2009年11月23日

戦闘機4機が元首相のプライベート機を追尾? プゥア・タイ党が指摘

 プゥア・タイ党所属下院議員のアヌディット・ナーコンタップ空軍大佐は22日、カンボジア訪問中だったタクシン元首相のプライベート機がプノンペンを飛び立った際に、戦闘態勢を整えた2機のF16及び2機のF5が当該機追尾の為に飛び立っていたと指摘した上で、ステープ副首相に対して事実関係を明確にするよう要求した。

 この発言に先立ちステープ副首相は22日朝、あらためてプライベート機追尾の為に戦闘機を出動させたとのプゥア・タイ党側の指摘を否定した上で、タイ側には領空通過禁止措置を講じた航空機が領空を侵犯した場合には強制着陸措置を講じる権利があると語っていたが、アヌディット空軍大佐によると、仮に戦闘態勢を整えた戦闘機が追尾していた事が事実だった場合、武器の使用による民間機に対する強制着陸措置を禁じた国際航空規則に違反する事になるという。

posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウドンの赤服強硬派、28日の集会開催に異議

 ウドンターニー県内最大の赤服軍団を率いているクワンチャイ・プライパナー氏は22日、反独裁民主主義同盟が大規模集会を28日から来月2日の日程で開催を計画している事に対して異議を唱えた。

 クワンチャイ氏は、国王誕生日前の28日から来月2日にかけて大規模集会を開催する事は不適切であるだけでなく、国王に対する敬意を赤服軍団が持っていないとの目を社会から向けられる事に繋がり得ると指摘した上で、国王誕生日の12月5日以降に大規模集会を開催するべきであると指摘した。

 クワンチャイ氏によると、23日から25日にかけて三県内で開かれる赤服軍団の会議及び14日に開催された資金調達コンサートでの収益金の総額次第では東北部19県内から約4万人の赤服軍団を集会に送り込む用意が出来ているが、現在はドバイで行われているタクシン元首相と同盟幹部のウィーラ・ムシッカポン氏との協議結果待ちの段階だという。

posted by Jean T. at 00:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23日にチェンマイの赤服幹部の逮捕状を請求、首相の殺害脅迫容疑で

 チェンマイ県のパイロート副県知事(治安担当)は22日、首相に対する殺害脅迫の容疑でチェンマイ県内最大の赤服軍団ラック・チェンマイ51を率いているペーチャラワット・ワタナポンシリ氏の逮捕状を警察が23日に請求する見通しになった事を明らかにした。

 ペーチャラワット氏は、本拠地であるワロロット・グランド・ホテル内にあるコミュニティーラジオ局の電波を通して、29日にメリディアン・ホテル内で開催されるタイ商業会議所の全国総会に出席する為にチェンマイ県を訪問する予定になっているアピシット首相を狙った自動車爆弾を使用した暗殺計画が存在していると語っていたとされ、先に同ラジオ局の主要DJでもある女性幹部が、ペーチャワラット氏が暗殺計画に触れた事は事実であると確認した上で、この発言はあくまで挑発を意図した冗談でしかなかったと主張していた。

 一方、ラック・チェンマイ51は22日、あらためて暗殺計画への関与を否定した上で、見慣れない人物がチェンマイに集まりだしており、何らかの第三者による情勢扇動行為があり得るとして、赤服軍団に対して警戒を怠らないよう呼びかけた。

posted by Jean T. at 00:34| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

首相、チェンマイ行きを再々確認 - 治安法適用は検討段階

 アピシット首相は22日放送された定例政見放送の中であたらめて29日に予定通りチェンマイ県を訪問する予定である事を確認した。

 また、アピシット首相は、訪問期間中の国内治安法の適用の可能性に関しては、まだ検討中であると語り確認を避けたが、違法な大衆動員行動に対しては厳格に法を執行する考えであるとした。

 しかし、28日から来月2日にかけてバンコクで開催が計画されている反独裁民主主義同盟の大規模集会にあわせた国内治安法の適用の是非に関しては24日に招集される定例閣議の場で協議される予定になっている事を確認した。

 一方、プゥア・タイ党のプロームパン報道官は22日、投資やベストシーズン中の観光客の動向に影響を与え得る国内治安法のバンコクやチェンマイを対象にした適用に反対を表明した上で、アピシット首相に対して、不必要な衝突の事態を将来するおそれがあるチェンマイ行きを中止するべきであると指摘した。

posted by Jean T. at 17:56| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服が外国人を動員? ステープ副相が関係当局に調査を指示

 ステープ副首相は22日、反独裁民主主義同盟が28日から来月2日の日程で開催を計画している大規模集会に絡んで外国人が動員されているとの情報があるとして、関係当局に調査を命じると共に仮に事実であった場合にはかかる動きを阻止するよう指示した事を明らかにした。

 その上でステープ副首相は、仮に外国人労働者が集会に動員されるような事があれば、法的責任が管理責任者に及び事になるとして、外国人労働者を抱える事業者に対して責任下の外国人労働者を十分に管理するよう呼びかけた。

posted by Jean T. at 17:19| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性におびき出された23歳男性、待ち構えていたライバルグループから暴行

 ネーション系のタイ語速報によると、21日夜チョンブリー県パッタヤー地区内で23歳のバイクタクシーの運転手男性が人気の無い路上で待ち伏せしていたライバルグループに暴行を振るわれ負傷を負うという事件が発生した。

 被害にあった男性によると、マリンプラザ・ホテル前で乗せた女性客を乗せ目的地に着いたところで待ち構えていた過去に喧嘩等でライバル関係にあった同じバイクタクシーのスタンドで客待ちをしている男を含む5人以上の若者グループに暴行を振るわれたり三枚板で頭を殴られるなどしたという。

 警察側はライバルとの過去のいざこざ、または客の奪い合いが事件の背景にあると見て、グループの行方を追うと共に再度詳細に渡って男性に対して事情聴取を行い事件の背後関係を解明する方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 15:28| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイズ治療薬代捻出の為に強盗を働いた2人組男が御用

 プーヂャッカーン紙(オンライン)及びネーション系のタイ語速報によると、21日バンコクのバーンケー区内の路上で、19歳の女性をナイフで脅した上で1バーツ重量の金製ネックレスや携帯電話等を強奪した容疑で31歳と36歳の2人組の男が、たまたまバイクの取締作業中だった警察官に取り押さえられるという事件が発生した。

 被害にあった女子大生は、1日前に付近にあるアパートに引っ越してきたばかりだったという。

 調べによると、女子大生が歩道橋近くの路上を歩行中に31歳の男が後ろから首にナイフを突き付けながら金製のネックレス等を強奪し、待たせてあった36歳の男が運転するバイクに乗って逃走しようとしたが、女性の悲鳴を聞きつけた一般人から通報を受けたバイクの取締作業中だった2人組の警察官が、右側車線を走行中だった10輪トラックを車線変更させ進路を塞ぎ検問を突破しようとした犯人2人組を取り押さえた。

 バイクの運転役だった36歳の男は取り調べに対して、エイズを患っており次回の診察の際に保険適用外の治療薬を処方され、自分で薬品代を支払わなければならなくなるおそれがあった為、バイタク運転手だった時代に同僚だった31歳の男と相談し薬品代捻出の為に犯行を思い立ったと供述しているという。

posted by Jean T. at 11:12| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイの赤服、暗殺説は単なる冗談 - 4万人規模で首相を迎え撃ち

 チェンマイの赤服軍団ラック・チェンマイ51幹部のDJオームことガンヤーパック・マニーヂャック女史は21日、政府及びアピシット首相はグループ幹部の暗殺計画発言にかこつけて赤服軍団を中傷したり、当局を動員して赤服軍団の押さえ込みに動くべきではないと指摘した。

 ガンヤーパック女史によると、グループ最高顧問のペーチャラワート・ワタナポンシリグン氏がコミュニティーラジオを通じて暗殺計画に触れた事は否定しないが、この発言はあくまで挑発を意図した過激な冗談でしかなかったのだという。

 また、ガンヤーパック女史は、アピシット首相に対してチェンマイの住民感情を考えて訪問を留まるよう訴えると共に同首相のチェンマイ訪問に備えて25日にからチェンマイ県を初めとする北部8県内の赤服軍団の動員を進め4万人規模の赤服軍団を同首相が出席する予定になっているタイ商業会議所全国総会会場前に集結させ、ローイクラトーンの伝統様式に則り県都内全域に響き渡る位の量の爆竹を鳴らすと共に大量のコームローイを空に上げて会議を徹底妨害する考えである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 01:54| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

パッタヤーのコンド販売事務所で爆発、2人が死傷

 タイラット紙(オンライン)及びネーション系のタイ語速報によると、21日午前チョンブリー県パッタヤー地区内にあるコンドミニアムの販売事務所付近で懐中電灯に仕掛けられていた爆発物が爆発し、初期報道段階で1人が搬送先の病院で死亡し1人が軽傷を負った。

 調べによると、コンドミニアムの販売事務所前におかれていた不審な懐中電灯を発見した建設作業員が持ち上げスイッチを入れたところで爆発が発生し、爆発の衝撃で腕を吹き飛ばされた建設作業員が搬送先の病院で死亡し、近くにいた建設作業員1人が軽傷を負った。

posted by Jean T. at 15:20| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワリット元首相、暗殺計画存在との噂を首相は甘く見るべきではない

 プゥア・タイ党議長のチャワリット元首相は21日、北部の視察訪問を計画しているアピシット首相を狙った暗殺ないしは爆破攻撃が計画されていると報じられている事に関して、事実では無いとの個人的な認識を示した上で、アピシット首相に対して北部、特にチェンマイ県を訪問する際には油断する事無く警戒を怠るべきでは無いと指摘した。

 また、チャワリット元首相は、スパイ容疑でカンボジア当局に拘束されているタイ人技術者の母親から面会に向けた協力を要請する連絡があり、その際に自分ではなくステープ副首相にコンタクトを取るように指示していた事を認めると共にカンボジア政府内の大物と直接コンタクトを取った限りでは特に拘束されているタイ人技術者に関して懸念される問題は起きていないとの認識を持っている事を明らかにした。

 しかし、カンボジア側が、ガシット外務大臣が在プノンペンのタイ大使館一等書記官に対してタクシン元首相の飛行スケジュールの入手を指示した盗聴テープを所持しいるとされている事に関しては、これまでにそのような話を聞いたことが無く事実なのかは判断できないとした。

posted by Jean T. at 13:11| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日系ビデオレンタル店を違法コピーで摘発、コピーDVD等2千万バーツ相当を押収

 各報道によると、20日警察当局は通報に基づきバンコクのソーイ・スクムウィット33/1内にある日本人を主要な客層とするビデオレンタル店2店舗を違法コピーDVDの製造、所持の容疑で摘発し、女3人を逮捕すると共に17万枚の違法コピーDVDや一日あたり5,000枚のコピーDVDの製造が可能な装置等2,000万バーツ相当を押収した。

 逮捕された3人は取り調べに対して、日本人出資者から雇われて日本から送られてきた日本語や韓国語、中国語、英語等の映画やドラマの違法コピーDVDを少なくとも一日あたり5,000枚製造していた。製造したDVDはスクムウィット周辺に住む日本人に一枚あたり一日20バーツで貸し出していたと供述しているという。

 仮に逮捕された3人の有罪が確定した場合、最高で5年以下の禁固及び5万バーツ以下の罰金の両方または何れかが課せられる事になるという。

* 報道画像
http://pics.manager.co.th/Images/552000015234901.JPEG

posted by Jean T. at 12:10| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア防相、盗聴テープの存在を完全には否定せず

 カンボジアのテーバン副首相兼防衛大臣は20日、自分の管掌内でのみ盗聴テープが存在していない事を確認できるると語り、盗聴テープの存在を完全否定したとの報道を否定した。

 この発言は、同日朝外電等で同防衛大臣が、ガシット外務大臣が在プノンペンのタイ大使館一等書記官に対してタクシン元首相の飛行スケジュールを盗むよう指示した盗聴テープの存在を完全否定したと伝えられた事を受け同日夕方に行われたch3のキャスターとの電話取材に対して語られたもので、取材に対して同防衛大臣は「自分の責任範囲内では盗聴テープは存在していないが、その他の部門での存在・非存在に関しては関知していない」と語った。

 一方、これに先立ち反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、テーバン防衛大臣の発言は外交辞令に則った両国関係を考えた上での発言であるとした上で、カンボジア政府側が直前になってタクシン元首相のプライベートジェット機の着陸場所を変更したり宿泊先を変更した事からも盗聴テープが存在している事は否定できない事実であると語った。

posted by Jean T. at 11:24| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

首相、それでもチェンマイに行く- 地元当局を信頼

 アピシット首相は20日、29日に予定されている商業会議所の総会に出席する為に予定通りチェンマイ県に行く考えである事を明らかにした。

 これは、チェンマイ県内最大の赤服軍団ラック・チェンマイ51等がコミュニティーラジオ局等を通して人員の動員を進めると共にアピシット首相に対する暴力を呼びかけていると伝えられている事を受け、ステープ副首相が、赤服軍団側は議会解散以上のものを目指していると指摘した上で、アピシット首相に対して自身の身の安全に対する警戒を呼びかけると共に地元当局に対してコミュニティーラジオ局の監視及び警備体制の強化を指示した事を明らかにした事を受けたもの。

 アピシット首相は、身の安全に対する多少の不安がある事は認めたが、警備に責任を負っている地元当局が情勢を十分に掌握できると確信しているとして、訪問地を変更したり予定を変更する考えが無い事を明らかにした。

posted by Jean T. at 15:18| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ人作業員が同僚のカンボジア人男性を殺害、背景に両国関係を巡る口論

 デイリーニュース紙(オンライン)によると、20日0:00頃チョンブリー県シーラーチャー郡内にあるゴム農園の作業員宿舎内で40歳のカンボジア人作業員男性が刺殺されるという事件が発生した。

 調べによると、現在所在不明になっている同じ宿舎に住むマハーサラーカム県出身の44歳の男と男性が酒を飲み交わしていた際に発生した男性の母国であるカンボジア当局がタイ人技師をスパイ容疑で逮捕したり、同国政府がタクシン元首相を経済政策顧問に据えた事を巡った激しい口論にキレた男が男性を刺殺し逃走した。

 遺体を発見し警察に通報した、同じ宿舎に住む男の実兄(47)によると、男は暫く実家に帰るという言葉を残して現場から立ち去っていったという。

posted by Jean T. at 13:20| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヂャクラポップ氏、赤服が国境線で軍事訓練を行っていると発言した事実は無い

 国外逃亡中のデーンサヤーム幹部で元反独裁民主主義同盟幹部のヂャクラポップ・ペンケー氏は19日、バンコクのインオペリアル・ラートプラーオ店5階にあるレッドショップとをビデオ回線(報道により電話回線)で繋いで行われた記者会見の中で、外国メディアとのインタビューの中でカンボジアとの国境線に武器が搬入され、そこで赤服軍団に対する軍事訓練が行われていると発言したと伝えられている事は事実無根のデマであると指摘した上で、メディアに対して情報を丹念に分析した上で報じるよう要請した。

 ヂャクラポップ氏によると、かかるデマは自身の信用を貶める事により政治的な利益を得る目的で流布された可能性が高いという。

 また、ヂャクラポップ氏は、対立が伝えられる反独裁民主主義同盟が28日から計画している大規模集会に関しては長年に渡る民主主義体制を育む為の戦いという点で良い話であるとした上で、この戦いが民主主義の復活に繋がるか否かに関しては判断できないものの長期的視野に立った良い出発点になるだろうとの認識を示した。

 一方、反独裁民主主義同盟とデーンサヤームが対立している事に関しては、対立しているのは戦略面だけで民主主義の為に闘うという点では両者一致しているとした上で、両者が再度手を結ぶ時が何れ訪れる事になるとの考えを示した。

posted by Jean T. at 00:23| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧政権党幹部、民主党の解党請求の方向で検討 - 告発元のプゥア・タイは事実上の丸投げ

 旧タイ・ラック・タイ党幹部のスタム・セーンプラトゥム氏は19日、先にプゥア・タイ党党員のワンロップ・ピンマニー大将が民主党側が仕掛けたトラップによりタイ・ラック・タイ党が解党に追い込まれたと指摘している事に絡んで、元法務大臣のポンテープ・テープガンヂャナ氏を調整役としてトラップを仕掛けた民主党の解党や権利回復等の公正な処置を要求する方向で検討を行っている事を明らかにした。

 一方、告発元であるプゥア・タイ党側は、イサーン・パッタナー会派を中心とした非幹部系議員の間で民主党の解党を要求する動きが見られているが、同党執行幹部に名を連ねているプロームパン報道官は党として今回の疑惑に対して何らかの法的なアクションを取る方針は無いと語り、事実上旧タイ・ラック・タイ党幹部に丸投げする方針である事を明らかにしている。

 プゥア・タイ党や同党幹部がこの"一大スキャンダル"から距離を置いている背景に、一党員による疑惑指摘が虚偽であったと万が一判明した場合に起こりえる党自体への責任追及を避けたいとの思惑が働いているとの見方もされている。

 一方、民主党のニピット・イントラソムバット氏は19日、パンロップ大将を虚偽の告発で告訴する方向で準備を進めている事を明らかにすると共に同大将が所属するプゥア・タイ党のヨンユット党首に対して同大将の発言が党の意志に基づき為されたのか明確にするよう要求した。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、元首相が東北部入りし次第逮捕・拘禁

 アピシット首相は19日、仮にタクシン元首相が東北部の国境線地帯に侵入した場合には、国内法に則り直ちに逮捕、拘禁の措置が執られる事になると指摘した。

 この発言に先立ちタクシン元首相は、仮にタイ政府側がアラブ首長国連合に働きかけて自分を同国から追放されるような事態になった場合にはタイの東北部の国境地帯に本拠地を構える考えであるとTwitter等を利用して宣言していた。

posted by Jean T. at 00:18| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マレーシア国内で売春を強要されていた約400人のタイ人女性が保護

 19日、ターウォン副内務大臣は社会開発・人間の安全保障省や国家警察本部、女性権利擁護財団関係者を伴い記者会見を開き、マレーシアの内務省の協力により同国内13州内で人身売買の犠牲になり売春を強要されていた約400人のタイ人女性が来月14日にソンクラー県サダオ郡内の国境検問所でタイ当局側に引き渡される予定になっている事を明らかにした。

 ターウォン副内務大臣によると、マレーシアで救出された女性の出身地別内訳では東北部出身者が一番多く、次いで南部国境三県域と続き、また被害にあった女性が話を持ちかけれた地点別では、フワラムポーン駅が一番多く、以下、ヂャトゥヂャック公園、モーチット長距離バスステーション、ハート・ヤイ駅、国境検問所と続く結果になったという。

posted by Jean T. at 00:17| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実娘を6年に渡り強姦しタイに逃亡した米国人鬼畜男をパッタヤーで逮捕

 マティチョン紙(オンライン)によると、警察当局は19日、実娘に対する性的暴行容疑でアメリカ当局から身柄を追われていた59歳のアメリカ人の男をチョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムン郡内で逮捕した事を明らかにした。

 男は実娘が13歳だった時から6年間に渡り性的な暴行を加えたとしてカリフォルニア州の裁判所から逮捕状が発行されていた。

 男は警察の取り調べに対して容疑を認めているという。

posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

赤服、マラソン集会を前倒し - 30日にバンコク複数箇所で街頭行動

 反独裁民主主義同盟は19日、今月29日から12月3日迄の日程で開催が計画されていた大規模集会を一日前倒しし今月28日から2日の日程で開催する事を明らかにした上で、今回の大規模集会がタイ史上嘗て無い規模の政府を崩壊へと導くものになるとの見通しを示した。

 同盟側によると、この前倒し措置に拘わらず大規模集会期間中に政府側が要求を受け入れなかった場合は5日の国王誕生日を祝う式典終了後に再度集結し政府打倒実現まで集会を継続開催する方針だという。

 同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏によると、28日正午から29日にかけて民主記念塔前で集会を開催した後に、29日に行われる閲兵式典の予行練習の終了を待って首相官邸裏手のミスカワン交差点に移動し、同所で30日朝迄集会を開催し、同日にバンコク内の主要な路上で街頭活動を展開した後に再度同日夕方にミスカワン交差点に移動し2日朝まで同所で集会を開催する方針だという。

posted by Jean T. at 19:11| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。