2009年12月24日

スワンナプームのタクシー900台が一斉乗車拒否の抗議活動

 24日朝、スワンナプーム国際空港内で空港タクシー約900台が客待ちの為の車両の配車を拒否する抗議活動を一斉に開始した。

 この動きは、空港当局側が、空港タクシーを利用する乗客から徴収していた50バーツの手数料の徴収を中止すると伝えられている事を受けたもので、タクシー運転手側は手数料の徴収が中止されると空港当局に支払う料金や通行料を自腹から支払わざるを得ない状況におかれ死活問題に関わることになると訴えている。

posted by Jean T. at 15:44| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、1月11日にカオヤイで集会

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は24日、年明け後の1月11日にナコンラーチャシーマー県内のカオヤイ国立公園内で大規模集会を開催する方針である事を明らかにした。

 スラユット元首相の別邸の国有地不法占拠疑惑に対する当局側の不公正な対応の追求を中心に据えた集会活動を展開する方針だという。

 同盟の一部デモ隊は23日、天然資源・環境省前で同疑惑に対する進展を要求する抗議活動を展開していた。

posted by Jean T. at 15:21| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、年末にかけて外務省を初めとする各所で抗議活動 - 離脱派集会には合流せず

 イサーンのランボーとの異名を持つ反独裁民主主義同盟幹部のスポン・アッターウォン氏は24日、来週初めから年末にかけて外務省や国家汚職防止取締委員会、憲法裁判所前で抗議活動を展開する方針であることを明らかにした。

 この一連の動きには同じく幹部のアリスマン・ポンルゥアンローン氏も合流する予定で、スポン氏によると、両者とも現在認められている保釈が取り消されても構わないとの気概を持って抗議活動に臨む考えだという。

 一方、6月24日民主主義グループ幹部のソムヨット・プルクサーガセームスック氏等を中心にした同盟離脱派と目される赤服軍団が27日から28日にかけてバンコクのサナームルワンで集会開催を計画している事に関しては、同盟の決定事項では無い事を確認した上で、この集会に同盟の幹部が合流する予定が無い事を確認した。

posted by Jean T. at 12:17| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元首相、非中立メディアの包囲にゴーサイン

 タクシン元首相は23日、自らのサイト上等で赤服軍団に対して非中立メディアの包囲に事実上のゴーサインを出した事を明らかにした。

 タクシン元首相は、タイ国内のメディの非中立性に強い不快感を示すと共にメディアの記者に対して、現在の中立性、率直性を欠いたメディアとは共存が不可能、もっと公正な報道を心がけるべきであると訴えたいとした上で、プノンペン滞在中に面会した、不公正なメディアに対し堪忍袋の緒が切れたと語る赤服の同士から集会開催の際に不公正な報道を展開するメディアの職務状況を見るために当該メディアに立ち寄らせて欲しいと言われた際に、公正な報道を要求する為に行きたいのであれば非友好的な態度をとることなく平穏を旨にして行けばよいと受け応えていたことを明らかにし、事実上赤服軍団による非中立的メディアの包囲を容認した事を明らかにした。

 一方、反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は23日、一部の同士から非中立メディア前での集会活動を展開したいとの声が上がっているものの、組織としては非中立メディア前での集会活動展開を行う方針を決定していない事を確認した上で、仮に一部の同士がかかる集会活動を展開しても法を逸脱しない限りは国民の権利として容認する考えである事を明らかにした。

 また、同じく幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、年明け後に大規模集会を確実に開催する方針である事を再確認した上で、長期化が見込まれる強硬な集会活動により政府は必ず崩壊する事になるとの考えを示した。

posted by Jean T. at 00:33| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人旅行者相手に睡眠薬強盗を働いていた4人の女を逮捕

 各報道によると、バンコクの首都圏警察本部チャナソンクラーム署は23日、日本人を中心とした外国人旅行者に薬物を仕込んだ上で金品等を強奪した容疑で54歳、44歳、21歳及び18歳の女4人を逮捕した事を明らかにした。

 調べによると、4人は日本人を主要ターゲットにして睡眠薬強盗を働いている6-7人で構成されたグループのメンバーと見られ、何れも日本人を初めとする外国人旅行者に親しげに近づき、相手が酒に酔った頃を見計らって睡眠薬を飲み物に混ぜ、相手が意識を失ったところでタクシーに乗せ金品を強奪する、ないしは一緒に寝た後で睡眠薬を仕込み金品を強奪するという手口で犯行に及んでいた。

 また、逮捕された4人の内の1人は日本語会話の勉強をした事があり、また、何れの容疑者も車や家を買う為の資金を稼ぐために犯行に手を染めていたという。

 21歳の女は取り調べに対して、学んできた日本語会話を生かして約6ヶ月前に日本人旅行者をターゲットにした睡眠薬強盗に手を染め、これまでに約6人から金品等を強奪してきた。強奪した金品は遊びや日常の生活費に充ててきたと証言しているという。

 警察によると、21歳の女は今月5日にチョンブリー県パッタヤー地区内で日本人旅行者から20万バーツを強奪していたという。

* 日本人を狙って犯行に及んでいた4人の皆さん
http://pics.manager.co.th/Images/552000016958902.JPEG

posted by Jean T. at 00:29| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイレンを鳴らしながら高速度で車を飲酒運転していたスウェーデン人のボランティア警察官を逮捕

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は23日1:50頃、車の前方に取り付けられたサイレンを常時鳴らしながら高速度で飲酒運転をしていた、パッタヤー地区のボランティア観光警察官のスウェーデン人の男(47)を逮捕した。

 尚、その後の警察の調べにより、男のボランティア観光警察官のライセンスは今年5月で切れていた事が確認されている。

 男は、警察の取り調べに対して、タイ人の恋人女性を乗せ家に帰るところだっただけで、飲酒運転や無謀運転をした記憶はない。運転中に音が聞こえてこなかったので、サイレンを鳴らしながら運転していた事には気がつかなかったと主張しているという。

* 逮捕された男
http://www.pattayadailynews.com/images_news/008_th/0000011529/p3.jpg
 サイレン付きの車
http://www.pattayadailynews.com/images_news/008_th/0000011529/p4.jpg

posted by Jean T. at 00:26| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。