような親しい関係で、また日頃から民家内から銃の試し撃ちをする音が聞かれていた為、銃声が聞こえても、またいつもの試し撃ちだと思い特に気にかけていなかったという。

 警察側は、当時屋内にいた5人の内の何れかが4人を射殺した後に自ら自殺した可能性があると見て、外部の者による犯行の可能性も含めて捜査を展開しているとした。

posted by Jean T. at 16:37| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未成年少女に売春を強要しピンハネしていたキャンペーン嬢(22)を逮捕

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、2日警察は14歳の少女2人に売春を強要した上で売春代金をピンハネしていた容疑で、バンコクのシーナカリン通りにあるショッピングセンター内でキャンペーンガールとして働いている22歳の女をサムットプラーガーン県県都内で逮捕した。

 この逮捕は、今年3月6日に売春容疑で補導され、約7ヶ月間に渡って矯正施設に収容されていた14歳の少女2人が同日朝にノンタブリー県内の警察に被害届を提出した事により実現したもので、2人の少女によると施設から出た後で保護者から売春を強要していた女が逮捕されずに依然同じような事をやっていると聞かされ警察への被害届の提出を決心したという。

 逮捕された女は警察の取り調べに対して、全ては裁判で明らかにすると語り黙秘権を行使しているというが、警察によると、これまでの調べで少女達に斡旋した売春客から受け取った売春代金の内300バーツから500バーツを少女達に渡していたという。

* 逮捕された女
http://pics.manager.co.th/Images/552000012645202.JPEG

posted by Jean T. at 13:06| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寺祭り会場内でバイタク運転手が若者同士の喧嘩に巻き込まれ負傷 - 発砲事件も

 タイラット紙(オンライン)によると、2日夜半サムットプラーガーン県バーンプリー郡内で開催されていた寺祭りの会場内で若者グループ同士の喧嘩が発生した際に、いずれかのグループから投げ込まれた瓶爆弾により無関係のバイクタクシーの運転手(24)が足を骨折する負傷を負った。

 また、前後して同じ会場内で職業訓練課程校に通う16歳の少年が何者かに銃撃され重傷を負った。警察側は対立するグループによる犯行と見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 12:10| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラック運転手、仮眠している隙にトラックのガソリンが抜き取られる

 INN及びタイラット紙(オンライン)によると、3日4:00頃サムットサーコン県県都内のラーマ2世通り沿いにあるガソリンスタンド前で、何者かが仮眠の為に駐車中だったトラックのガソリンタンクからガソリンを抜き取り逃走するという事件が発生した。

 被害にあった運転手の男性によると、仮眠中に変な物音がしたため起きて車を移動させて車体をチェックしたところ、ガソリン給油用の蓋が外され70リットルから80リットルのガソリンが抜き取られ、僅かに20リットルから30リットル程度しかタンクに残っていない状態だったという。

 運転手によると、実行犯は2-3人組と見られ、内30歳位の男の姿だけを目撃しているという。

posted by Jean T. at 10:48| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワリット元首相のタイ党合流はプレーム派の分裂を象徴するもの、赤服議員が指摘

 反独裁民主主義同盟幹部でプゥア・タイ党所属議員のヂャトゥポン・プロームパン氏は2日、チャワリット元首相がプゥア・タイ党に合流した背景に、昨年10月7日に国会ビル前で座り込み活動を展開していた民主主義市民連合に対する強制排除に絡んで国家汚職防止取締委員会が当時副首相だったチャワリット元首相に刑事責任があると判断した事を契機としたプレーム枢密院評議会議長シンパ内の分裂があると指摘した。

 この発言は、同日朝チャワリット元首相が正式にプゥア・タイ党への入党届けを提出した事を受けたもので、チャワリット元首相はあくまで国内和解推進、国家発展に寄与する為に入党を決断したとして党要職への就任を固辞する発言をしているが、ヨンユット党首側は6日に招集される党会議の席上でチャワリット元首相を党首、タクシン元首相実妹のインラック・チンナワット女史を党幹事長に据える人事を提案する方向で動いているとも伝えられている。

 ヂャトゥポン氏は、嘗てプレーム派だった現同盟幹部のウィーラ・ムシッカポン氏がプレーム議長の"心変わり"を契機にプレーム離れを進めたように、チャワリット元首相も国家汚職防止取締委員会の判断がプレーム離れの契機になったとの認識を示した。

posted by Jean T. at 10:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。