2009年12月21日

2人組、裁判所に護送された空飛ぶ豚ギャング一味3人の奪取に失敗

 21日13:00過ぎまでに確認できた各報道によると、同日午前バンコクのタリンチャン地区裁判所の駐車場で護送中の容疑者3人を奪取し車で逃走中だった2人組の男が、警察との間で逃走劇を演じた上で逮捕されるという事件が発生した。

  尚、報道により奪取された容疑者3人全員の身柄が確保されたとするものと、3人の内の1人が逃走したとするものがあり、また、2人組が3人の容疑者を乗せ車で警察との間で逃走劇を演じた後に逮捕されたとするものと、奪取した2人組は車に飛び乗ろうとしたところで逮捕され、奪取された3人の容疑者が逃走劇を演じた後に身柄を確保されたとするもの、更に、3人の容疑者の奪取に失敗した2人組が車で逃走劇を演じた後に逮捕されたとするものがあるなど、同日13:00過ぎ現在依然情報が錯綜している

 調べによると、21日8:30頃乗用車で現れた2人組の男が、3人の容疑者を護送中だった当局者に向け爆発物状の物を投げつけると共に3人の容疑者を奪取し車で逃走を図った。

 尚、2人組が投げつけた爆発物は不発に終わり、その後の調べで爆竹が使用されたものだった事が判明している模様。

 また、初期報道段階では2人組が当局者に向け銃を発砲したと報じるものも見られた。

 2人組が奪取しようとした3人の容疑者は、空飛ぶ豚の異名を持つ元カーレーサーを中心とした、主に高級住宅街を中心に2億バーツ以上に上る金品を盗み出していた空飛ぶ豚ギャングの一味とされている。

posted by Jean T. at 15:19| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相、スラユット首相の対話呼びかけを歓迎 - 但し相手側に真摯な姿勢がある限り

 タクシン元首相の元法律顧問のノパドン・パタマ氏は20日、タクシン首相が相手側に真摯な姿勢がある限りスラユット元首相からの国内正常化に向けた話し合いの提案を受け入れる用意があると語っていた事を明らかにした。

 その前提条件としてタクシン元首相は、1997年憲法の再運用及びそれに続く議会解散・総選挙、自身に対する司法案件の公正な手続きの保障を受け入れる事を掲げているという。

 一方、アピシット首相は、あらためてタクシン元首相がタイの法律に則り刑に服すことを条件に話し合いの用意がある事を確認した。

posted by Jean T. at 00:29| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解散圧力を強める為に元首相が100人のタイ党議員の辞職を指示? タイ党は否定

 プゥア・タイ党のプロームポン報道官は20日、政府に対して解散圧力を強める為にタクシン元首相が党に対して100人の議員を辞職させるよう指示したと伝えられている事に関して、事実では無いと否定した。 

 この発言は先に反タクシン派の民主主義市民連合系の新政治党が指摘した事を受けたもので、プロームポン報道官は、新政治党に対して事実に基づいた情報を公共に提供するよう要請すると共に党として党やタクシン元首相に損害を与えるだけでなく、国民を混乱させるような手段で解散圧力を強める考えが無い事を確認した。

posted by Jean T. at 00:28| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABAC調査では政府の成果に合格点、王室の擁護に最高点

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが17県内の1,150世帯を対象に18日から19日にかけて行った調査で、45.0%の回答者が12ヶ月間の政府の成果に多少ないしは大変満足していると回答し、14.7%の回答者が非常に満足していると回答する一方で、11.9%の回答者があまり満足していない、4.7%の回答者が全く満足していないと回答していた事が明らかになった。

 また、政府の12ヶ月間に対する総合評価では10点満点中6.35点を記録し、また、個別評価では、王室の擁護に対する評価が8.15点と最高点を記録し、以下、高齢者への月々500バーツの生活支援費の支給(7.59)、15年間に渡る教育費の無料化(7.28)、国家防衛(7.04)、農産物の価格保障(6.79)、低所得者救済策(6.75)と続く一方で、南部対策(5.1)、不正・汚職対策(5.55)、違法入国者対策(5.74)、原油価格の抑え込み(5.78)、和解推進・一致団結の創成に対する取り組み(5.95)に対して低い点数がつけられたが何れも及第点の評価が下される結果になった。

 しかし、選挙管理委員会が民主党に対する2億5,800万バーツの迂回献金疑惑の調査を進めている事を知っていると回答した53.3%の回答者の内、56.9%の回答者が透明な調査が期待できないと回答し、更に63.8%の回答者が民主党に対する解党判断が下される事は無いと回答した。

 一方、ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが全国の1,771人を対象に15日から19日にかけて行った調査で、36.64%の回答者がアピシット首相が忍耐を旨に職務に邁進し、景気を回復させてくれることが一番の新年の贈り物であると回答する一方で、タクシン元首相に対しては、68.31%の回答者が国家に損害をもたらすような活動を中止してくれる事が一番の贈り物であると回答していた事が明らかになった。

 また、政治家に対しては、35.44%の回答者が一致団結してくれることが一番の贈り物であると回答した。

posted by Jean T. at 00:27| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事件記者協会は警察に落第点の評価

 タイ事件記者協会は20日、会員の事件記者を対象に行った調査で、今年一年間の警察に対して10点満点中4.8点と落第点の評価が下されていた事を明らかにした。

 また、個別の評価では、麻薬取締に対する評価が5.5点と最も高く、以下、取り調べ(5.1)、交通関連(4.6)と続き、政治からの独立性に関しては2.0点と最低の評価が下される結果になった。

posted by Jean T. at 00:24| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーの独人男、子犬を壁にぶつけ殺す - これまでにも数々の動物虐待

 パッタヤー・デイリー・ニュース及びカーオソット紙によると、19日夜チョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムン郡内の住民が、近くに住むドイツ人の男が生後一ヶ月の雑種の子犬を壁に向け投げつけて殺したと訴え出た。

 地方に出かけている外国人から犬の母子を預かっていたという女性(40)によると、近くのアパートに住む50歳のドイツ人の男がタイ人の妻と共に酒に酔った状態でバイクで戻ってきた時に、地面で寝ていた子犬を捕まえ壁に投げつけ殺し、その後何事も無かったかのような表情でアパート内の自分の部屋に入っていったという。

 その後、警察が男の部屋をノックしもドアを開けて出てくることは無かったという。

 女性や近所の住民によると、男はこれまでにも犬やネコを高いところから落としたり、地面にたたきつたりするなどの虐待をするところが度々目撃されていたという。

posted by Jean T. at 00:23| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

今度は19歳と15歳のハーフの男女が日本人の父親捜し

 デイリーニュース紙及びカーオソット氏によると、19日午後バンコク内にある大学の工学部に通う19歳の男性とナコンサワン県内にあるマタヨン課程校に通う15歳の女性が、それぞれ48歳と40歳のタイ人の母親に伴われ児童・女性の権利擁護財団を主宰するパウィーナー・ホンサグン女史のもとを訪れ、日本人の父親を捜して欲しいと訴えた。

 19歳の男性によると、日本人のエンジニアの父親は1988年に仕事でタイのアユッタヤー県内にあるナワナコン工業団地内にある工場に勤務していた際に同県内にある飲食店で働いていた母親と知り合い、正式な手続きを経て結婚し、その後父親の転勤先のスリランかで母親が妊娠した為両親共にタイに帰国し自分を出産し、自分が1歳半の時に両親と共に日本に行ったが、それから僅か1年後に父親から後日タイに迎えに行くからと言われ母親と共にタイに戻されていたという。

 しかし、その後父親からは一切の音信が無いため、父親に会いたいという気持ちと、父親からの支援が欲しいとの気持ちからパウィーナー女史の事務所を訪れたという。

 男性によると、自分の学費を捻出する為に毎日学業の傍らで二箇所で働く生活を毎日送らざるを得ない状況に置かれているという。

 一方、15歳の女性によると、1990年に母親が日本の飲食店で働いていた時に父親と知り合い、その後正式に結婚し、1994年に祖母の葬儀の為に両親がナコンサワン県に戻ってきた時に自分が生まれ、自分が1歳の時に父親が日本に帰国して以降は一切の音信が無かった為、父親に会いたいという気持ちと、貧困で苦しんでいる家庭へ援助して欲しいという気持ちからパウィーナー女史の事務所を訪れたという。

 尚、母親の証言として報じているカーオソット紙は、妊娠してから出産後1年後までは父親が頻繁にタイに会いに来ていたが、その後父親は一切の音信を絶っていたと報じている。

* 報道画像
http://www.khaosod.co.th/news-photo/khaosod/2009/12/p0104201252p1.jpg

posted by Jean T. at 15:37| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカで売春を強要されていたタイ人女性7人を保護

 各報道によると、児童・女性の権利擁護財団を主宰するパウィーナー・ホンサグン女史は19日、南アフリカのタイ大使館の協力により、同国内で売春を強要されていた7人のタイ人女性が18日に監禁されていた施設から保護された事を明らかにした。

 パウィーナー女史によると、18日昼過ぎに南アフリカ国内で売春を強要されていた30歳女性から救助要請の電話が直接あった事を受け、同国内のタイ大使館に対して救助を要請し、地元警察の協力の下で救助が実現したという。

 救助要請の電話をした女性は救助後パウィーナー女史に対して感謝の意を表明すると共に、帰国が実現した後に被害にあった経緯について詳細に説明する考えである事を明らかにしていたという。

 パウィーナー女史によると、国外で売春を強要されている女性からの救助要請が数多く寄せられており、国別では特にトルコやアラブ首長国連邦のドバイ、南アフリカ及びマレーシアからの要請が多いというが、女性が監禁されている場所に関する具体的な情報が欠如している為に救助に困難を来すケースが多いという。

posted by Jean T. at 12:36| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スラユット元首相、正常化実現の為にタクシン元首相と協議の用意

 現枢密院評議会議員のスラユット元首相は19日、政治情勢正常化の為にタクシン元首相と協議する用意がある事を明らかにした。

 スラユット元首相は、現在国内で発生している問題は心を一つにする事により解決する事が可能であるとした上で、両者が理解を深めあうと共に国王が希望されている事を互いの考えに反映させていく事が重要であるとの考えを示した。

 タクシン元首相を初めとする親タクシン派は、スラユット元首相がタクシン元首相爆殺未遂事件の謀議に参加していたと指摘すると共に、クーデターの謀議が行われていた時点で既に首相に就任する事が内定していたと指摘し、スラユット元首相への攻撃を強めていた。

 一方、タクシン元首相と士官学校同期でプゥア・タイ党党員のスメート・ポーマニー空軍大将は19日、国民が望んでいる国内和解推進に繋がるとしてスラユット元首相の今回の意向表明に対して歓迎の意を表明した上で、年始に両者協議が実現すれば良い新年の贈り物になるだろうとの考えを示した。

posted by Jean T. at 11:49| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服系議員、元首相の暗殺・カンボジアへの内政干渉を窺わせる秘密文書は本物

 反独裁民主主義同盟幹部でプゥア・タイ党議員のヂャトゥポン・プロームパン氏は19日、前日に公開したタクシン元首相の暗殺計画の存在やカンボジアへの内政干渉を窺わせるガシット外務大臣からアピシット首相に向け提出された秘密文書は正真正銘の本物であるとした上で、ガシット外務大臣やアピシット首相がこの秘密文書に関する事実関係の確認を避けるようであれば、全部で9部で構成された新たな秘密文書を公開する考えである事を明らかにした。

 尚、18日の時点ではヂャトゥポン氏は、新たな秘密文書を21日に公開すると発言していた。

 新たに公開する予定の秘密文書は、反独裁民主主義同盟の打倒を指示した事やタクシン元首相の司法案件関連の指示等が記されている、衝撃の新事実を白日に晒す事に繋がる強力なものだという。

 これに先立ち、ヂャトゥポン氏は18日、政府がカンボジアの内政に干渉し、戦争の準備を進めていたことや、タクシン元首相の司法案件への介入、同元首相の暗殺を計画していた事を窺わせる外務省から入手したというガシット外務大臣からアピシット首相に宛てた秘密文書を公開し物議を醸していた。

 特にタクシン元首相の暗殺関連のくだりでは、全ての問題の元凶であるばかりか、政府存続の脅威にもなっている同元首相の2009年末迄の"エリミネート(カジャット)"が必要。もし年内が不可能であれば2010年4月にエリミネートするべきであると記されていたという。

posted by Jean T. at 00:26| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強盗目的で80歳の尼僧を殺害した容疑で18歳と20歳の男女を逮捕

 コム・チャット・ルゥク紙(オンライン)によると、警察は19日朝、今月16日にソンクラー県ハート・ヤイ郡内の寺院の僧房内で80歳の尼僧が押し入った強盗に殺害された事件に絡んで、20歳の女を住居不法侵入及び強盗殺人容疑で、共犯の18歳の男を住居不法侵入容疑で逮捕した事を明らかにした。

 女は取り調べに対して、僧房に押し入り800バーツを盗み出した際に、尼僧に気づかれ騒がれた為、逃げるために刃物で頭を叩き逃走したが、まさか死ぬとは思わなかった。今は罪の意識にさいなまれていると供述しているという。

 女によると、過去に麻薬を使用した経験があり、また死亡した尼僧のもとで修行をした事もあるという。

posted by Jean T. at 00:24| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未成年者売春を斡旋していたゴーゴーを摘発、パッタヤーで

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、19日0:00頃警察当局は、チョンブリー県パッタヤー地区内にあるゴーゴーバーを未成年者売春斡旋の容疑で摘発し、バーのオーナーの女(35)と支配人の女(48)を営利目的での未成年者売春斡旋及び未成年者に対する不適切行為の強要の容疑で逮捕した。

 この家宅捜索は、同所が未成年者少女による売春を斡旋しているとの通報を受け行われた囮捜査により、私服警察官が店内で同所で働いている未成年の少女との間で2,000バーツで売買春をする事で話をつけると共に実際に少女が売春を行っている事を確認した上で行われたもので、この家宅捜索により店内でダンサーとして働いていた17人の内5人が未成年者だった事が確認されている。

 尚、ダンサーとして働いていた17人の内、18歳以上の者は売春行為で200バーツの罰金を支払い釈放されており、残る5人の未成年者は少年・女性擁護センターへの送致となった。

* 警察に連行された皆さん
http://www.pattayadailynews.com/images_news/008_th/0000011479/p3.jpg

posted by Jean T. at 00:23| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

サラッブリーで硫黄ガスの漏洩事故、5人が死傷

 各報道によると18日20:00(報道により21:00)過ぎ、サラッブリー県ノーンケー郡内にある工場内で硫黄ガスの漏洩事故が発生し、工場従業員5人が病院に搬送され、内23歳の男性が死亡した。

 また、34歳の男性は19日昼過ぎ現在依然意識不明の状態だという。

 同日深夜工場内の視察を行った県知事によると、当時工場の操業を一時休業して硫黄ガスの検出センサーのチェックが行われていた事から、作業員が十分に安全に配慮した服を着用せずにチェックを行っていた事が惨事に繋がったとの認識を示した。

 尚、これまでに硫黄ガスの工場の建屋外への流出は確認されていない。

posted by Jean T. at 17:26| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一等書記官、元首相の到着の確認要請を認める - 全ては大使館の一般任務

 在プノンペン・タイ大使館一等書記官のカムロップ・パーラワットウィチャイ氏は19日、タクシン元首相のカンボジア到着の真偽を確認する為に、先にスパイ行為でカンボジアの裁判所から実刑判決が下され、その後恩赦により釈放、帰国したタイ人技術者を初めとする複数の機関に対して情報確認の為の協力を要請した事を明らかにした。

 尚、カムロップ氏は、タイ人技術者のカンボジア当局による逮捕と前後して、カンボジア政府側から好ましからざる人物として本国帰国命令が下されていた。

 カムロップ氏によると、この情報確認の協力要請は、動向監視の対象になっているタクシン元首相のカンボジア到着を確認する為の一般的な大使館の任務の一環として行われたもので、それ以外の隠された目的は無く、また、タクシン元首相のみならず各国の首脳や重要人物のカンボジア入りを確認し本国に連絡する事は通常任務として普段から行われているものだいう。

 また、タイ人技術者が逮捕された事に関しては、無実の者が大使館の一般的な任務に則った協力要請に応えて電話で情報を提供した事により逮捕された事は非常に残念な事であるとした。

posted by Jean T. at 15:51| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強請及び監禁容疑で韓国人2人を逮捕

 各報道によると、警察は18日夜、韓国人男性(42)の実兄が負っていた500万バーツの借金の返済を強要する為に同男性を監禁状態に置いた上で暴行を振るった容疑で韓国人の男2人を逮捕し、共犯の同国人の男2人の行方を追っている事を明らかにした。

 逮捕された2人の内の1人の弟は、約1年前にチョンブリー県のパッタヤー地区内で殺人事件を引き起こし逃走中だという。尚、パッタヤーでの殺人で逃走中の男は今回の事件で行方を追われている2人の男の内の1人であると報じるものもある。また、行方を追われている残りの1人はタイに密入国していた疑いがあるという。

 11月にバンコクの首都圏警察本部ワントーンラーン署に被害を届けた男性によると、韓国人の4人組の男によりバンコクのワーントーンラーン区内にある民家内に監禁され、ゴルフクラブや鈍器等で暴行を振るわれ、男性の実兄が観光関連事業への投資の為に4人組から借りた500万バーツの返済を強要され、男性がラチャダーピセーク通り沿いで経営している中古車販売店で販売されている中古車4台を妻に命じて格安で転売して得た68万バーツの支払いを余儀なくされたという。

 しかし、4人組は68万バーツの支払いだけでは満足せず、更に20万バーツの支払いを強要してきたが、最終的になんとか集めた10万バーツを4人組に支払い身柄を解放されたという。

 警察によると、タイ国内で事業を展開する複数の韓国人から同様な強請の被害にあったとの届け出が韓国大使館に提出されており、また、退役済みの元将校のDがラチャダーピセーク通り周辺で事業を展開する韓国人を対象に強請を働いている韓国人マフィアをバックでサポートしているとの情報もあるという。

 尚、逮捕された2人は容疑を否認しており、また記者会見の場では2人のタイ人の妻や親族が会見場に押し入りマスコミによる写真撮影を妨害する為に一悶着を起こす場面も見られたという。

* 逮捕された2人
http://news.mcot.net/_images/MNewsImages_130730.jpg

posted by Jean T. at 15:21| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

19歳女、27歳年上の男性と無理矢理結婚させられた事に怒り恋人と共謀して実父を殺害

 各報道によると、警察は17日、11月30日にナコンラーチャシーマー県パークチョーン郡内の路上で65歳のカオヤイ国立公園サイチョウ研究センター職員の男性(65)の他殺体が発見された事件に絡んで、男性の実の娘(19)とその恋人の男(23)を逮捕した事を明らかにした。

 調べによると恋人が既にいるにも拘わらず今年4月に無理矢理46歳の男性と結婚させられた事を恨んでいた娘がサラッブリー県ゲーンコーイ郡内に住む姉のところに行くと言って騙して父親に車を運転させ、恋人の男が待ち構えているところで車を止めさせ、そこで男が父親に向け銃弾を発砲し死亡させた。

 男が犯行に使用した銃は友人から2,500バーツ(報道により1,500バーツ)で入手した第二次世界大戦中に使用されたものの再生品だという。

 娘は記者団の質問に対して、怒りやすく、またすぐ暴力を振るう傾向がある父親は、無理矢理愛していない男性と自分とを結婚させるなど家族に無理強いをしてきたおかげで家庭には幸福が無かった為、父親がいなくなれば全てが良くなると思い犯行に及んでしまったと語っているという。

 一方、恋人の男は、恋人の気が晴れるのなら何でもやるという気持ちから犯罪になる事を承知で犯行に荷担してしまったが、今は罪の意識にさいなまれているとした上で、若者達には自分のように犯罪行為に荷担するべきでは無いと警告しいと語った。

* 逮捕された2人
http://pics.manager.co.th/Images/552000016655301.JPEG

posted by Jean T. at 00:25| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売春を強要する目的で准看護師の女性をマレーシアに送り込んだ母娘を逮捕

 各報道によると、人身売買防止取締警察局は17日、売春を強要する目的で17歳の准看護師の女性をマレーシアに送り込んだ容疑で42歳の女をチェンマイ県サンサーイ郡内で、女の18歳の娘を同県県都内で逮捕した。

 被害にあった准看護師の女性によると、共にチェンマイ県内で准看護師の勉強をしていた娘(報道によっては同じ病院で准看護師として働いていた娘)からマレーシア国内での仕事を斡旋され、6月20日にサダオの検問所からマレーシアに渡ったところで待ち構えていた身元引受人の華人系のマレーシア人男女によって印僑系のマレーシア人に身柄を引き渡され、そこで軟禁された上で街娼行為を強要されたという。

 尚、報道によっては、娘が准看護師をマレーシアの旅行に誘い、サダオの国境検問所を通過したところで娘に連れられて華人系のマレーシア人に引き合わされ、その後身柄を引き渡された別のマレーシア人2人により無報酬での売春を強要されたが、耐えきれなくなりマレーシアの警察に救いを求め帰国する事が出来たと証言しているとするものもある。

 逮捕された母娘は取り調べに対して、被害にあった准看護師と面識がある事は認めたが、騙してマレーシアに送り込んだとされている事に関しては、仕事を斡旋した事は無く、准看護師側が自分の意志でマレーシアに行っただけであると語り容疑を否認しているという。

 特に娘は取り調べに対して、家庭の事情でマレーシアに行くと語っていた准看護師側の要請でサダオの国境検問所で准看護師と合流したが、その後は准看護師がマレーシア人と共に移動したという話を聞いただけで、一切の消息を聞いていなかったと供述しているという。

* 逮捕された母娘
http://pics.manager.co.th/Images/552000016658001.JPEG

posted by Jean T. at 00:22| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーの路上でロシア人女性がタイ人男から瓶で頭部を殴られた上でバッグを強奪

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、17日0:00頃チョンブリー県パッタヤー地区の路上で、ロシア人の女性(52)がタイ人の男にソーダの小瓶で頭部を殴られた上で約1万バーツが入ったバッグを強奪されるという事件が発生した。

 事件を目撃した近くのバーの従業員女性(22)によると、ロシア人の女性が1人でナーグルゥア方面に向かって歩いていた際に、機会を窺うように後からつけてきたバイクに乗った若者2人組の内の1人がバイクから降り、瓶でロシア人女性の頭部を殴り倒した上でバッグを引ったくりバイクに乗って逃走していったという。

 被害にあったロシア人女性は警察に対して、宿泊先のホテルに戻る為に近道だと思われるバー脇の小路を歩いていた際に被害にあったと証言しているという。

posted by Jean T. at 00:19| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1歳の男児が盛り土の上から転落死、父親等を保護責任者監督遺棄致死で捜査

 各報道によると、チョンブリー県バーンラムン郡の警察当局は、17日0:00過ぎに1歳の男児がトタン作りの側壁が無い居住用の小屋の基礎部分の約1メートルの盛り土から転落し首の骨等を折り死亡した事件に絡んで、父親(28)等が保護責任者としての責任を果たしていなかった疑いがあると見て捜査を行っている事を明らかにした。

 父親によると、妻は男児が生まれてすぐに男児を置き去りにして田舎に逃げ帰っていた為、普段は父親や作業員仲間が子供の面倒を見ていたという。

 父親は警察の事情聴取に対して、男児の叔父同然の51歳の作業員仲間の男性と酒盛りを終えた後で、自分と子供のために食事を作るために、叔父同然の作業員仲間と一緒に寝ている男児を置いて空心菜を捜しに出かけ、戻ってみたら男児が盛り土から転落し死亡していたと、アルコール臭い息を吐きながら証言していたという。

 父親によると、これまでにも男児が盛り土から転落する事が度々あったという。

 ところが、作業員仲間側は、自分が盛り土から転落し死亡している男児を発見した時、男児の父親は熟睡している状態だったと、父親とは異なる証言を行っている為、警察側は保護責任がある父親と叔父同然の作業員仲間が男児に対する保護監督責任を怠っていた疑いがあると見て捜査を行っているという。

posted by Jean T. at 00:16| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーを初めとする南部三県で爆破、銃撃が相次ぐ

 17日12:00過ぎ、パッターニー県県都内にある食堂前で爆発が発生し、自警レンジャー部隊員を含む13人前後が負傷し病院に搬送された。

 爆発物は食堂前に置かれていた鉢植えに仕掛けられていた携帯電話を使用した遠隔起爆式の物が使用されたと見られている。

 また、同県ヤッラン郡内では17日朝、軍関係車両の通過にあわせ爆発物が爆発し、軍関係者5人が負傷を負った。

 前後して、同じくヤッラン郡内で、郡庁付きの自警要員の28歳の男性が、バイクで路上を走行中に何者かに銃撃され死亡した。

 一方、ナラーティワート県スンガイパーディー郡内では17日朝、路上脇に仕掛けられていた爆発物が軍関係車両の通過にあわせて爆発したが、幸い人的な被害は無かった。

 この爆発に絡んで、身体から爆発物成分が検出された近くのゴム農園内で作業中だったイスラム教徒の男(59)の身柄が確保されている。

 また、ヤッラー県ラーマン郡内では17日未明、副村長宅に押し入った所属組織不明の8人組が、屋内に向け銃を乱射し、副村長(44)と2歳の娘を殺害した上で副村長所有のカービン銃を盗み逃走した。

posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。