2009年12月28日

首相、不信任審議まで内閣改造を行う考えは無し - ゴープサック副相は除く

 アピシット首相は27日行われた党執行幹部との協議の席上で、来年2月中頃に行われる見通しになっている内閣不信任決議案審議終了まで内閣改造を行う必要が無いとの認識を示していた事が明らかになった。

 但し、ゴープサック副首相に関しては、既に党会議の席上で現在空席になっている首相付秘書官長に据え、後任にトライロン・スワンキーリー氏を据える事が内定しているが、具体的な異動の時期に関してはアピシット首相側は内閣改造前であると語るに留めている。

 また、依然連立政権内で意見の一致を見ていない憲法改正論議に関しては、政権内の対立を煽るようなもので無い限りは議会システムに論議を委ねるべきであるとの考えを示した上で、野党側の論議への合流無き場合は改正に困難が伴うことになるだろうとの認識を示していたという。

posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服系議員、ガシット外務大臣を職務遂行義務違反及び名誉毀損で刑事告発

 反独裁民主主義同盟幹部でプゥア・タイ党議員のヂャトゥポン・プロームパン氏は27日、タクシン元首相の迫害及び中傷を意図した外務省の秘密文書に関与したガシット外務大臣及びウィーラサック外務省次官を職務遂行義務違反及び名誉毀損で刑事告発した。

 尚、アピシット首相に対して同様な刑事告発を行う可能性に関しては、秘密文書の受取人であるという事実しか判明しておらず、文書の内容への関与については現時点では判明していないとした。

 また、ヂャトゥポン氏は、外務省の秘密文書の公開に絡んで自身を国家転覆罪で刑事告発した民主党所属議員のワチャラ・ペートトーン氏を虚偽の告発で刑事告発した。

 一方、プゥア・タイ党のプロームポン報道官は27日、年明け後の1月4日ないしは5日にタクシン元首相を中傷する秘密文書に関与したガシット外務大臣を職務遂行義務違反で国家汚職防止取締委員会に告発する方針である事を明らかにした。

 また、別途ガシット外務大臣の罷免を要求する為に党所属下院議員の署名を集める方針だという。

posted by Jean T. at 00:11| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始期間中に首相を狙った暗殺計画が存在? 民主議員が明らかに

 民主党所属ナラーティワート県選出下院議員で下院安全保障委員会委員長のヂェアーミン・トターヨン氏は27日、年末年始期間中にアピシット首相を狙った過激な計画を初めとする不穏な動きが計画されているとの情報を委員会が得ている事を明らかにした上で、関係当局に対して首相に対して万善の警備態勢で臨むよう要請した。

 一方、スワン・ドゥシット・ポールが行った調査で、国民の多くが政府の南部国境三県域問題対策について不満を持っている事が明らかになっている事に関しては、調査結果と同様に南部対策の成果に対して満足していない事を明らかにした上で、政府に対して引き続き域内の対立を煽るような権力の行使や予算の配分を控えると共に、長期的な視野にたって一連の不穏な動きに関与している組織との間で話し合う機会を持ち同一の法の下で両者が一致できる点を模索するべきであるとの考えを示した。

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

政府への評価、合格点を維持も評価は下降

 ラーチャパット大学が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールがバンコク在住の2,132人及びバンコク以外の全国全ての県在住の5,855人の計7.987人を対象に10日から26日にかけて行った調査で、政府への全体評価が10点満点中6.39点だった6月度の調査に対して6.01点に下降していた事が明らかになった。

 また、アピシット首相の職務姿勢に対する評価は7.19点で、同首相の成果に対する評価は6.33点、政府の職務姿勢に対する評価は6.15点、政府の成果に対する評価は5.91点だった。

 更に、政府による官僚の中立保障状況に関しては5.95点、政府の誠実性に関しては5.69点、政府の一致団結性に関しては5.58点という結果になった。

 一方、省庁別評価では、教育省が6.51点と最も高い評価を得、次いで観光・スポーツ省の6.42点と続き、また、最も満足した政府政策に関しては、30.99%の回答者が15年間教育費無料化政策を初めとする教育関連政策をあげる一方で、最も最悪な政策に関しては、27.92%の回答者が南部国境三県域問題対策をあげた。

posted by Jean T. at 16:28| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年最も活躍した人物、政府部門ではアピシット首相 - 野党部門はチャルゥム氏

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが17県内在住の15歳以上の回答者1,215人を対象に行った今年最も称賛できる活躍をした人物に関する調査で、政府部門では78.8%の回答者がアピシット首相を今年最も称賛できる活躍をした人物にあげ、野党部門では48.4%の回答者がプゥア・タイ党下院議員団長のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉の名をあげていた事が明らかになった。

 政府部門ではアピシット首相以下、ステープ副首相(7.3%)、ゴーン財務大臣(3.4%)、チュワン・リークパイ氏(2.3%)、ガシット外務大臣(1.4%)と続き、また野党部門はチャルゥム警察大尉以下、ヂャトゥポン・プロームパン氏(21.4%)、チャワリット元首相(10.1%)、元俳優のダヌポン・プンナガン氏(2.4%)、スラポン・トーウィヂャックチャイヤグン氏(0.4%)と続く結果になった。

 また、最も称賛できる成果をあげた省庁に関しては、25.3%の回答者が教育省をあげ、以下、公共保健省(12.6%)、財務省(12.0%)、農業・協同組合省(8.5%)、内務省(8.3%)と続く結果になった。

 一方、バンド・歌手グループ部門では、18.6%の回答者がボディースラムをあげ、以下、ポテト(10.4%)、カラバオ(8.5%)、クラッシュ(7.5%)、アイナム(5.9%)と続き、また、男性歌手部門では、11.8%の回答者がバード・トンチャイ・マッキンタイをあげ、以下、ビー・スカリット・ウィセートゲーオ(9.9%)、パイ・ポンサトン(9.7%)、マイ・ピロムポン(8.4%)、ゴート・ヂャカラパン(4.6%)と続き、更に女性歌手部門では、15.7%の回答者がタカテーン・チョンラダーをあげ、以下、ターイ・オーラタイ(11.8%)、ダー・エンドルフィン(9.7%)、パーン・タナポン・ウェークプラユーン(9.4%)、ナムチャー・チーラナット・ユーサーノン(5.0%)と続く結果になった。

posted by Jean T. at 15:50| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徴集兵、路上で職業訓練校生に射殺

 カーオソット紙及びネーション系のタイ語速報によると、26日22:30(報道により21:30)頃、バンコク隣県のパトゥムターニー県タンヤブリー郡内の路上で選択徴兵制により訓練中の兵卒(22)の男性が、幹線道路上で何者かに銃撃され死亡するという事件が発生した。

 目撃証言によると、男性が1人でバイクで路上を走行中に、バイク2台に分乗した4人組の職業訓練校生のグループに銃撃されyたものと見られている。

 警察は、事件発生前に男性が住む地域内で男性と職業訓練校生グループとの間で一悶着があったことから、学生グループ側が報復の為に犯行に及んだと見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 12:24| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財相、アップグレード疑惑を否定 - 謝罪無き場合は名誉毀損訴訟も辞さず

 ゴーン財務大臣は26日午後夫人を伴って財務省内で記者会見を開き、職権を乱用してタイ国際航空便の座席クラスのアップグレードを強要した疑惑を否定した上で、疑惑を指摘したプゥア・タイ党のアヌディット・ナーコンタップ氏に対して謝罪を要求した。

 28日迄に謝罪が無い場合は名誉毀損訴訟の提訴も辞さないという。

 ゴーン財務大臣によると、家族で私用で出かける場合は全て自腹でチケットを手配しており、大臣という地位を利用して座席クラスのアップグレードを強要した事は一度も無いのだという。

posted by Jean T. at 11:33| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイク事故で重傷のオマーン人、麻薬所持がばれて逮捕

 プーヂャッカーン紙及びパッタヤー・デイリー・ニュース紙によると。26日1:00頃チョンブリー県パッタヤー地区内で、バイク事故を引き起こし重傷を負った31歳のオマーン人の男が、麻薬を所持している事が発覚し逮捕された。

 調べによると、バイクで走行中に車と接触転倒し病院に搬送された男の服を交換の為に病院側が脱がしていた際にズボンのポケットの中にヤーバー錠やエクスタシー錠、睡眠薬が入っているのが発覚し逮捕と相成った。

 警察側は、男が麻薬の密売に関与していた、ないしは年末年始期間を祝う為に麻薬パーティーを開催しようとしていたと見て、男の回復を待って事情聴取を行う方針である事を明らかにした。

* 事故って麻薬所持がばれちゃった不幸なオマーン人
http://www.pattayadailynews.com/images_news/008_th/0000011553/pic1.jpg

posted by Jean T. at 10:37| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスと接触しバイクから振り落とされた男性、バスに轢かれ死亡

 各報道によると、26日バンコクのラーチャウィティ通り上で、友人が運転するバイクの後部座席に乗っていた男性(15)が、バスとバイクが接触した衝撃でバイクから振り落とされ際にバスに轢かれ死亡するという事故が発生した。バイクを運転していた男性(16)は軽傷で済んだ。

 尚、報道によっては、死亡した男性はバイクタクシーの後部座席に乗っていた際に事故に巻き込まれたとするものもある。

 目撃証言によると、雨の中を走行中だったバイクが36番路線エアコンバスと接触した際に、バイクの後部座席に乗っていた乗客の男性がバイクから振り落とされ接触したバスに轢かれ死亡した。

 現場で警察の到着を待っていたバスの運転手(45)によると、突然雨が降り出してきたためスピードを落として運転していた際に、バスの後方で衝突音が聞こえたためバスを止め降りて見たところ、男性が後部右側の車輪に轢かれ死亡していたという。

posted by Jean T. at 10:30| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

タイ党、財相が不当にTG便からアップグレードを受けていた疑惑を指摘

 プゥア・タイ党のアヌディット・ナーコンタップ空軍大佐は26日、アピシット首相に対してゴーン財務大臣及びその家族が不当にタイ国際航空から座席クラスのアップグレードを受けていた疑惑に関して調査をするよう要求すると共にタイ国際航空に対して調査委委員会を設置し事実関係を確認するよう要求した。

 アヌディット空軍大佐によると、タイ国際航空や同社の株主からゴーン財務大臣及び夫人が海外に渡航する際にビジネスクラスからファーストクラスに、息子のエコノミークラスチケットをビジネスクラスにアップグレードするよう14回に渡り不当に要求したとの苦情が寄せられているという。

 また、アヌディット空軍大佐によると、民主党所属の2人及びルゥアム・ヂャイ・タイ・チャートパッタナー党所属の3人の大臣にも同様にアップグレードを要求した疑惑があるという。

* 因みに私はTGから当時奥さんが女性の権利擁護活動家としても知られる上院議員だったタイ・ラック・タイ党所属の某大臣一家の空港でのアップグレードにより自分が予約しておいた座席の位置を勝手に変えられという理不尽な目に遭わされたことがあります。またイミグレ職員が偉い人の息子のアップグレードをラウンジの職員に要求しているところを見た事があります。

posted by Jean T. at 16:58| バンコク 🌁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーラートの警察、賭博詐欺容疑で5人組の男女を逮捕

 各報道によると、ナコンラーチャシーマー県の警察当局は25日、賭博詐欺容疑で男1人及び女4人の計5人をワンナムキヤオ郡内にあるリゾート施設内で24日逮捕した事を明らかにした。

 調べによると、5人組は一般人や事業関係者に親しげに近づいて賭博に誘い込み、5人組の一部がサクラとして模造品の金のネックレスや宝石、腕時計等を身につけて金回りの良い賭博客に扮してターゲットになった犠牲者をリモコン仕掛けの賭博機等を使用して負かし金品を巻き上げるという手口で各地で犯行を重ねており、逮捕された5人ぞれぞれが各地で逮捕状が発行され身柄を追われていた。

posted by Jean T. at 16:13| バンコク 🌁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相が赤服集会の延期を要請? カッティヤ少将が明らかに

 赤服軍団シンパのカッティヤ・サワディポン少将は25日、タクシン元首相が赤服軍団に対して来年1月10日に計画されている大規模集会の開催を2月14日迄延期するよう要請するシグナルを送っている事を明らかにした。

 尚、26日昼過ぎ現在、反独裁民主主義同盟及び赤服軍団関係者からは1月11日にスラユット元首相別邸の国有地不正占拠疑惑を追及する為にナコンラーチャシーマー県内のカオヤイ国立公園内で大規模集会を開催するとの発言しか聞かれておらず、1月10日に大規模集会の開催が計画されているとの発言は聞かれていない。

 カッティヤ少将によると、政府に対する不信任決議案審議期間中である2月14日に大規模集会を開催した方が、政府に対してより強力な解散圧力を加えることが出来るだけでなく、より赤服軍団側の主張を明確にしやすいとタクシン元首相側が考えているのだという。

posted by Jean T. at 15:40| バンコク 🌁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津波5周年関連式典会場で賭博に興じていた3人の罰当たり女を逮捕

 タイラット紙によると、25日20:30頃、警察はパンンガー県ラグワパー郡内で開催されていた民間主催の津波発生5周年関連式典会場内で賭博に興じていた3人の女を逮捕し、現金560バーツを押収した。

 賭博用の台を取り囲むようにして賭博に興じていた男女の殆どが、通報を受けた警察が現場に踏み込んだ際に散り散りになって逃走した。

posted by Jean T. at 13:42| バンコク 🌁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

35歳女性、弟の友人と事を済ませた後で瓶で殴られ金品を強奪される

 パッタヤー・ディリー・ニュースによると、25日未明チョンブリー県パッタヤー地区内にあるレンタルルーム内で35歳のタイ人女性が、一緒に居たタイ人の男からビール瓶で頭部を殴られた上で金品を強奪されるという事件が発生した。

 被害にあった女性によると、金品を強奪した男は予てから親しく肉体関係もあった弟の友人で、事件発生前に弟や男と一緒にカラオケ店に出かけた後に、一緒に寝る為に男と一緒にレンタルルームに行ったが、事を済ませた後で自分の財布から200バーツを抜き出しながら貸してくれと言ってきた男の要求を断った際にビール瓶で頭を殴られ、現金200バーツや2バーツ重量の金のネックレス、2サルン重量の金の指輪、携帯電話2台等を強奪されたという。

* 病院に搬送された被害者
http://www.pattayadailynews.com/images_news/008_th/0000011548/pic1.jpg
http://www.pattayadailynews.com/images_news/008_th/0000011548/p4.jpg

posted by Jean T. at 13:28| バンコク 🌁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

国家警察本部長代行、年末年始期間中に主要観光地を狙った不穏な動きが存在

 パティープ国家警察本部長代行は25日、年末年始期間中にバンコクやプーケット、チェンマイ、パッタヤー等といった主要な観光地を狙った不穏な計画が存在しているとの情報を得ている事を明らかにした上で、既に関係当局に対して警戒の強化を指示した事を明らかにした。

 特に観光客が集まる機会がある場所で過激な事態が発生するおそれがあるという。

 しかし、不穏な動きを計画している者に関しては、年末年始期間中に情勢を過激化させる事を意図している良からぬ考えを持っている者と語るに留め、計画の背景や不穏な動きの詳細に関しては未だ話すことが出来る段階には無いとして明らかにしなかった。

 パティープ本部長代行によると、一両日中に年末年始期間中の不測な事態に備えるために首都圏警察本部と協議を行う予定だという。

posted by Jean T. at 16:00| バンコク 🌁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ政府がカンボジア国内でクーデターを画策? 政府は否定

 アピシット首相は25日、カンボジアのフンセン首相が、タイ政府がフンセン政権を崩壊させる為にカンボジア国内でクーデターを画策していると指摘した事に対して事実では無いと否定した。

 これに先立つ24日、フンセン首相は地方で行われた講演の中で、タイ政府がカンボジア国内でクーデターや戦争を画策している事を窺わせるタイの外務省の秘密文書を見た事を明らかにした上で、如何にタイの現政権がカンボジアにとって悪しき存在であるか訴える為にシハモニ国王にタイ側の不穏な動きに関する情報を提供済みである事を明らかにしていた。

 このフンセン首相の発言に対してアピシット首相は、カンボジアに対してタイ側の同国に対するスタンスについて説明する必要は無いが、敢えて言わせてもらえばタイ側には同国との係争解決の為に武力を行使する考えが無いということであると語り、フンセン首相の指摘を否定した。

 アピシット首相によると、タイ国内の特定の政治勢力から誤った情報がフンセン首相側に提供されていた疑いがあるという。

posted by Jean T. at 15:39| バンコク 🌁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワンナプームの保税区内で化学物質の漏洩、数人が病院に搬送

 25日13:00過ぎまでに確認できた各報道によると、同日8:30頃スワンナプーム国際空港のカーゴエリアの保税区内で搬出作業中の貨物から化学物質Ir-192が漏洩し、作業員6-8人が念の為の措置として検査の為に病院に搬送された。

 一部報道によると病院に搬送された職員は同日昼前までに全員帰宅が許されているという。

 空港当局によると、保税区外への化学物質の漏洩は確認されておらず、また人体に悪影響を及ぼす事はないという。

 調べによると、アメリカのボストンから到着したFedex便から貨物の搬出作業中に漏洩事故が発生したものと見られている。

posted by Jean T. at 15:17| バンコク 🌁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミ団体、タイ党のメディア関係者への現金支給を非難 - 党はマッサージパーラー接待疑惑を否定

 タイ新聞記者協会のプラソン会長は24日、プゥア・タイ党が党付のマスコミ関係者に歳暮代わりに金銭を支給したとされている事に関して、金銭を受け取った行為がマスコミの倫理に反していると非難すると共に協会の綱紀委員会の総意としてメディア各社に対してプゥア・タイ党からの金銭の支給に関する事実関係の確認及び公表、支給を受けた者に対する各社の規律規程に則った処分を要求する声明を発表した。

 プラソン氏によると、23日夜にバンコクにあるSCパーク・ホテル内で開かれたプゥア・タイ党下院議員総会後の宴会の席上で集められた約8万バーツの現金が、各社のカメラマンに配布する為にあるテレビ局のカメラマンに渡された疑惑があり、また現金が集められていた際に、この現金でマスコミ関係者をマッサージパーラーで接待するとの冗談が飛び交っていたとの情報があるという。

 一方、宴会の際にメディア関係者に現金を引き渡したとされるプゥア・タイ党所属のガールン・ホーサグン氏は、宴会の際に党付のメディア関係者の為に新年を祝う宴会を開催する為に党幹部から総額約8万バーツの現金の寄付を集めたが、現金はメディア関係者に引き渡されておらず、依然自分の手元にあると語り疑惑を否定すると共に、集められた現金でメディア関係者をマッサージパーラーで接待した疑惑についても否定した。

posted by Jean T. at 01:22| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬中毒少年ギャング、パッタヤーの路上で露人カップルから財布を強奪

 各報道によると、24日未明チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は、23日深夜に何れも35歳のロシア人カップルに暴行を振るった上で約300ドルが入った財布を盗んだ容疑で17歳の少年4人、16歳の少年1人及び14歳の少年1人の計6人を逮捕し、同じ少年グループに属している、現在逃走中の少年3人の行方を追っている事を明らかにした。

 被害にあったカップルによると、宿所に戻るために歩いていた際に後ろからつけてきた9人組の少年グループに暴行を振るわれた上で現金約300ドルや重要書類が入った財布を強奪されたという。
 
 逮捕された少年グループは、麻薬の購入代やクリスマス、年末年始期間中の遊興費を稼ぐためにカップルを襲ったと供述しているという。

posted by Jean T. at 01:20| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

スワンナプームのタクシー900台が一斉乗車拒否の抗議活動

 24日朝、スワンナプーム国際空港内で空港タクシー約900台が客待ちの為の車両の配車を拒否する抗議活動を一斉に開始した。

 この動きは、空港当局側が、空港タクシーを利用する乗客から徴収していた50バーツの手数料の徴収を中止すると伝えられている事を受けたもので、タクシー運転手側は手数料の徴収が中止されると空港当局に支払う料金や通行料を自腹から支払わざるを得ない状況におかれ死活問題に関わることになると訴えている。

posted by Jean T. at 15:44| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。