2009年11月04日

バンコクがアジア主要10都市中最も理想的な旅行先、ANMC21調査で

 アジアの主要21都市で構成されるAsian Network of Major Cities 21のバンコクで開催された第8回総会で、10点満点中7.19点の評価を得たバンコクがアジア内の主要10都市の中で最も理想的な旅行先に選出された。

 尚、2位には東京(3.12点)、3位にはシンガポール(2.45点)、4位にはハノイ(1.65点)が選ばれた。

 また、バンコクが外国人を魅了する部分に関しては、最も多い20.4%の回答者がタイ料理をあげ、以下、遺跡や歴史的な物(19.7%)、友好的なタイ人気質(16.8%)、文化、習慣、芸術(15.8%)、ショッピングゾーン(15.1%)と続き、またバンコク内の外国人を感動させる観光名所に関しては、最も多い39.4%の回答者がワット・プラケーオをあげ、以下、ワットポー(11.5%)、プラトゥナームやパトゥムワンのショッピングゾーン(11.0%)、ヂャトゥヂャック市場(10.7%)、カーオサーン通り(6.5%)と続く結果になった。

 更に、バンコク観光に対する満足度に関しては、全体で10点満点中7.33点の評価が下され、個別では、食べ物及び飲み物に対する満足度が一番高く8.56点をつけ、以下、採算性(8.41点)、友好的なタイ人気質(8.37点)、観光地(8.14点)と続き、一方で大気の状態に関しては4.62点と最低の点をつける結果になった。

* タイと長く関わっているとシンガポールや香港、マレーシアでさえも遙かにタイよりもLand of Smileだと思えるようになると思います。

posted by Jean T. at 13:11| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公社系バスの運転手がミニバス運転手に暴行され負傷、客を奪われた腹いせ?

 INNによると、4日朝バンコクの関税局近くにあるバスの操作場内で、バンコク大量輸送公社直営の47番路線バスの運転手が同公社からの委託で4番路線を運行しているミニバスの運転手に刃物等で暴行を振るわれ負傷を負うという事件が発生した。

 警察側は、被害にあった運転手が運転する運賃無料バスが、路線内にある全ての停留所で客を乗せた事により客を奪われた事に怒った、同じ路線を走行するミニバスの運転手が運賃無料バスの走行を妨害しながら追っかけ、操作場内で運賃無料バスの運転手が降車したところで暴行を振るったと見て、ミニバスの運転手を追っているとした。

posted by Jean T. at 11:50| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショッピングセンターの女子トイレ内でのぞき見していた26歳の変態を逮捕、パッタヤーで

 INN及びネーション系のタイ語速報によると、3日チョンブリー県パッタヤー地区内にあるショッピングセンター内で、女子トイレ内でのぞき見をしていた26歳の男が警備員に取り押さえられ警察に突き出された。

 被害にあった女性(26)によると、トイレに入った際に、既に使用中になっていた隣の個室の下の隙間から男がのぞき見をしていた為、驚いてトイレから出て警備員に通報したという。

 取り押さえられた当時酒に酔っていた男は取り調べに対して、急激な腹痛に襲われて間違えて女子トイレに入ってしまった。地面に向かって屈んでいたのは落とした財布を拾おうとしていただけで、のぞき見などは行っていないと主張しているという。

posted by Jean T. at 11:24| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚を控えていた男女がバイクで走行中に銃撃、男性が死亡

 コム・チャット・ルゥク紙(オンライン)及びINNによると、3日23:30頃バンコク隣県のナコンパトム県バーンレーン郡内で、バイクの2人乗りで路上を走行中だった23歳と19歳の男女がバイクに乗った2人組に銃撃され男性が死亡し、女性が軽傷を負った。

 死亡した男性は近々軽傷を負った女性の家に婿入りする予定になっていた。

 女性によると、先月31日に男性と副村長の妻との間で激しい口論が展開されていたこと以外の男性が絡む係争は思い当たらないという。

 警察側は、既に実行犯を特定しており、現在証拠固めを行っているところである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 11:09| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女学生2人に手錠をかけ車内で強姦した鬼畜タクシー運転手を逮捕

 コム・チャット・ルゥク紙及びプーヂャッカーン紙(何れもオンライン)によると、警察当局は3日乗客の女子大学生2人に性的暴行を加えた上で金品等を強奪した容疑でナコンラーチャシーマー県出身の32歳のタクシー運転手の男を逮捕した事を明らかにした。

 調べによると、男は3日4:00頃に有名大学の4年課程に通う女性2人を乗せ走行中にバンコクのヂェーンワッタナ・ソーイ1付近の路上に車を駐車させ、刃物を突き付けたり、刃物で服に切り込みを入れるなどして脅した上で2人に布で目隠しをすると共に2人の腕を手錠で繋いだ上で、人気の無いところに連れ込み車内で2人に性的な暴行を加え、更に2人をパトゥムターニー県内にあるホテルに連れ込みそこで再度性的な暴行を加えた上で2人が所持していた携帯電話2台や1サルゥン重量の金のネックレス、1,500バーツの現金を強奪し、2人をホテル前で解放した後に逃走したという。

 被害にあった2人は、ソーイ・パホンヨーティン59から同53に向かう為にタクシーに乗車し被害にあったが、タクシーのナンバーを記憶していた為にスピード逮捕となった。

 逮捕された男は、2人の女性が露出度の高い服を着ているのをみてむらむらとしてしまい、就業前に酒を飲んでいた事や最近離婚していたことも手伝って思わず手を下してしまったと供述しているという。

* 参考画像 (左端が鬼畜男、残りの2人はノンタブリーで発生したラオス人の同僚を殺害した容疑で逮捕されたラオス人)
http://pics.manager.co.th/Images/552000014304301.JPEG

posted by Jean T. at 02:04| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服議員、民主党は不信任審議の際に見せた気概を持ってBBC疑惑の解明を進めるべき

 反独裁民主主義同盟幹部でプゥア・タイ党所属下院議員のヂャトゥポン・プロームパン氏は3日、バンハーン政権だった1996年に行われた不信任決議案審議の録音テープを公開した上で、あらためて当時追求側に回った民主党に対して審議の際に見せた気概を見せてバンコク商業銀行不正融資疑惑の解明を進めるよう要請した。

 発言の中でヂャトゥポン氏は、ステープ副首相が不信任決議案審議の際に明確にバンコク商業銀行側がラーゲース・サクセーナー氏の国外逃亡に便宜を図るために2千万バーツの小切手を発行していたと指摘すると共に、その小切手が1995年に行われた総選挙の際に疑惑に関与したとされる16人グループの地盤であるブリラム県やシーサゲート県、チョンブリー県、ペーチャブリー県等で有権者1人あたり250バーツから350バーツで票を買収する為の資金源として流用されていた疑惑を指摘していただけでなく、もし自分が内務大臣だったら向こう2ヶ月以内に疑惑を解明し関係者を訴追する事が出来ると強気の発言までしていたにも関わらず、必要十分な権限を手中に収めた今になってバンハーン元首相等に対する追求に及び腰になっていると指摘した。

 ヂャトゥポン氏によると、党内でステープ副首相を初めとする当時の野党所属議員の審議での発言を洗い直した上で、今後の対応を協議する考えだという。

 一方、ヂャトゥポン氏は、年末までの政府打倒を目指す方針を明らかにしている反独裁民主主義同盟・赤服軍団が12月中に100万人規模の集会を開催する方針である事を再確認した。

 集会開催日程等の詳細に関しては今月14日にナコンラーチャシーマー県内のカーオヤイ国立公園内で開催が計画されている資金調達を兼ねたコンサート終了後に協議される予定だといういうが、いずれにしても国王誕生日前日の12月4日及び誕生日当日の5日には集会を開催する予定は無いという。

posted by Jean T. at 01:24| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーで国旗に包まれた爆発物、レンジャー1人が重傷

 3日朝、パッターニー県マイゲーン郡内で、路上脇に仕掛けられていた爆発物が警戒作業中のレンジャー部隊関係者の通過にあわせて爆発し、レンジャー部隊員1人が重傷を負った。

 犯行に使用された爆発物は、タイの国旗で包まれており、近くの路上には当局をあざ笑うかのようにスプレーで「アヒルと魚だけでなく銃弾も配給しろ」と記されたメッセージが残されていた。

 3日には、パッターニー特別自治区構想を提唱するプゥア・タイ党議長のチャワリット元首相が構想説明の為にパッターニー県入りする予定になっていた。

 一方、ヤッラー県ターントー郡内では3日夕方、バイクの2人乗りで路上を走行中だった38歳と19歳の仏教徒の女性が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。

 39歳の女性は、村自警組織に所属していた。

posted by Jean T. at 01:20| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元首相の従兄乗車の車とバイクが衝突、バイクの1人が死亡し元首相従兄が骨折

 各報道によると、3日10:00頃チェンラーイ県ウィヤンパーパー郡内の路上で、タクシン元首相の従兄で元国軍司令官のチャイヤシット・チンナワット大将等を乗せたワンボックスカーとバイクとの衝突事故が発生し、チャイヤシット大将が左の足首を骨折する負傷、バイクを運転していた26歳の男性が死亡し後部座席に乗っていた妹(19)が左足骨折の負傷を負うという事故が発生した。

 事故発生後、バンコクでの治療を希望したチャイヤシット大将側の意向を受け、軍側がヘリコプターを用意して同大将及び軽傷を負った同行者をチェンマイ県内の病院に搬送し、そこからバンコクへ移送する事態になった。

 尚、死亡した男性の妹は慈善団体が用意した車でチェンラーイ県内の病院に搬送されている。

 警察側は、見通しの良い直線道路上でワンボックスカーが車線をはみ出した際に衝突事故が発生している事から、ワンボックスカーを運転していた男性の居眠り運転が原因で事故が発生した可能性があると見て検証を行っているとした。

posted by Jean T. at 01:19| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。