2009年11月16日

旧政権党解党要件になった小政党買収はステープ副相が仕掛けたもの、パンロップ大将が指摘

 元国内治安維持部隊指令本部本部長でプゥア・タイ党党員のパンロップ・ピンマニー大将は16日、証人2人を伴い記者会見を開き、旧タイ・ラック・タイ党の解党に結びついた小政党の買収がステープ副首相が仕組んだものだった事を明らかにした。

 問題の買収疑惑は、当時小政党のパタナー・チャート・タイ党がタイ・ラック・タイ党のタンマラック・イサラーングーン・ナ・アユッタヤー大将から金銭を受け取ったとされるもので、パンロップ大将によると、実際には結果として無効になった2006年4月2日の総選挙への出馬の約束と引き替えにパタナー・チャート・タイ党幹部がタンマラック大将から金銭を受け取っておらず、ステープ副首相から1人あたり1,500万バーツで雇われてタイ・ラック・タイ党を解党に追い込むためにトラップを仕掛けていたのだという。

 一方、証人の1人として同席したパタナー・チャート・タイ党から立候補した人物は、防衛省内でタンマラック大将から金銭を受け取った事実が無いのはおろか同大将と面識すら無く、ステープ副首相から騙されてトラップの片棒を担がされていたと証言した。

* 記者会見の模様
http://www.pitakthai.com/thumbnail.php?file=punlop_974722211.jpg&size=article_medium

posted by Jean T. at 17:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災現場から女性の遺体、自殺・他殺・事故で捜査

 各報道によると、16日7:00頃バンコク隣県のパトゥムターニー県タンヤブリー郡内にあるコンドミニアムの室内から発生した火災現場から、28歳(報道により27)の女性がベッド上でうつぶせの状態で死亡しているのが発見された。

 死亡した女性はバンコクのラートプラーオにあるショッピングセンター内にある宝石店で働く28歳の女性で、首にはTシャツが強く巻かれ、体には掛け布団が巻かれていた。

 女性とつきあい始めて3-4ヶ月目だという恋人男性(20)によると、女性は予てから自分の人生を悔い死にたいともらすなど、度々異常な言動が見られていたという。

 警察側は、室内に外から人が侵入したあと等の異常が確認されないことから自殺の可能性もあると見て、遺体の司法解剖結果及び詳細に渡る室内の検分を終え火災発生原因を特定した上で死因を特定したいとした。

* 死亡した女性
http://www.komchadluek.net/media/img/size1/2009/11/16/dfje5a7kjeb7gdii9gffi.jpg

posted by Jean T. at 16:09| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステープ副相、元首相のプライベート機が領空侵入し次第逮捕に動くのは当然の対応

 ステープ副首相は16日、仮にタクシン元首相を乗せたプライベート機がタイの領空に侵入した場合には、当然の措置として即逮捕に動くことになるとの考えを示した。

 この発言は先にタクシン元首相がTwitter上等でタイの領空の通過を拒否された事に対して不満を述べると共にタイ側がF16を出動態勢において捕捉の準備をしていたと指摘した事を受けたもので、ステープ副首相は、逮捕状が発行されている者を乗せたプライベート機の領空通過は認められないとした上で、仮に当該プライベート機の領空通過が確認された場合は逮捕の為に捕捉に動くのは当然の措置であるとした。

 尚、タクシン元首相がカンボジア入りする際にプライベート機がタイの領空を通過したのは、インドを発ったプライベート機側から通過許可申請があった時点では当該機にタクシン元首相が搭乗しているのが確認されていなかった為で、仮に確認されていた場合は当然領空の通過を拒否していたという。

posted by Jean T. at 13:32| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合の集会会場で爆発、6人が負傷

 22:00過ぎまでに確認できた各報道によると、15日21:00前バンコクのサナームルワンで開催されていた民主主義市民連合の集会会場で爆発が発生し、同日22:00迄の連合側の発表によると子供2人を含む6人が負傷を負った。

 爆発は幹部のソンティ・リムトーングン氏が演説中にステージ裏で発生し、一部報道はステージ裏周辺をバイクで周回していた若者が爆発物を投げ込んだと報じている。爆発物が2発投げ込まれたとの報道もある。

 連合側の発表によると、爆発物はこれまでに度々連合を狙った爆破に使用されてきたM79と見られ、また、この爆発に絡んで2人組の男が逮捕されているが何れも関与を否定している模様。

 この爆発に先立ち、赤服軍団が首相官邸を占拠していた連合のデモ隊に襲撃を仕掛けた前日に発生した爆破事件の際に、所轄署よりも早くタクシン元首相の顧問弁護士と共に現場に到着していた事でも話題になったセー・デーンことカッティヤ・サワディポン少将が、集会参加者の安全を保障できないとして集会への参加を思い留まるよう警告していた。

posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬を局部に隠し密輸を図った4人組の女を逮捕、村再生基金政策の借金返済の為と供述

 プーヂャッカーン紙(オンライン)によると、チェンラーイ県県都の警察当局は14日、ヤーバー錠を局部に隠して密輸を図った容疑で同県ウィヤンゲーン郡内在住の25歳から39歳までの4人組の女を逮捕した。

 この逮捕は、国境方面から県都内に入る乗り合いバスに対して行われていた乗車検分の際に実現したもので、4人組は不必要に両足を密着させたり、警察官の視線から目をそらせようとしていたという。

 逮捕された4人組は警察の取り調べに対して、ウィヤンゲーン郡内の国境線で1人あたり400錠のヤーバー錠の運搬を4,000バーツで請け負いピッサヌローク県に向かっている所だった。村再生基金政策で負った借金の返済や子供の教育費捻出の為に麻薬の運搬を請け負ってしまったと供述しているという。

* 逮捕された25、29、31、39歳の4人組
http://pics.manager.co.th/Images/552000014906601.JPEG

posted by Jean T. at 00:36| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイの豪邸内で仏人男が恋人のタイ人女性を殺害、車のトランクに遺棄

 タイラット紙(オンライン)によると、15日未明チェンマイ県メーオーン郡内にある豪邸内で家主のフランス人の男(66)が近所に住む33歳のタイ人女性を刺殺した上で車のトランク内に隠すという事件が'発生した。

 遺体の第一発見者でもある殺害された女性の父親(50)によると、女性はバンコクの大学を卒業し実家の食堂を手伝うために帰郷した後にフランス人の男と付き合うようになり頻繁に男の家を行き来していたが、前日夜に娘が車で男の家に出かけたまま深夜になっても帰ってこなかった為男の家に行ったところ、娘の車が駐車したままになっていたものの、屋内には男と同国人の友人(61)の2人しかおらず、更にその後男が友人と共に車で村長の家に行き家の鍵を預けると共にビザの更新の為にメーサーイに出かけてくると言っているのを見て不審に思い、再度男の家に行ったところ、家の中から車迄血痕が続いて落ちているのを発見しスペアキーで車のトランクを開けたところ、そこに娘の遺体が隠されているのを発見したという。

 男は女性を殺害後、当時一緒にいたと見られる同国人の友人男性と共に逃走したが、警察側がチェンラーイ県メーサーイ郡の国境検問所等に逮捕要請を行った結果チェンラーイ県メーヂェディー郡の警察署が男の身柄を確保しチェンマイ県のメーオーン郡の警察署に身柄を移送した。

 デイリーニュース紙(オンライン)によると、男は警察の取り調べに対して黙秘しており、現在血痕が付着した男が履いていた靴を押収し血痕が女性のものか検査しているところだという。

 男は、約10年前に事件が発生した家を購入しミャンマー人の妻と共に暮らしていたが、その後離婚し、約1年前に被害にあった女性とつきあい始めていたという。

* トランク内から発見された女性の遺体
http://www.thairath.co.th/media/content/2009/11/15/630/46896.jpg

posted by Jean T. at 00:34| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2人組強盗、18歳少年等から金品を強奪後射殺し逃走

 タイラット紙(オンライン)によると、15日1:30頃ナコン・シー・タンマラート県チャーングラーン郡内の幹線上で、バイクの2人乗りで路上を走行中だった18歳と16歳の少年が、バイクで追ってきた布で顔を隠した2人組の男に拳銃等を突き付けられ金品を強奪され、更に18歳の少年がとどめの銃弾を撃ち込まれ死亡するという事件が発生した。

 当時バイクを運転していた16歳の少年によると、死亡した18歳の少年を後部座席に乗せ路上を走行していた際に、後ろからバイクで追ってきた顔を布で隠した2人組に追いつきざまに拳銃とナイフを突き付けられバイクを無理やり止めさせられた上で現金100バーツや携帯電話2台、お守り2個、バイクを強奪されたという。

 その後、2人組の内の1人の男が18歳の少年の耳の付け根に向け拳銃を発砲し殺害し、更に残りの1人がナイフで16歳の少年をナイフで刺した後に逃走したという。

 幸い16歳の少年はナイフで刺された際に、刃の部分が刺さらず打撲傷だけで済んだという。

posted by Jean T. at 00:32| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。