2009年11月30日

ネーション包囲の現赤服幹部を含む旧親タクシン派幹部に2年の実刑

 バンコク南地区刑事裁判所は30日、2006年3月30日に発生した当時の親タクシン派団体によるネーション社の包囲事件に関与したとして起訴された、6人の幹部に対して2年の禁固を命じる実刑判決を下した。

 問題の事件は、2006年4月2日の総選挙を控え民主主義市民連合を中心とした反タクシン派と親タクシン派の対立が頂点に達していた同年3月30日に北部・東北部の貧困農家を中心とした貧困者キャラバンやチンナワット・ハーブンパート氏が主宰するタクシー運転手団体等が、連合幹部のソンティ・リムトーングン氏の「不敬罪」に該当するインタビュー発言を掲載したコム・チャット・ルゥク紙の休刊等を求めてネーション社の社屋を包囲し、ビル内にいた社員等を軟禁状態に置き、結果としてコム・チャット・ルゥク紙を3日間に渡る発行中止に追い込んだというもので、包囲活動が展開されていた際に近くのガソリンスタンド内で当時首相府大臣だったネーウィン・チットチョープ氏のものと思われるワンボックスカーが目撃された事でも話題になった。

 裁判所側は、人権侵害、法の許容範囲を逸脱した不法集会活動で6人の被告に対して3年の禁固及び180バーツの罰金の支払いを命じる法定刑に対して、被告の証言が裁判の進行に貢献した事を情状酌量し6人の被告に対して2年の禁固を命じると共に4人の被告に対して180バーツ、残る2人の被告に対して120バーツの罰金の支払いを命じる判決を下した。

 尚、6人の被告は控訴の為に1人あたり10万バーツの保釈金で即日保釈されている。

* 当時のネーション社のグループエディターだったテープチャイ・ヨーン氏とコム・チャット・ルゥク紙編集長はその後TPBSに転出。因みに現TPBSの報道局長はタクシン政権末期にスワンナプーム空港滑走路穴あき問題を暴露し、その後解任された元バンコクポスト紙の編集長。

posted by Jean T. at 17:51| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーで走行中のトラックに向け銃乱射後に火、車内の2人が死亡

 各報道によると、30日6:00頃パッターニー県サーイブリー郡内で、バイクに乗った人数不明の一味がバイク運搬中のトラックに向け銃を乱射し、トラックが制御を失い路上脇に突っ込み停車したところでトラックにガソリンをまくと共に火を放ち、トラックの車内にいた何れも38歳の男性2人が死亡した。

 トラックは60台のバイクを載せナラーティワート県に向かう途上だった。

 警察側は、南部国境三県域内で発生している一連の不穏な動きに関与している組織による犯行と見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 17:09| バンコク | 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー賭博開帳容疑で男女3人を逮捕

 MCOT及びINNによると、第二地区警察本部は29日夜、チョンブリー県県都内でサッカー賭博を開帳していた容疑で男1人及び女2人、賭博に参加していた容疑で16人を逮捕し、総額200万バーツ以上の掛札や現金108,000バーツ等を押収した。

 賭博開帳容疑で逮捕された男女3人は、長年に渡ってサッカー賭博を開帳してきた事を認める供述を行っているという。

posted by Jean T. at 12:20| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスとバイクが衝突、バイクの男女が死亡

 各報道によると、29日23:00頃バンコクのラートブラナ区内のプラチャーウティット交差点付近の路上で、バンコク大量輸送公社直営の37番路線バスとバイクの衝突事故が発生し、バイクに乗っていた男女2人が死亡した。

 目撃証言から、バスが青信号になった時に交差点に進入した際に信号を無視して高速度で交差点に入ってきたバイクと衝突したものと見られている。

 事故が発生したプラチャーウティット交差点は事故が多発している事で知られていた。

 事故発生後逃走せずに現場に留まっていたバスの運転手は、運転手側に不利になるような報道を展開する傾向があるマスコミの取材を受ける事を禁じられているとして、マスコミの取材を拒否しているという。

 尚、報道によっては、運転手の証言として信号を無視して交差点に入ってきたバイクと衝突したと報じるものや、高速度で交差点に入ってきたバイクとの衝突を避けるためにブレーキを踏んだが間に合わず、バイクもろとも2人を車両の下に挟んだまま引きずってしまったと運転手が証言していると報じているものがある。

posted by Jean T. at 11:49| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上北部8県の赤服、チェンマイを民主主義の為の戦いの首都に

 29日、チェンマイ県、ラムプーン県、ラムパーン県、プレー県、ナーン県、チェンラーイ県、パヤオ県及びメー・ホーン・ソーン県の上北部8県の赤服軍団は共同で、チェンマイ県を民主主義の為の戦いの首都と位置づけると共に「ラーンナー赤色議会」の名の元で目標を一つにして民主主義の為に共同戦線を貼って戦っていくと宣言した。

 ラーンナー赤色議会議長に就任したチャルット・プラーチャウィーラグン氏は、今後「我々は互いを見捨てない」をモットーに掲げ上北部8県の赤服軍団が心を一つにして不公正と王室取り巻き官僚による干渉に晒されている非民主主義的な体制と戦っていく方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:40| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占い対決、有名3占い師が4月26日にタクシン元首相の運気が好転するとの予言に異議

 先に赤服軍団の大勝利を集会の壇上で予言して占い師としての信用を落とした事でも知られる有名占い師のラック・レーチャニテート氏が、来年4月26日にタクシン元首相の運気が完全に好転すると予言した事に対して、3人の有名占い師が異議を唱えている。

 2003年の時点で既にタクシン元首相が住む地を失う事になることを予言していた事でも知られ、更にサマック元首相に対しては早期に首相を辞任し健康管理に注力するようアドバイスしていたというパーヌワット・ワンウィチャーティグン氏は、タクシン元首相の顔の相がサマック元首相のそれに類似した状況にあり、今後何らかの健康不安を抱える事になると指摘した。

 また、ゲーンガート・ヂョンヂャイプラ氏は、タクシン元首相の運気は11月以降低下を続けタイに帰国する道も完全に閉ざされる事になり、また自宅やタイコム財団の番地番号も帰国する夢を完全に捨てるべきである事を暗示していると指摘した。

 更に、アピシット首相に関しては、暗殺に警戒する必要があり、特に新興の観光地へ出かける事を控えるべきであると指摘した。

 一方、国際占星学協会長のピンヨー・ポンヂャルゥン氏は、タクシン元首相は住む地だけでなく財産をも失う運気にあると指摘した。

 また、アピシット首相に関しては、特に来年2月から3月にかけて事故や暗殺に警戒する必要があり、東部や東南部が特に危険であると指摘した。

posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名女性実業家がオフィス近くで射殺

 各報道によると、29日夕方バンコクのプラウェート区内にある高級住宅地前の路上で車を運転中だった女性がバイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負い、搬送先の病院で死亡するという事件が発生した。

 死亡したのは、成功した不動産会社経営者としても知られる、元首都圏警察本部副本部長のピヤチャート・ヌァアンヂャムノン警察中将の夫人でもあるスナッティー・ヌァアンヂャムノンさん(49)で、自らが経営する不動産会社が造成した住宅地から車で出た際に待ち構えていたバイクに乗った2人組に銃撃された。

 スナッティーさんが経営する高級住宅地はテニスプレイヤーのパラドン・シーチャパン選手や歌手のマーシャ・ワタナパニットさん、ジョーイ・ボーイさんを初めとする有名歌手や司会者、実業家が住む高級住宅地として知られ、またヌァアンヂャムノン家は長者番付の不動産部門で4位につけていた。

 また、警察関係者が現場検証中に、車内に残されたスナッティーさん所有の高額品が警察官により盗まれるのを恐れ回収を申し入れたスナッティーさんの個人秘書と検証が終わるまで回収を待って欲しいとする警察官との間で一悶着が発生する場面も見られたという。

 警察側は、事件の背景に事業を巡る係争があると見て、関係者や親族に事情聴取を行ない解明を進めていきたいとした。

* 参考
殺害されたスナッティーさん
http://www.matichon.co.th/show_image.html?image=online/2009/11/12594975791259498892l.jpg
事件後の車内(気が弱い人は見ないでください)
http://www.komchadluek.net/media/img/size1/2009/11/29/ib8fabee86c7c77g85gae.jpg

posted by Jean T. at 00:11| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。