2009年12月11日

カンボジア国王、実刑判決を受けたタイ人技術者に対する恩赦を承認 - 14日に帰国へ

 各国外通信社の報道によると、カンボジアのシハモニ国王は11日、同国の裁判所からスパイ容疑で7年の実刑判決が下されたタイ人技術者に対する恩赦を承認した。

 前後して、ガシット外務大臣も恩赦を確認した。

 一部報道は14日に帰国できる見通しであると報じている。

 同日朝、プゥア・タイ党が技術者の母親の要請に基づきチャワリット元首相が署名した恩赦請願書を初めとする合計3通の恩赦請願書を在タイのカンボジア大使館経由でカンボジア政府宛に提出していた。

posted by Jean T. at 16:49| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職業訓練校生殺害事件、ライバル校の1年の男の逮捕状を取得

 各報道によると、首都圏警察本部は11日、10日未明にバンコクのパトゥムワン区内にあるラーチャモンコン工科大学ウテーンタワーイ校内で同校1年生の19歳の男性が殺害された事件に絡んで、ライバル関係にあるパトゥムワン工科大学1年生の19歳の男の逮捕状を取得した事を明らかにした。

 男は、事件後バイクで逃走する際に電柱に衝突する事故を引き起こしヂュラーロンコン大学の病院に入院しているとされ、また、事故の模様を記録したマーブンクローンセンター付近の監視カメラ映像から男が運転していたバイクの後部座席に乗っていた男も事故の際に負傷を負ったと見られている。

 警察によると、実行犯は全部で4人と見られ、事件後に2手に別れて逃走したと見られるという。

posted by Jean T. at 16:36| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガセーサート大学講師殺害容疑でゲイの男を逮捕

 各報道によると、首都圏警察本部は11日、5日未明にバンコクのヂャトゥヂャック区内にあるロットファイ公園内でガセサート大学講師の男性(36)が鉄パイプ状の物で撲殺された事件に絡んで、サコンナコン県出身の25歳のゲイの男を逮捕した事を明らかにした。

 警察によると、事件が発生した地点周辺は男性の同性愛者の間では情交の場として知られており、また、これまでに同性愛者の男性を誘い込んでは鉄パイプ等で殴り現金等を強奪するという手口の犯行が少なくとも3回に渡って発生していたが、多くの場合は被害者側が被害届の提出をためらう為、表沙汰になる事は滅多になかったという。

 逮捕された男は警察の取り調べに対して、これまでに男性を誘い込んだ上で鉄パイプで殴り現金等を奪うという手口の犯行を4回に渡って繰り返してきたが、一度も被害者を殺害しようと思った事は無く
男性の場合は運悪く死亡してしまった為、警察に連絡した上で男性から盗み出した携帯電話を2,000バーツで換金し実家に逃げ帰っていたと証言しているという。

 被害にあった男性は、自分の誕生パーティーへの出席を終え帰宅する途上で事件に巻き込まれた。

posted by Jean T. at 16:18| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ党、恩赦誓願の為のカンボジア訪問を中止、在タイのカンボジア大使館に提出

 プゥア・タイ党は10日夕方、マスコミ関係者に配信されたSMSメッセージの中で、当初14日に予定されていた、カンボジアの裁判所からスパイ行為で7年の実刑判決が下されたタイ人技術者の恩赦請願書のカンボジア国内での提出を中止し、11日午前に在バンコクのカンボジア大使館宛に恩赦請願書を提出する方針に変更した事を明らかにした。

 当初、プゥア・タイ党は、党の使節団が14日にカンボジアを訪問し、恩赦誓願書をフンセン首相の代理人に提出する方針であることを明らかにしていた。

 同党のプロームポン報道官によると、今回の訪問中止措置は、可及的速やかな息子の解放を願うと共に長期のカンボジア滞在により大学講師としての職を失う事を懸念したタイ人技術者の母親側からの強い要請を受けたものだという。

posted by Jean T. at 11:37| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、集会に紛れ込んだ外国人労働者を摘発 - 新年に集会を再開

 反独裁民主主義同盟は10日、同日開催されていた集会に紛れ込んでいた3人の外国人労働者を摘発し警察に突き出した。

 先に同盟側は、政府側が同盟の信用を失墜させる為に動員した外国人労働者を集会に紛れ込ませようとしているおそれがあるとして、懸賞金10万バーツをかけて集会に紛れ込んでいた外国人労働者の摘発を強化していた。

 摘発された3人の内訳はカンボジア人2人とミャンマー人1人で、何れも外国人労働者証を所持していたが、赤服は着込んでいなかったという。

 一方、10日24:00頃に集会を平穏裏に終了させた同盟は、現段階では年内に集会を開催する計画が無い事を確認した上で、来年早々に政府打倒を目指す100万人集会を開催する方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 11:13| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。