2009年11月28日

プーケット邦人殺害、焼却事件、殺害実行の男を逮捕

 INNによると、プーケット県の警察当局は28日、25日に同県都内で燃えた車内から日本人男性の遺骨が発見された事件に絡んで、男性と同居していた50歳のタイ人の女と共謀して男性を殺害し焼却した容疑で身柄を追われていた21歳の男を現場近くの丘陵地で逮捕した事を明らかにした。

 男は、取り調べに対して自分が夢中になっている女性を巡って男性との間で口論があり、また日頃から男性がすぐに殴ってくる事に怒り、家の中のソファーで寝ていた男性を鉄棒とナイフで殺害した上で、証拠隠滅の為に遺体を車もろとも焼却したと供述しているという。

参考
タイ人女、愛人と共謀して同居邦人男性を殺害後車もろとも焼却

posted by Jean T. at 16:09| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレーで11歳少女が日本人の父親を捜して欲しいと訴え出る

 デイリーニュース紙によると、26日午後マタヨン課程1年生の11歳の少女が学校の校長や村長に伴われプレー県の県知事のもとを訪れ、母親が死亡した後に日本に帰国し音信不通になっている日本人の父親を捜して欲しいと訴えた。

 少女によると、母親が死亡した後に祖父母のもとに預けられていたが、父親からは一度も連絡が無かったという。

 少女は、ピヂット県内の少年が日本人の父親と再会したのを見て、大きな話題にならなくてもいいからとにかく自分も父親の顔を見たいと思った。父親にはタイ国内に会って顔を見たいと思っているもう一人の娘がいるという事を知って欲しいと訴えた。

 現プレー県知事のソムチャイ氏は、ピヂット県内の父親捜しの少年が話題になった当時に同県の知事として父親捜しの為に奔走した事で知られている。

参考
http://www.dailynews.co.th/content/images/0911/27/page2/v300..jpg

posted by Jean T. at 12:52| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14歳少年を性的暴行目的で誘拐し4ヶ月に渡り監禁したアイスクリーム行商の男を逮捕

 INN及びネーション系のタイ語速報によると、警察当局は27日、14歳の少年を性的暴行目的で誘拐し4ヶ月間に渡り監禁した容疑でピッサヌローク県出身のアイスクリーム行商人の37歳の男をチョンブリー県バーンラムン郡内で逮捕した。

 調べによると、男は今年8月4日にチョンブリー県サタヒップ郡内にある学校近くのゲームセンターで遊んでいた少年を連れだし、アイスクリーム会社の宿舎内に住まわせ継続的に性的な暴行を加えていた。

 男は取り調べに対して、少年と同意の上でゲームセンターから連れ出し、少年と同意の上で性的な暴行を加えていた。これまでに強要した事はなく、少年を自分の子供のように愛おしく思い、時には好きなゲームを買ってあげた事もあった。また、毎日のように少年を乗せてバイクでアイスクリームの行商に出かけていたと供述しているという。

posted by Jean T. at 12:23| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。