2009年11月13日

首都圏住民の60%強が政府は話し合いによるカンボジアとの関係改善を図るべき

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールが首都圏在住の1,218人の回答者を対象に11日から12日にかけて行った調査で、回答者の61.5%がアピシット政権は話し合いによるカンボジアとの関係改善を図るべきであると回答し、20.7%の回答者がタイの尊厳を守るために厳しい措置をカンボジアに対して講じるべきであると回答していた事が明らかになった。

 また、39%の回答者が政府のカンボジアやタクシン元首相のThe Times氏とのインタビューに対する対応に不満足であると回答し、大変満足していると回答した者は27.8%に留まったが、政府側がカンボジアとの間に締結された海上国境紛争地に関する覚え書きを破棄する方針を決定した事に関しては41%の回答者が支持できると回答した。

 更に、44.9%の回答者がThe Timesとのインタビューの中でタクシン元首相が実際に不敬罪に該当する発言をしたかについて確信する事が出来ないと回答する一方で、タクシン元首相自身に関しては、29.3%の回答者が関心がない、26.6%の回答者が嫌い、不満足と回答し、敬愛、尊敬していると回答した者は6.7%に留まった。

 一方、タクシン元首相の身柄引渡要求に関しては55.2%が支持、29.0%が反対、カンボジアに対する財政支援の凍結に関しては41.4%が支持、40.4%が反対と回答する一方で、68.6%の回答者が国境封鎖に反対と回答し、支持すると回答した者は僅かに19.8%に留まった。

posted by Jean T. at 16:42| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警官がバスに乗り込んできたのに驚いた学生が捨てたペン型銃の暴発で重傷

 マティチョン紙及びプーヂャッカーン紙(何れもオンライン)によると、13日8:00頃バンコクのクローントゥーイ区内のタールゥア病院前の路上を走行中だった180番路線バスの車内で、技術系職業訓練課程校に通う17歳の学生が、所持していたペン型銃の暴発により重傷を負うという事件が発生した。

 調べによると、武器等を所持している学生グループが乗車しているとの乗客からの通報を受け所持品検査の為に警察官がバスに乗り込んできたのに驚いた学生が、ライバル校の学生の襲撃目的で所持していたペン型銃を大急ぎで隠そうとした際に暴発したものと見られている。

 当時、車内には重傷を負った学生と同じ職業訓練校に通う学生約10人が乗っており、車内からは警察官が乗り込んだ際に捨てたと見られるペン型銃2挺(うち1挺は拳銃とする報道も)や刃渡り30センチのナイフ2本、.38口径の銃弾1発が押収されている。

posted by Jean T. at 15:59| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア、タイ人空港管制職員をスパイ容疑で逮捕

 各報道によると、カンボジアの当局が11日にカンボジア航空運輸サービスに所属するタイ人のエンジニア男性(31)をスパイ容疑で逮捕していた事が13日明らかになった。

 パニターン政府報道官代行は、逮捕の事実を確認した上で在プノンペンのタイ大使館に対して男性に対する法的支援を指示した事を明らかにした。

 直接の逮捕容疑は、タクシン元首相の飛行スケジュール及びカンボジア国内の同元首相及びフンセン首相の旅程表を盗み出した容疑で、逮捕後、男性はプノンペン郊外の刑務所に収監されたという。

 男性が所属するカンボジア航空運輸サービスはカンボジア国内の全てのフライトの管制業務に当たっている会社。

posted by Jean T. at 15:21| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア、在プノンペンのタイ大使館一等書記官に対し本国退去命令

 カンボジア政府は12日、在プノンペンのタイ大使館一等書記官に対して同日17:00から48時間以内に本国への退去を命じた。パニターン政府報道官が同日夕方確認した。

 この措置を受けタイ政府側は対抗措置として、在バンコクのカンボジア大使館一等書記官の48時間以内の本国退去を命じた。

 この措置についてカンボジア側は、当該一等書記官がカンボジア側にとって好ましくない外交官(persona non grata)である事を理由に掲げているが、タイ政府側は先にカンボジア側がタクシン元首相の身柄引渡を拒否した事に対する報復措置としてカンボジアに対する支援の凍結を明らかにした事に対する報復措置との見方を示している。

 この動きを受け、APEC外相会議出席の為にシンガポールに滞在中だったガシット外務大臣が情勢掌握と今後の対応を協議する為に急遽12日22:00頃に着予定の便で帰国する事になった。

posted by Jean T. at 00:12| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虚偽情報流布のタイ党議員、今度は元官僚Sが150Mで元首相の暗殺を依頼

 プゥア・タイ党所属下院議員のプラチャー・プラソップディー氏は12日、元高級官僚のS(ソー・スゥア)がタクシン元首相の暗殺を総額1億5千万バーツで依頼したとの情報を得ている事を明らかにした上で、背景にタクシン元首相帰国による報復に対する恐れがあると指摘した。

 タクシン元首相関連の虚偽の情報を度々流布してきた事でも知られるプラチャー氏によると、バナナの葉と同じ色の制服を着込む当局関係の最高位に就いた事がある高級官僚だったSにより雇われた暗殺チームは1人あたり3,000万バーツで暗殺を請け負った5人の男で構成されており、証拠となる画像や書類も既に押さえてあるという。

 また、プラチャー氏によると、押さえてある証拠は"真性"のもので、別途党議長のチャワリット元首相に報告する予定だという。

* S = スラユット?

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウドンからバンコクに逃走中の美人局カラオケ嬢を逮捕

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、警察は他の男女と共謀して客として訪れた男性から金品等を強奪した容疑でノーンカーイ県出身のカラオケ店従業員の女(21)をバンコクのワタナー区ソーイ・プリディーパノムヨン14の入り口付近で逮捕した。

 調べによると、女は恋人の男と同僚の女と共謀して当時勤務していたウドンターニー県県都内のカラオケ店に7月2日に客として訪れたタイ国鉄職員の男性(50)の席に共犯者の女と共に付いた際に、一緒に寝る約束をして男性を同僚の女と共にホテルにおびき出し、ホテルの室内で事を済ませ男性が疲れ果てた状態になっている時を見計らって部屋の入り口を開け恋人の男を部屋におびき入れた上で男性の頭をビールの瓶で殴りつけ男性の意識を失わせた上で2バーツ重量の金のネックレスや2万バーツの現金を強奪し逃走していたという。

 共犯者の内、同僚の女は既にウドンターニー県の県都警察により逮捕されており、現在恋人の男が依然逃走中だという。

 女は警察の取り調べに対して、同僚の女と共に男性とホテルに行くという話を聞きつけた恋人の男が部屋に押し入り暴れた際に部屋から逃げ出していた為、その後室内で何が起きていたかは知らなかったと供述しているという。

 女によると、男性はカラオケ店内のホステスのほぼ全員を店外に連れ出した事がある程の常連客で、自分と同僚の女が最後に残った男性が店外に連れ出した事が無いホステスだったという。

*逮捕された女
http://pics.manager.co.th/Images/552000014779501.JPEG

posted by Jean T. at 00:07| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公文書偽造容疑で67歳男を逮捕、警察内で培った技を最大限に活用

 プーヂャッカーン紙(オンライン)及びネーション系のタイ語速報によると、12日警察は公文書等の偽造を請け負っていた容疑でバンコクのラートプラーオ区内在住の67歳の男を11日夕方に逮捕し、偽造された車両検査証や行政事務所提出用の偽造された変更届け書等を大量に押収した事を明らかにした。

 調べによると、男が娘名義の自宅を身分証明書の偽造やパスポートの偽造、住居登録を初めとする行政事務所提出用の書類の偽造拠点として使用していた。

 男は取り調べに対して、20歳の時から職員として働いていた警察登記局内で関係書類に関わっている際に会得した書類の偽造手法を活用して各種公文書の偽造を請け負っていた。主に陸上運輸関係の証明書や婚姻・離婚届け、身分証明書、運転免許証、パスポート等の偽造を請け負ってきたと供述しているという。

 男によると、60歳になった時に一端は偽造を止めようと思ったが、それでも依頼が減らなかった為ずるずると逮捕される迄偽造を続けてしまったという。

*逮捕された男
http://pics.manager.co.th/Images/552000014780101.JPEG

posted by Jean T. at 00:04| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。