2009年10月31日

大規模違法カジノを見逃していた所轄署幹部6人を更迭

 各報道によると、首都圏警察本部のウォラポン本部長は31日、前日深夜にバンコクのヤオワラートで大規模な違法カジノが摘発された事を受け、所轄署と違法カジノ開帳業者との癒着疑惑の調査を進める為に首都圏警察本部第6分署の署長及び同プラッププラーチャイ2署の署長、副署長等幹部6人を向こう30日間に渡り首都圏警察本部付きに異動させる人事を決定した。

 問題となった摘発は、バンコクのサンパンウォン区ソーイ・テキサス内にあるビル内で開帳されていた違法カジノが摘発され、賭博客228人(男138、女90)が逮捕され、50万バーツ以上の現金や総額1億2,800万バーツの掛札等が押収されたというもので、国家警察本部管轄下の武装警察官を含む100人以上の警察官がこの摘発に投入され、また一部の武装警察官はヘリコプターを使用して上空からビル内に突入した。

 摘発された違法カジノは、首都圏警察本部プラッププラーチャイ2署から1Kmと離れていない場所にあった。

* 関連報道映像
http://www.thaipbs.or.th/clip/index.asp?content_id=221484&content_category_id=688

posted by Jean T. at 15:56| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アユッタヤーで長距離バスに向け銃弾、乗客1人が負傷

 各報道によると、31日5:00頃アユッタヤー県ナコンルワン郡内を通るアジアハイウエー上で、ナーン県からバンコクに向かっていた長距離バスに向け銃弾が発砲され、乗客の37歳の女性の右腕の肘の部分に銃弾が命中するという事件が発生した。

 当時車内には運転手と車掌、乗客25人が乗車していた。

 運転手によると、走行中に大きな音が聞こえたが、銃弾が命中し負傷を負った女性が叫び声を上げるまで銃弾がバスに向けて撃ち込まれていた事には気がつかなかったという。

 警察側は、若者同士の対立抗争の際に発砲された銃弾が標的を外れてバスに命中した、または県内で頻発している走行中の車両に向けた投石事件に刺激された若者グループが銃弾を走行中のバスに向け発砲したと見て捜査を開始した。

 尚、報道によっては、運転手が車から銃弾が発砲されたが、車の種類等に関しては記憶していないと証言していると報じるものもある。

posted by Jean T. at 15:22| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーン財相、ドーンムァン空港の完全再稼働もあり得る

 ゴーン財務大臣は30日、依然議論の余地がある話であると断った上で、財政的な事情でドーンムァン空港をスワンナプーム国際空港に次ぐ第二のバンコクの玄関として完全再稼働させる事があり得る事を明らかにした。

 ゴーン財務大臣の口から財政的な事情に関する詳細に関しては明らかにされなかったが、仮にドーンムァン空港を完全再稼働させた場合、スワンナプーム国際空港の拡張に必要な700億バーツ以上の予算の投下を凍結する事が出来ると指摘されている。

 現在ドーンムァン空港ではオリエント・タイ空港及びその傘下航空会社の便のみが運行されている。

posted by Jean T. at 00:29| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

娘を嫁に出せとしつこく迫った男性を殺害した父親が出頭

 プーヂャッカーン紙(オンライン)及びネーション系のタイ語速報によると、30日ナコンシータンマラート県ナーボーン郡内で、自宅前で55歳の男性を殺害した57歳の男が郡警察署に出頭してきた。

 男は取り調べに対して、酒に酔って家に現れ娘(19)を息子の嫁に出すよう迫ってきた男性の要求を断った事から喧嘩となり、怒りの余り拳銃を取り出し射殺してしまったと供出しているという。

 男によると、男性はかねてから執拗に娘を嫁に出すように迫っていたという。

posted by Jean T. at 00:24| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。