2009年12月10日

ネーウィン一派が鉄パイプを所持した偽赤服を動員? 同盟幹部が指摘

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は10日、ネーウィン・チットチョープ氏が、同日開催されている集会に合流させるためにブリラム県の住民を動員しバンコクに送り込んでいるとの情報があることを明らかにした。

 ヂャトゥポン氏によると、同盟のシンボルカラーである赤色の服を着せられた、動員された住民は4台のバスに分乗してバンコクに移動中で、また移動中の車内に鉄パイプが持ち込まれているのが確認されているという。

 また、ヂャトゥポン氏によると、既にこの情報をプラディット副財務大臣に伝達済みで、現在同副大臣が、ネーウィン派の大臣を通してネーウィン氏に対して、不測の事態を引き起こすおそれがあるとして、かかる行為を中止するよう呼びかけているところだという。

posted by Jean T. at 17:08| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ党、14日にカンボジアの裁判所から有罪判決を受けたタイ人技師の恩赦を請願

 プゥア・タイ党のプロームポン報道官は10日、カンボジアの裁判所からスパイ行為で7年の実刑判決が下されたタイ人技術者の恩赦請願書を14日にフンセン首相宛に提出する予定である事を明らかにした。

 これに先立ち、同日朝同党所属議員でチャワリット元首相側近のソラチャイ・モントリーワット少将が、同党議長のチャワリット元首相がフンセン首相宛の恩赦請願書に署名した事を確認していた。

 プロームポン報道官によると、自分を含む党の使節団が14日にカンボジアを訪問し、フンセン首相の代理人に恩赦請願書を提出する予定になっているという。

 また、同報道官は、恩赦実現後も、引き続き在プノンペンのタイ大使館付一等書記官がタクシン元首相の飛行スケジュール関連情報の提供を要請した疑惑に関して解明を続けていく考えだという。

posted by Jean T. at 16:40| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートで食堂に向けた銃撃、爆破で13人が死傷

 各報道によると、9日18:45頃ナラーティワート県スンガイパーディー郡内中心部で、バイクに乗った2人組がが食堂に向け銃を発砲し、警察官を現場におびき寄せた上で、現場付近に駐車しておいたバイクに仕掛けておいた爆発物を爆発させ、警察官や住民13人前後が負傷を負い病院に搬送され、内3人が10日昼前までに死亡した。

 バイクに仕掛けられていた爆発物は、携帯電話を使用した遠隔起爆式のものが使用されたと見られている。

 警察側は、南部国境三県域内に於ける一連の不穏な動きに関与している組織のメンバーによる犯行と見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 16:11| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職業訓練校生が校内で刺殺

 各報道によると、10日未明頃バンコクのパトゥムワン区内にあるラーチャモンコン工科大学ウテーントゥワーイ校の敷地内で、同校1年の19歳の男性が刺殺されるという事件が発生した。

 尚、タイTV等の一部の報道は、男性が銃撃を受けた上で刃物で刺されたと報じている。

 この事件の発生を受け、警察側が私服警察官を学校周辺に配置し警戒を強化した。

 同校の警備員によると、10日4:00頃に殺害された男性を含む4人組が現れ、校内にあるトイレの方に向かっていた際に、怒鳴りあう声が聞こえた為、現場に駆けつけたところ男性が死亡していたという。

 当時男性と一緒にいた友人3人によると、校内にいた際に、バイクに乗って現れた4人組の内の1人が壁に向け銃弾を発砲してきた為、散り散りになって逃げた際に男性が殺害されたという。

 警察側は、当時男性と一緒にいた友人3人の中に男性が射殺されたと証言する者や、男性が刺殺されたと証言する者がいるなど、3人の証言に一致しない部分が多々見られる為、男性が仲間内の喧嘩が発生した際に殺害された可能性もあると見て、ライバル校との抗争の可能性も含めて捜査を行っている事を明らかにした。

 警察によると、男性が殺害された現場付近に、事件前に友人らと飲み交わしていたと見られる多数のビールの空き瓶が置かれていたという。

posted by Jean T. at 15:47| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、政府が集会の強制中止に乗り出したら官邸前に移動し集会を継続

 反独裁民主主義同盟は9日、仮に政府側が10日に開催が予定されている集会の強制中止に乗り出した場合は、集会参加者を首相官邸前に移動させ、そこで集会を継続して開催する考えである事を明らかにした。

 この発言に先だって、政府側が集会開催の延期ないしは16:00迄の集会終了を要請する方向で動いているとの噂が広がっていた。

 同盟によると、10日0:00頃からバンコクの民主記念塔前でステージの設営作業を開始し、同日12:00から24:00迄集会を開催する予定だという。

 一方、9日開かれた同盟の幹部会の席上で、幹部のウェーン・トーヂラーガーン氏が、全土赤色化運動の一環として、今後の活動方針を決定すると共に同盟の活動状況を監視する為に、反独裁民主主義同盟全土赤色化委員会を設立すると共に各県の傘下団体に対して県レベルの赤色化委員会の設立を呼びかけるよう提案していた事が明らかになった。

 また、同じく幹部のヂャラン・ディッターアピチャイ氏は幹部会の席上で、30万以上居ると見られる赤服軍団だけでなく、同様に民主主義を要求する為に闘っている1,000万人以上の赤服以外のグループに属する者の取り込みに注力するべきであると指摘していたという。

posted by Jean T. at 02:53| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ国際航空、空港占拠の連合幹部36人を相手取り575Mの損害賠償請求訴訟

 タイ国際航空は9日、昨年11月25日から12月4日にかけてスワンナプーム国際空港とドーンムァン空港を占拠し、事実上航空機の運航が出来ない状態に置いた民主主義市民連合幹部のヂャムローン・シームァン少将等36人を相手取り5億7,500万バーツの損害賠償及び年利7.5%の金利の支払いを請求する民事訴訟を提訴する方針である事を明らかにした。

 被告には、ヂャムローン少将やソンティ・リムトーングン氏を初めとする5幹部の他に現外務大臣のガシット・ピロム氏等が含まれている。

 タイ国際航空側は、連合による2空港の占拠により、航空機の運航による利益だけでなく、空港に足止めになった旅客へのホテルや食事の提供等の対策の為に莫大な費用を損失したとしている。

 尚、第一回公判は来年2月22日に開かれる予定になっている。

posted by Jean T. at 02:51| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。