2009年11月23日

チェンマイの赤服、首相訪問にあわせ空港の封鎖を宣言 - 首相は訪問見直しを示唆

 チェンマイ県最大規模の赤服軍団ラック・チェンマイ51は23日、29日にアピシット首相が予定通りチェンマイ県を訪問する場合には10万人以上の人員を動員してチェンマイ国際空港の封鎖に乗り出すと宣言した。

 ラック・チェンマイ51によると、アピシット首相のチェンマイ訪問は対立を扇動するだけでなく観光地としてのチェンマイの雰囲気を損なう事に繋がるのだという。

 一方、前日放送された定例政見放送の中でチェンマイ行きを再々確認していたアピシット首相は23日、情報当局からの情報や各界からの意見を聴取した上で最終判断を下すと語りチェンマイ行きを見直す可能性を示唆した。

posted by Jean T. at 15:57| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服は年末年始期間までの政府崩壊を目指した活動を展開、政府報道官が指摘

 パニターン政府報道官代行は23日、反独裁民主主義同盟が"ゲーム"の進行を急いでいる背景に来年1月にタクシン元首相の資産国庫没収に関する最終判断が下される事があると指摘した上で、28日から計画されている同盟のマラソン集会では、来年から始まる高利貸しからの負債者救済策を初めとする成果が目に見える政策の施行を阻止したいとの思惑も手伝って年末年始期間までの政府崩壊を目指した活動が展開される事になるとの認識を示した。

 パニターン氏によると、プゥア・タイ党議長のチャワリット元首相の隣国訪問の背景に、政府崩壊の為の側面支援を隣国に要請したいとの思惑があるという。

 一方、カンボジアの国内新聞が、同国政府側がヂャクラポップ・ペーンケー氏やヨンユット・ティヤパイラット氏といった国外逃亡中の赤服軍団幹部の為の家を建設中であるとのAsia Timesの報道を論評抜きで掲載していた事が確認されている。

 事実上政府のコントロール下にあるカンボジアのメディアが自国政府が発表していない事柄を論評抜きで掲載する事は極めて異例な事とされ、これを受けマラソン集会を計画している同盟幹部が国外逃亡覚悟の気概を持って集会に臨むのではないかとの見方もされている。

* 「ヂャクラポップ・ペーンケー氏やヨンユット・ティヤパイラット氏といった国外逃亡中の赤服軍団幹部」の部分は原文のままです。

posted by Jean T. at 15:35| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名キャンペーン嬢がビルから墜死、自殺・事故両面で捜査

 各報道によると、23日1:30頃バンコクのソーイ・ラートプラーオ130にあるマンションの7階部分から女性が転落し死亡した。

 死亡した女性は有名キャンペーンガールとして知られるグリティヤー・ゴーマーンさん(27)で、友人等と飲食を終え帰宅した後に自室のベランダ部分から転落したものと見られている。

 警察側は、監視カメラ映像等から、女性と同居している恋人男性との間で口論が展開され、その後男性が部屋から出でから暫くした後に女性が転落していることから、自殺だった可能性もあると見て、事故の可能性も含めて転落原因の解明を行っている事を明らかにした。

* 報道映像
http://www.thaipbs.or.th/clip/index.asp?content_id=225456&content_category_id=688

 転落した女性
http://pics.manager.co.th/Images/552000015320202.JPEG

posted by Jean T. at 11:30| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校のスター的存在の小5少女が性的暴行後に殺害

 カーオソット紙及びコム・チャット・ルゥク紙(何れもオンライン)によると、22日チャチュンサオ県サナームチャイヤケート郡内にあるタピオカ畑内で小学校5年生の少女(11)の絞殺体が発見された。

 死後24時間以内と見られ、また遺体の状況から何者かから性的な暴行を受けた後に殺害されたものと見られている。

 少女の父親(31)によるとゴム農園へ作業に出かける前の20日20:00時頃には少女は自宅内にいたが、翌日4:00頃に自宅に戻った時には少女の姿が無かった為同日6:00頃に警察に捜索願を出すと共に村長等の協力を仰いで行方を捜していたという。

 警察側は、少女の家族と面識がある地域内に住む1人ないしは2人が、少女に性的な暴行を加えた後に口封じの為に殺害したと見て、遺体発見現場周辺から回収された犯人の持ち物等から実行犯を特定したいとした。

 住民によると、勤勉且つ性格が良い少女は学校のスター的な存在で、学校が主宰する伝統舞踏コンテスト等の行事にも度々参加し、21日には学校で開かれる太鼓コンテストに出場する予定になっていたという。

 
posted by Jean T. at 11:09| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦闘機4機が元首相のプライベート機を追尾? プゥア・タイ党が指摘

 プゥア・タイ党所属下院議員のアヌディット・ナーコンタップ空軍大佐は22日、カンボジア訪問中だったタクシン元首相のプライベート機がプノンペンを飛び立った際に、戦闘態勢を整えた2機のF16及び2機のF5が当該機追尾の為に飛び立っていたと指摘した上で、ステープ副首相に対して事実関係を明確にするよう要求した。

 この発言に先立ちステープ副首相は22日朝、あらためてプライベート機追尾の為に戦闘機を出動させたとのプゥア・タイ党側の指摘を否定した上で、タイ側には領空通過禁止措置を講じた航空機が領空を侵犯した場合には強制着陸措置を講じる権利があると語っていたが、アヌディット空軍大佐によると、仮に戦闘態勢を整えた戦闘機が追尾していた事が事実だった場合、武器の使用による民間機に対する強制着陸措置を禁じた国際航空規則に違反する事になるという。

posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウドンの赤服強硬派、28日の集会開催に異議

 ウドンターニー県内最大の赤服軍団を率いているクワンチャイ・プライパナー氏は22日、反独裁民主主義同盟が大規模集会を28日から来月2日の日程で開催を計画している事に対して異議を唱えた。

 クワンチャイ氏は、国王誕生日前の28日から来月2日にかけて大規模集会を開催する事は不適切であるだけでなく、国王に対する敬意を赤服軍団が持っていないとの目を社会から向けられる事に繋がり得ると指摘した上で、国王誕生日の12月5日以降に大規模集会を開催するべきであると指摘した。

 クワンチャイ氏によると、23日から25日にかけて三県内で開かれる赤服軍団の会議及び14日に開催された資金調達コンサートでの収益金の総額次第では東北部19県内から約4万人の赤服軍団を集会に送り込む用意が出来ているが、現在はドバイで行われているタクシン元首相と同盟幹部のウィーラ・ムシッカポン氏との協議結果待ちの段階だという。

posted by Jean T. at 00:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23日にチェンマイの赤服幹部の逮捕状を請求、首相の殺害脅迫容疑で

 チェンマイ県のパイロート副県知事(治安担当)は22日、首相に対する殺害脅迫の容疑でチェンマイ県内最大の赤服軍団ラック・チェンマイ51を率いているペーチャラワット・ワタナポンシリ氏の逮捕状を警察が23日に請求する見通しになった事を明らかにした。

 ペーチャラワット氏は、本拠地であるワロロット・グランド・ホテル内にあるコミュニティーラジオ局の電波を通して、29日にメリディアン・ホテル内で開催されるタイ商業会議所の全国総会に出席する為にチェンマイ県を訪問する予定になっているアピシット首相を狙った自動車爆弾を使用した暗殺計画が存在していると語っていたとされ、先に同ラジオ局の主要DJでもある女性幹部が、ペーチャワラット氏が暗殺計画に触れた事は事実であると確認した上で、この発言はあくまで挑発を意図した冗談でしかなかったと主張していた。

 一方、ラック・チェンマイ51は22日、あらためて暗殺計画への関与を否定した上で、見慣れない人物がチェンマイに集まりだしており、何らかの第三者による情勢扇動行為があり得るとして、赤服軍団に対して警戒を怠らないよう呼びかけた。

posted by Jean T. at 00:34| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。