2009年12月14日

放送内容に怒ったチェンマイの赤服が生放送中のch3の番組キャスター等を包囲

 14日朝、チェンマイ県内最大の赤服軍団"ラック・チェンマイ51の関係者50人以上が、テレビ局ch3の
ニュースショー番組"ルゥアン・ラオ・チャオ・ニー"の生中継放送が行われていたドーイステープの麓にあるレストランを包囲し、番組の偏向報道に対して抗議した。

 ルゥアン・ラオ・チャオ・ニーは、ソラユット・スッタサナヂンダー氏がメインキャスターを務めるch3の看板番組の一つ。

 最終的に赤服軍団側は、ソラユット氏側が、赤服軍団系列を初めとする偏向放送局とは異なる中間に位置する放送局として実際に発生し伝えられている事を報道する事は当然のことである事に理解を求めると共に、引き続き中立的に報じるよう心がける事を約束した事に満足し、番組出演者等と記念写真を撮った上で散会した。

 赤服軍団側は、アピシット首相がチェンマイ県の訪問を計画していた頃に放送された番組内でのコメンテーターの発言に不満を持っていたとされる。

posted by Jean T. at 15:56| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度はコーンケーンのコンサート会場で爆発、1人が死亡

 各報道によると。14日0:00過ぎコーンケーン県県都内のモーラム歌手のコンサート会場で爆発が発生し、頭部に爆発物が直撃した観客女性1人が即死し、10人以上が負傷した。

 瓶を使用した手製の爆発物が使用されたものと見られる。

 調べによると、何者かが会場外からステージ前で音楽に合わせて踊っていたライバルの若者グループに向け投げた爆発物が方向を誤り無関係の観客に命中爆発したものと見られる。

 警察側は、隣接しあう村に住む若者グループ同士の対立が事件の背景にあると見て、捜査を開始した。

posted by Jean T. at 15:21| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一緒に酒を飲み交わす事を友人から断られた男性がゴミ捨て用ダクトに飛び降り死亡

 各報道によると、14日3:00頃バンコクのパトゥムワン区内のラーマ6世通り沿いにあるマンションのゴミ捨て用のダクトから8階に住む男性(36)が転落し死亡した。

 男性と同じ部屋に住む友人男性(22)の証言から、男性が友人から酒を一緒に飲むことを断られた事を僻んで自らゴミ捨て用のダクトに飛び込み自殺を図ったものと見られている。

 友人によると、男性や他の友人等と一緒に近くの店や、部屋の中で酒を飲み終え、友人全員が寝るために部屋に戻ったところで、男性がもっと酒を飲もうと言ってくると共に、男性をなだめるために連れて行った部屋の中で僻みっぽく「お前が俺の事を好きなら一緒に酒を飲め」等と言って酒を飲むことを強要してきたが、仕事を控えていたためそれを断ったところゴミ捨て用のダクトのところに走っていき「お前が如何に仲間の事が好きなのか見せてみろ」との言葉を残して飛び降りたという。

 友人によると、男性や他の友人等6人で部屋をシェアーしていたという。

 尚、報道によっては、男性が女性の恋人と口論になった後に飛び降りたと友人が証言していると報じているものもある。

posted by Jean T. at 12:14| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ人女性、他の女性に走った外国人男性の事に悩み自殺

 ネーション系のタイ語速報によると、13日20:50頃チョンブリー県パッタヤー地区内にあるアパートの室内でスリン県出身のタイ人女性(32)が首を吊って死亡しているのが発見された。死後2時間以内と見られる。

 室内に他の女性に走った外国人の恋人の事で悩んでいた事を窺わせる英語で書かれた遺書が置かれていた事から、外国人の恋人との関係に悩み自殺したものと見られている。

 フィンランド人の恋人(40)によると、女性は僻みっぽく、また自分に別の女性がいることを巡った口論が毎日のように展開されていたという。

 また、当日は、友人に会うために部屋を出て、戻ってきたら女性がトイレの蝶番に繋いだベルトで首を吊って死亡していたという。

posted by Jean T. at 11:26| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャアムで拉致され行方不明になっていたリゾート従業員女性の射殺体

 各報道によると、14日未明ラーチャブリー県チャアム郡内の林の中で、郡内にある有名リゾートで働く女性(28)の射殺体が発見された。

 遺体は別の場所で殺害された後に遺棄されたと見られ、また遺体の状況等から鈍器で殴られた上で頭部に銃弾が撃ち込まれたと見られるが、争われた形跡は遺体からは確認されなかった。

 女性は12日早朝、勤務先のリゾート前で3人組の男(報道により2-3人の男)に拉致されて以降行方不明になっていた。

 警察側は、女性が最近恋人と別れていた事から男女関係のもつれが事件の背景にあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 11:07| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カッティヤ少将、今度は停職命令が本当に下されたら士官学校同窓同士の戦争が始まる

 カッティヤ・サワディポン少将は13日、仮にカンボジアへの密出入国疑惑や退役レンジャー部隊員を赤服軍団に合流させた行為に絡んで自分に対して停職命令が下された場合は、ヂュラーヂョムグラーオ軍士官学校卒業生同士の戦争が始まることになるとした上で、国民に対して仮にかかる事態に発展しても単なる兵士とゴルフプレイヤーとの戦いであると見なして驚く事がないように呼びかけた。

 カッティヤ少将は、あらためて軍刑法により自身を処罰する為に軍法会議を招集した背景に、直近の疑惑ではなく、アヌポン陸軍司令官を非難した事に対する恨みを晴らしたいとのチンピラ集団側の思惑があると指摘した上で、軍側がクーデターを引き起こした事や首相官邸を占拠していた民主主義市民連合に対して非常事態宣言に則った対応をとらなかったこと、元国軍司令官付最高顧問のパトムポン・ゲーソンスック大将が連合の集会で演説を行った事等に対する処分を軍側がとらない限り停職命令に従う考えは無いとした。

posted by Jean T. at 03:12| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。