2009年12月23日

赤服系議員、新たに9つの外務省秘密文書を公開

 反独裁民主主義同盟幹部でプゥア・タイ党所属議員のヂャトゥポン・プロームパン氏は23日、アピシット首相による政府結成一年間の成果発表に先駆けて、タクシン元首相の暗殺計画の存在やカンボジアに対する3段階の報復措置の計画の存在を窺わせる9つの外務省の秘密文書を公開した。

 また、一連の秘密文書の公開が国家の安全保障を脅かす違法行為であると指摘されている事に関しては、そもそも法の手続きに反した内容が秘密文書に記されており、そのような違法な文書が法的な保護を受けるいわれは無いとした。

 ヂャトゥポン氏によると、秘密文書内の政府の安定を脅かす主要な要因であるタクシン元首相をエリミネートするべきであると記されたくだりは、明らかにタクシン元首相の暗殺を意味しているのだという。

 また、カンボジアとの関係に関しては、タイとカンボジア間の協力関係を遅延させることやカオプラウィハーン遺跡周辺地域を初めとしたしたカンボジア国境線への兵力増強を含む程々に強硬な手段から最も強硬な手段に至る三段階に渡る報復戦略に関する詳細が記されているという。

posted by Jean T. at 18:40| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服軍団同盟離脱派が27日から28日にかけてバンコクで大規模集会

 赤服軍団6月24日民主主義グループ幹部のソムヨット・プルゥクサーガセームスック氏は23日、タークシン大王戴冠275周年となる27日から28日にかけてバンコクのサナームルワンで大規模集会を開催する方針であることを明らかにした。

 それぞれ17:00から23:00にかけて集会を開催する予定だという。

 ソムヨット氏によると、集会は6月24日民主主義グループやデーン・サヤーム、大衆パワーグループ、デーン・タークシン・グループ、首都圏電力発電現業労働組合関係者等が国民の利益を保護する為に結集する予定で、また、集会の際に事実上反独裁民主主義同盟3幹部と袂を分かった元首相府大臣のヂャクラポップ・ペンケー氏が逃走先の国外から電話演説を行う予定になっているという。

 ソムヨット氏は、ヂャクラポップ氏が同盟3幹部への事実上の決別を宣言したオピニオンを投稿した雑誌レッドを発行している事でも知られている。

* そういえば、先週タクシン元首相がカンボジア入りした日に行われたタイスキ店コカでの食事会にヂャクラポップ氏が参加してましたね。

posted by Jean T. at 18:07| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党、政府は借りて騙して集めて食い物にする4K政府

 プゥア・タイ党は22日、政府側による一年間の成果発表が予定されている23日に先駆けて、政府に対して借りて(グー)騙して(ゴーン)集めて(ゲップ)食い物にする(ギン)4つのK(ゴーガイ)が揃った4K政府とのあだ名をつけた。

 プゥア・タイ党は、政府は公約に掲げた99日間で必ず実行できる政策を実行できないだけでなく汚職問題まで抱えていると指摘した上で、巧みにあらゆる借金を重ね、あらゆる省庁のプロジェクトで国民を騙し、増税により巧みに国民から税金を集め、連立政党間で政策による利益を食い物にしている政府には4K政府との名が相応しいと指摘した。

posted by Jean T. at 00:34| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スラユット元首相、タクシン元首相への対話呼びかけを完全否定

 現枢密院評議会議員のスラユット元首相は22日、国内和解推進の為に自らを政府とタクシン元首相との間を取り持つ仲介人としてタクシン元首相との直接協議に応じる考えがあると発言したと伝えられている事に関して、全くの事実無根の報道であると語り完全に否定した。

 スラユット首相によると、そもそも自身は和解推進の為の対話を進めるような立場にはなく、全ては政府が責任を負って進めるべき事柄なのだという。

 また、スラユット首相によると、問題の報道はピッサヌローク県を訪問した際に「タクシン元首相から電話があったら、それを受けるか?」と顔なじみのバンコクポストの女性記者から立ち話的に聞かれた際に「過去に何度か電話で会話をしたことがあるように、仮に電話があれば受け取り問題点を聞く用意がある」と語った事が取り違えられて報じられたもので、自身の発言の中には当初から仲介人を買って出るような言質は含まれていなかったのだという。

posted by Jean T. at 00:33| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合傘下団体が赤服最強硬派本拠地のチェンマイで集会を開催

 チェンマイ県内の民主主義市民連合傘下団体は22日、1月16日にチェンマイ県県都内にある競技場で誰でも来ることが出来る観光地であるチェンマイをアピールする事を中心に据えた集会を開催する予定であることを明らかにした。

 チェンマイ県は、県内最大規模の赤服軍団ラック・チェンマイ51を初めとする団体が強硬な活動を展開している事で知られ、また、今回連合が集会開催を計画している競技場では反独裁民主主義同盟・赤服軍団が30日からカウントダウン集会の開催を計画している。

 チェンマイの連合傘下団体側は、集会参加者の安全を十分に確保できる余力が無いとして、22日県庁を訪問し、副県知事に対して1月14日から1月17日にかけて集会会場周辺の警備を強化するよう要請した。

posted by Jean T. at 00:29| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、19のマープタープット関連プロジェクトの再開を求め再抗告をする方針を決定

 政府は22日招集された閣議の席上で、行政裁判所により差し止め命令を下された65件のマープタープット工業団地関連プロジェクトの内、環境への影響が無い19件のプロジェクトの再開許可を求める為に最高行政裁判所に対して再抗告する方針を決定した。

 この決定は、先に最高行政裁判所側が65件のプロジェクトの内42件のプロジェクトに関してプロジェクトの再開を要求できるとの判断を下した事を受けたもので、政府側は、再開を要求するに足る十分な根拠を提示する事が可能な19件のプロジェクトの再開を第一段階として要求する方針を決定した。

posted by Jean T. at 00:28| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーンケーンの民家に爆発物、犬2匹が被害に

 ネーション系のタイ語速報によると、22日昼コーンケーン県県都内にある民家に向け爆発物M26が投げ込まれ、犬2匹が死亡した。

 警察側は、民家の家主の男性(42)が、現在付き合っている28歳の女性の前の恋人から殺すと脅迫されていた事から、男女関係のもつれが事件の背景にあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:26| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入浴中の女性を覗き見し自ら果てた変態を逮捕、サムットプラーカーンで

 各報道によると、警察は22日、バンコク隣県のサムットプラーカーン県ゴースムピサイ郡内の民家内で入浴中の女性を覗き見した容疑でマハーサーラカーム県出身の27歳の男を21日夜に逮捕した事を明らかにした。

 調べによると、男は昨年4月29日21:00頃に会いに行くために訪れた女性宅の浴室の通気口から約30分間に渡り女性が入浴しているところを覗き見しながら自慰を行った後に逃走していた。

posted by Jean T. at 00:25| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。