2009年10月12日

首相、赤服集会及びASEANサミットにあわせバンコクに治安法を適用する考え

 アピシット首相は12日、13日に招集される定例閣議の席上で17日にバンコクのラーマ5世像前で開催が予定されている反独裁民主主義同盟の集会及び23日から25日の日程でプラチュアップキーリーカン県フワヒン郡及びラーチャブリー県チャアム郡で開催が予定されている東南アジア諸国連合首脳会議・同関連会議にあわせたバンコクを対象にした治安法適用の是非に関して協議が行われる見通しである事を明らかにした。

 アピシット首相によると、これは17日の同盟の集会に乗じた東南アジア諸国連合首脳会議の開催に影響を及ぼす可能性がある不穏な動きが計画されている恐れがある事を受けたもので、仮にバンコクを対象に治安法の適用が決定された場合でも可能な限り最小限のエリアを対象に同法を適用する考えであるという。

posted by Jean T. at 17:09| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年齢制限でパブ入店を断られた少年グループ、警備員を射殺し逃走

 マティチョン紙及びタイラット紙(何れもオンライン)によると、12日3:00頃スラーッターニー県沖合のサムイ島内で、法令で20歳未満者の入店が禁じられているパブへの入店を断られた少年グループが、パブの警備員の男性(44)に向け銃弾数発を発砲し重傷を負わせた上で逃走するという事件が発生した。

 銃弾により重傷を負った警備員の男性は、搬送先の病院で死亡が確認された。

 同僚の男性によると、死亡した警備員がパブの入り口で入店者の年齢チェックを行っていた際に、5-6人の20歳未満と思われるグループとの間で年齢制限規定に則った入店拒否を巡った激しい口論が展開されていたという。

 警察側は緊急配備を敷いてバイクで逃走中と見られる実行グループの行方を追うと共に死亡した警備員の同僚の警備員に事情聴取を行い実行グループの特定を急ぎたいとした。

posted by Jean T. at 16:48| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内装店内で男性の遺体、行方不明になっている同居夫婦の行方を追う

 カーオソット紙(オンライン)によると、12日0:00過ぎパトゥムターニー県クローンルワン郡内にある内装請負店の店内で、住み込みで働いている35歳の男性が喉元等を刺され死亡しているのが発見された。

 死後6時間前後と見られ、また男性の右手には犯人と争われた際に掴んだと見られる髪の毛が握られていた。

 警察側は、内装請負店のオーナー(33)の証言等から、事件後行方不明になっている男性と一緒に住み込みで働いている夫婦が事情を知っていると見て行方を追うと共に、男性の手に握られていた髪の毛の解析を進める方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 13:45| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚職取締委前で発見された爆発物はASTVや憲法裁前で発見されたものと同一性状のもの

 国家警察本部のパティープ本部長代行は12日、前日夕方に首相官邸正面にある国家汚職防止取締委員会前で発見された爆発物と先に憲法裁判所や民主主義市民連合系テレビ局のASTV脇で発見された爆発物が同一性状のものである事を確認した。

 しかし、同一グループによる犯行の可能性に関しては明言を避けた。

 一方、前後してステープ副首相は、一連の爆発物放置に関与したグループに関する情報が寄せられている事を明らかにしたが、詳細に関しては明らかにしなかった。

posted by Jean T. at 13:30| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド人2人組、ニューハーフ2人組に6万バーツ相当を盗まれる

 INN及びネーション系のタイ語速報によると、12日未明チョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムン郡内のアパートの室内で、インド人2人がニューハーフ2人組に6万バーツ相当の現金が盗まれるという事件が発生した。

 被害にあった2人組によると、ゴールデン・ビーチ・ホテル前付近で客引きをしていたニューハーフ2人組と知り合い、事件が発生したアパートの内にある2人組の室内で事を済ませ2人組と別れ宿所に戻ったところで5万ルピーや800ドル、2,000バーツの現金が盗まれていた事に気がついたという。

posted by Jean T. at 13:23| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、意見対立が続くようであれば憲法改正を中止

 アピシット首相は11日朝放送された定例政見放送の中で、仮に憲法改正を巡る意見対立が続き意見調整が不可能であれば憲法改正そのものを中止する考えである事を明らかにした。

 この発言は先に野党のプゥア・タイ党が党の総意として憲法改正論議からの離脱を宣言する一方で、同党の国会対策委員会側が憲法改正推進の支持を表明するなど憲法改正を巡って混乱が見られている事を受けたもので、先にアピシット首相は、野党は民主党による大幅な譲歩により憲法改正論議が前進を見ている事を理解し憲法改正論議の席に着くべきであると呼びかけていた。

 また、憲法改正に絡む国民投票に関しては、国民投票実施の是非の判断は政府側に委ねられていると指摘した上で、現在のところ11月中の国民投票の実施を予定している事を明らかにした。

 一方、プゥア・タイ党側が国民に現行憲法と1997年憲法のどちらを選ぶか選択させる形で国民投票を行うべきであると主張してる事に関しては、既に国会対策委員会側の協議で憲法改正論議以上に時間を浪費する事に繋がる事で理解の一致を見ており、また何れの憲法にも問題点が存在している事は全ての国民が了解している事であると語り消極姿勢を見せた。

posted by Jean T. at 01:48| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ党憲法改正論議離脱派、党国会対策委員長に辞任勧告の意向

 プゥア・タイ党憲法改正論議離脱派のスラポン・トーウィヂャックチャイヤグン氏は11日、あらためて13日に招集される党会議の際に憲法改正に対する党としてのスタンスの再確認を要求する考えである事を確認した上で、仮に党国会対策委員会のウィタヤー・ブラナシリ氏が党のスタンスに反して憲法改正を支持した経緯を明確に説明できなかった場合は、自ら国会対策委員長を辞職し他の適切な人材にポストを譲るべきであると指摘した。

 また、度々タクシン元首相関連の虚偽の情報を流布してきた事でも知られる同党のプラチャー・プラソップディー氏は、13日の党会議の際にウィタヤー氏に対して、憲法改正反対を表明したタクシン元首相の意に反して憲法改正支持を表明した経緯について説明を求める考えである事を明らかにした。

 その上で、プラチャー氏は、仮にウィタヤー氏と党との間で理解の一致を見ることが出来なかった場合は、除名処分以外の何らかの措置を同氏に対して講じる事になると語り、同氏を国会対策委員長から解任する可能性がある事を強く示唆した。

posted by Jean T. at 01:45| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反タクシン派の元急先鋒、チャワリット元首相は職務を通して代理人で無い事を証明するべき

 新希望党党首のチンチャイ・モンコンタム氏は11日、先にプゥア・タイ党に合流した新希望党の創始者でもあるチャワリット元首相は、国内問題解決に向けた取り組みを通して自らがタクシン元首相の代理人では無い事を国民に証明して見せるべきであると指摘した。

 チンチャイ氏は、新希望党とタイ・ラック・タイ党の合併が決定された際にタイ・ラック・タイ党への合流を嫌い自ら新希望党を再立ち上げし、ただ一人の党所属議員として活躍していた反タクシン派の人物として知られ、またタクシン政権打倒を標榜していた時代の民主主義市民連合に合流していた他、2007年12月23日の総選挙の際には、国内からタクシン体制が完全に消滅しない限り何年かかろうとも総選挙を実施するべきでは無いと主張していた事でも知られている。

 また、パラン・プラチャーチョン党等に対する解党判決を受け行われた補欠選挙の際には、チャワリット元首相がチンチャイ氏の選挙運動を応援していた事でも知られている。

 チンチャイ氏は、今回のチャワリット元首相のプゥア・タイ党合流に関して、国内和解を推進させたいとの純粋な気持ちから合流したものと信じているとした上で、議会外での赤服や黄服の活動が存在しない一致団結体制の早期実現の為に同元首相自らが党首に就任し指導力を発揮し誰の代理人でも無い事を証明して見せるべきであると指摘した。

posted by Jean T. at 01:43| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家汚職取締委員会前で爆発物の回収処理が行われる

 11日夕方、バンコクの首相官邸近くにある国家汚職防止取締委員会前でPVC管を使用した爆発物が発見され回収処理が行われた。

 同日夕方から民主記念塔前で開催されていた反独裁民主主義同盟の集会にあわせて情勢扇動目的で仕掛けたとの見方もされている。

 また、回収された爆発物の形状が、先に憲法裁判所前で発見回収された爆発物に酷似しているとの報道もある。

posted by Jean T. at 01:41| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。