2009年12月05日

国王、国民が一丸とり公益の為に職務に邁進すれば国家に繁栄がもたらされる

 5日、82歳の誕生日を迎えられた国王は、ご自身の幸せは、国内の全ての者、全ての階層が自覚と知識を持って私益よりも公益を優先して己に与えられた職務に誠実に邁進する事によりもたらされる国家の発展、安定及び平和によってもたらされると語られた。

 その上で、国王は、参列した国内の重要人物を含む国内の全ての者に対して、己に与えられた任務を明確にに自覚し、確固たる決意を持って国家に繁栄という利益をもたらすために職務に邁進する事により、我々に糧をもたらす地たる国家に永続的な発展と安定がもたらされるという事を心得ておいて欲しいと語られた。

posted by Jean T. at 16:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、政府側が外国人労働者トラップを仕掛けようとしていると主張

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は4日、政府側が同盟及び赤服軍団の信用を失墜させる為に、外国人労働者を動員し10日に開催が予定されている同盟の集会に紛れ込ませようとしていると指摘した上で、仮に事実であった場合は集会が長期化し収拾不能な状態にまで過激化する事になると警告した。

 これに先立ち、ステープ副首相は、同盟側がカンボジア人を初めとする外国人労働者を動員し集会に参加させようとしていると指摘した上で、仮に事実であった場合は同盟に対して法的責任を追及する事になると警告していた。

 発言の中でヂャトゥポン氏は、労働省及び治安関連機関が中心になってサムットプラーカーン県やサムットサーコン県等の漁業関連事業者に対して5,000人を目標に外国人労働者の動員を強要し、これまでに1,082人の外国人労働者が確保されており、集会が開催される10日13:00に政府側が同盟の信用を失墜させる為に外国人労働者を集会会場内で摘発した旨発表する計画になっている事を明らかにした。

 また、ヂャトゥポン氏は、仮に年末年始期間中にステープ副首相の発言通りに爆破が発生し、その罪を同盟・赤服軍団側になすりつけるような事があれば、年明け後の早い時期に大規模集会を開催する事になると警告した。

posted by Jean T. at 13:06| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガセーサート大学講師が暴行死、強盗及び個人的係争の線で捜査

 マティチョン紙(オンライン)及びINNによると、5日0:40頃、バンコクのヂャトゥヂャック区内のガムペーンペート3通り沿いにあるロットファイ公園内で、ガセサート大学経営学部会計学講師の36歳の男性が何者かに暴行を受け死亡しているのが発見された。

 遺体近くにあった鉄パイプが犯行に使用されたと見られ、また現場から約100メートル離れた場所に駐車してあった男性の車からも血痕が発見されている。

 警察側は、強盗目的ないしは個人的な係争が事件の背景にある可能性を含めて捜査を開始した事を明らかにした。

 これまでに、5日0:00頃に現場付近で喧嘩が発生していたとの目撃証言や、小用目的で駐車したと見られる男性の車が現場近くの路上で目撃された後に、約100メートル移動した当該車両の中から男性1人が出てきたとの目撃証言が寄せられているという。

posted by Jean T. at 12:33| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通貨偽造容疑で韓国人2人を逮捕

 INN及びネーション系のタイ語速報によると、首都圏警察本部第5分署は4日、通貨偽造容疑で51歳と37歳の韓国人の男をバンコクのソーイ・スクムウィット16内にあるマンションの室内で逮捕し、総額90万ドルの偽造100ドル札や通貨偽造用の機器等を押収した事を明らかにした。

 この逮捕は、39歳の韓国人男性が、2人組の同国人の男から借金の返済を受ける際に偽札を掴まされそうになったと訴えた事により実現したもの。

 逮捕された51歳の男は取り調べに対して、韓国内で男性から借りていた3千万ウォン、約140万バーツを返済する為に11月24日にタイに入国し、男性をマンションに呼び出して要求通り米ドルで借金を返済しようとしたところ、男性に偽札であると見破られ警察に通報されてしまったと供述しているという。

posted by Jean T. at 12:13| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実の娘2人を強姦し、1人を妊娠までさせた鬼畜親父を逮捕

 ネーション系のタイ語速報によると、ウドンターニー県県都の警察当局は4日、15歳と13歳の2人の実の娘に対する性的虐待容疑で42歳の男を逮捕した。

 この逮捕は、同日午前、被害にあった2人の姉妹が擁護団体職員に付き添われて警察に被害を告発した事により実現したもので、姉は小学6年生の時に母親が入院中の弟の看病の為に病院に出かけている時に竹の切り出しの為に父親に山に連れ出された際に性的な虐待を受けて以降継続的に虐待され続け、更に中学2年の時に学校で流産したことがあり、また、妹は小学5年の時に流産した姉が入院中に父親から性的な虐待を受けていたという。

 姉によると、母親は、学校内で流産した際に、流産した子供は同級生の男子との間に出来た子供であると教師に語るなど、一切救おうとせず父親側の擁護にまわっていたという。

 逮捕された男は、長女と一緒に竹の切り出しをしていた際に体がぶつかり合った事でムラムラし長女に手を下してしまって以来姉妹に対して性的な虐待を加え続けてしまったと供述しているという。

posted by Jean T. at 11:46| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗争目的で銃器等をバスに持ち込んだ学生グループを逮捕

 ネーション系のタイ語速報によると、4日夕方バンコク隣県のサムットプラーカーン県県都の警察当局は、銃や刃物等を不法に所持していた容疑で25番路線バスに乗車中だった19歳の男を含む職業訓練課程校の学生グループ全員を逮捕した。

 ショルダーバッグ内に.38口径の拳銃を所持していたとして逮捕された19歳の男は、拳銃は修理に出すために父親から預かっていたもので、人に危害を加える目的で所持していたものでは無いと主張しているという。

 尚、バスの座席のマット下に隠されていた刃物類の所有者の特定には至っていない。 

 警察側は、今後学生に対して公共の場所での無許可での武器類の所持が違法行為であるという概念の普及に努めていく必要があるとの考えを示した。

posted by Jean T. at 11:10| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。