2009年10月29日

赤服、首相欠格要因になり得る重要証拠を掴む

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は29日、アピシット首相の首相としての欠格要因になり得る重要な証拠を掴んだ事を明らかにした上で、今後の首相の対応次第では何らかの法的措置も辞さない考えである事を明らかにした。

 ナタウット氏によると、重要な証拠はアピシット首相が下院議員として初当選し議員として認証を受けた時点では民主党の党員では無かった事を裏付けるもので、仮にこれが事実であれば下院議員の資格要件として定められている最低60日間の党在籍期間を満たしていなかったことになり、この時点にさかのぼってアピシット首相の下院議員としての適格性が問われるだけでなく、首相としての適格性及び刑事責任も問われる事になるという。

 ナタウット氏が公開した資料によると、アピシット首相は1992年6月15日に民主党に入党した事になっており、仮にこれが事実であれば同年1月に同首相が初当選を決めた時点では未だ民主党の党員になっておらず、虚偽の申請で選挙委員会から当選証書を受け取っていた事になる。

報道映像
http://www.thaipbs.or.th/clip/index.asp?content_id=221194&content_category_id=686

posted by Jean T. at 19:37| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、元首相階級剥奪の背景にフンセン首相発言により面目をつぶされた政権の恨み

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は29日、国家警察本部がタクシン元首相が持つ警察の階級の剥奪に動いている背景にカンボジアのフンセン首相の同元首相を擁護する発言により面目をつぶされた民主党政権の恨みがあると指摘した。

 発言の中でナタウット氏は、同じ民主党が主導したチュワン政権時代に歴史的に悪と認識されているタノーム・ギッティカヂョン元帥の階級剥奪に動いたのと現政権がタクシン元首相の階級剥奪に動いているのとは全く事情が異なっていると指摘した上で、フンセン首相の東南アジア諸国連合に出席する為にタイに到着した際に発せられた同元首相を擁護する発言及び同会議の開始セレモニーに5ヶ国の首脳が欠席した事により面目をつぶされた事に対する報復の為にタクシン元首相は悪であるとの印象を植え付けるために政権側が階級の剥奪に動いていると指摘した。

posted by Jean T. at 18:40| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横転事故を引き起こしたトラックの積み荷から大量の麻薬、プレーで

 INN及びプーヂャッカーン紙(オンライン)によると、29日朝プレー県ソーン郡内で衝突横転事故を引き起こした箱入りのザクロを運搬中だった10輪トラックの積み荷の中から14万2千錠のヤーバー錠や4Kgのヘロイン、2Kgのヤーアイスが発見された。

 積み荷の中からヤーバー等が発見された事を受け、運転手が搬送された病院に身柄確保の為に警察官が向かった時には既に運転手は逃走したあとだった。

 一方、プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、28日20:30頃ノーンカーイ県の警察当局は、ラオスを結ぶ友好橋上のタイ側税関でルゥーイ県在住の46歳と41歳の姉妹を麻薬密輸の容疑で逮捕し、ヤーバー錠1,937錠を押収した。

 逮捕された姉妹は、宝くじの販売だけでは十分な収入を確保できない為、パッタヤーの麻薬エージェントを知り合いに持つ親戚に誘われて1ロットあたり2,000バーツの報酬でラオスからの麻薬の密輸入に手を染めてしまったと供述しているという。

 姉妹によると、姉はこれまでに10回、妹は3回に渡り麻薬をタイ国内に持ち込んでいたという。

posted by Jean T. at 18:37| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察懲罰委、強制排除関与のスチャート元首都圏警察本部長等の懲戒解職を勧告

 国家警察本部内に設置された懲罰委員会(委員長プリヤオパン・ダーマーポン国家警察副本部長)は29日、2008年10月7日に国会ビル前で座り込み抗議活動を展開していた民主主義市民連合のデモ隊に対する強制排除に絡んで国家汚職防止取締委員会から職務遂行義務違反で告発された当時首都圏警察本部本部長だったスチャート・ムゥアンゲーオ警察少将及び2008年7月24日にウドンターニー県県都内で集会の準備中だった民主主義市民連合関係者を凶器を所持した親タクシン派の住民グループが襲撃し多数の負傷者を出した事件に絡んで同様に国家汚職防止取締委員会から職務遂行義務違反で告発された当時ウドンターニー県県警察本部長だったプゥムサック・パラドンサック警察少将に対して懲戒解職処分を勧告する決定を下した。

 この勧告決定に基づきパティープ国家警察本部長代行が両名に対する懲戒解職処分の是非に関する最終判断を下すことになる。

 尚、決定を下された両名には行政裁判所に異議申し立てを行う権利があるが、スチャート警察少将は長年警察官として奉職し、今はとにかく静養したいだけであるとして異議申し立てをせずに懲戒委員会側の決定を受け入れる意向を示しているという。

posted by Jean T. at 16:52| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都圏警察本部第四分署元署長の息子を女子大生強姦容疑で逮捕

 各報道によると、28日夜半シリーパトゥム大学1年生(報道により3年)の22歳の女性が首都圏警察本部バーンケーン署に対して、元首都圏警察本部第四分署署長のソンゴップ・ロートプラスゥット警察少将の息子のチョンピチット・ロートプラスゥット容疑者(25)に拉致監禁された上で性的暴行を受けたと訴えた。

 女性によると、つきあい始めて約6ヶ月になる同容疑者からの暴力に耐えかねて関係を絶つ為に宿舎を引っ越し姿をくらましていたが、28日朝に出かけるためにビルの地上階に降りたところ、そこで男の友人(27)と一緒に待ち伏せしていた同容疑者に拉致され車でノンタブリー県内のコンドミニアムの室内に連れて行かれたという。

 その後、コンドミニアム内で暴行されると共に2回に渡り性的な暴行を受けた後に目を盗んで携帯電話で父親とコンタクトを取り助けを求めた事により、その後チョンピチット容疑者の自宅に連れて行かれた際に待ち構えていた警察官により救出されたという。

 女性の父親によると、女性が住むコンドミニアムの警備員が女性が拉致された車のナンバーを記憶していたおかげで、犯人を特定し女性を救出する事が出来たという。

 尚、報道によっては、女性の父親と話をつける為に父親の家に連れて行かれた際に暴行を振るわれ傷だらけになっている自分の姿を見た父親が警察への通報を決心しチョンピチット容疑者を伴い警察署を訪れたとするものもある。

 警察署前に集まっていたマスコミ関係者に驚き車の中に籠城を決め込んでいたチョンピチット容疑者とその友人の男は、マスコミ関係者が帰りだした29日0:00過ぎになって警察の事情聴取に応じ全ての容疑事実を否定した。

 一方、チョンピチット容疑者の父親は、女性の父親に向かって「息子を訴えてもらって構わない」という言葉を残して警察署を立ち去っていったという。

報道映像
http://news.mcot.net/crime/inside.php?value=bmlkPTM4MTg4Jm50eXBlPWNsaXA=

posted by Jean T. at 13:22| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党、タクシン元首相は階級剥奪の対象にはならず

 プゥア・タイ党下院議員団長のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉は28日、タクシン元首相が持つ警察中佐の階級と王室からの叙勲は剥奪の対象になり得ないと指摘した上で、剥奪の検討を進めている国家警察本部に対して警察の内規に照らし合わせて適切な対応を取るよう要請した。

 この発言は、国家警察本部からの判断要請に基づき国家法政委員会が国有地不正収容で2年の実刑判決が確定しいるタクシン元首相が警察の階級及び王室からの叙勲の剥奪の対象になるとの判断を下した事を受けたもの。

 チャルゥム警察大尉によると、階級の剥奪は、麻薬や犯罪等の違法行為や重大な不適切行為により国家警察及び国家に対して重大な損害をもたらした者を対象にした処分であり、既に退官してから年月が経っているタクシン元首相に対しては適用されないのだという。

 尚、アピシット首相側は、全ては警察側内部の手続きに則って進められるべき話であり、また政府は元からこの話に関与していなかったとして、全てを警察に委ね傍観者に徹する意向を示している。

 一方、チェンマイ県内最大規模の赤服軍団を率いているラック・チェンマイ51は28日、ラジオ放送を通じてタクシン元首相の階級剥奪の動きに抗議する為に同日夜にサンパートーン郡内で開催が計画されているデーンサヤームのスラチャイ・セーダーン氏主催の赤服集会に合流するよう呼びかけると共にサウジ宝石盗難事件絡みの犯行で死刑が確定したチャロー・グットテート警察中将に対する階級剥奪処分及び同事件に関与した疑いがある第5地区警察本部長のソムキット・ブンタノーン警察中将(元国家安全保障評議会秘書官長のソムヂェート・ブンタノーン大将の実弟)の自首を要求する声明を読み上げた。

posted by Jean T. at 01:19| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。