2009年12月31日

お騒がせ将校、大晦日にはなにも起こらず - 年明け後に要注意

 赤服軍団シンパのカッティヤ・サワディポン少将は31日、陸軍や公安警察局が大晦日から年明けにかけて首都圏を狙った爆破が計画されていると警告している事に対して、この時期に爆破は起こりえないとの考えを示した上で、政府に対して不満を持つグループが、年明け後に政府が国民に実権を返還する為の解散に応じなかった場合に備えて特権階級を狙った不穏な動きを計画しているとして国民に対して大晦日のカウントダウンの時に十分に楽しんでおくよう呼びかけた。

 また、陸軍及び公安警察局が、テロを実行する潜在力を持っている赤服軍団シンパの将官2人の動向を監視している、ないしは、既に当該将官2人が年末年始の爆破発生への関与を疑われる事を避ける為に国外に脱出していると発言している事に関しては、件の将官2名は自分とパンロップ・ピンマニー大将の事を指しているとの認識を示した上で、両名とも一切不穏な計画には関与しておらず、また、パンロップ大将は年末年始期間中はバンコクに留まる予定になっているとした。

 カッティヤ少将によると、大晦日の夜にイスラエルに向け出立する予定だが、あくまで観光目的の渡航で、不穏な計画云々とは一切無関係だという。

posted by Jean T. at 13:17| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スリランカ政府は元首相を経済顧問に据えるとの噂を否定

 スリランカの副財務大臣が、タクシン元首相が同国政府の経済政策顧問に就任するとの噂を否定している事が31日迄に明らかになった。

 先に、ソムチャーイ元首相が、スリランカ政府がタクシン元首相を経済顧問に据える準備を進めているとの噂を事実であると確認し、また、この噂に絡んで経済顧問就任を契機にタクシン元首相がスリランカを逃亡滞在先に選ぶのではないかとの憶測が広がっていた。

 スリランカの副財務大臣が同国の国内メディアに語った所によると、タクシン元首相を経済顧問に据える準備を進めているという話を聞いたことが無く、また同首相のバックグランドからも経済顧問に据える事はあり得ないという。

posted by Jean T. at 10:58| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、連立与党に対する省庁ポストの割り当てを見直す考えが無い事を確認

 アピシット首相は30日、2月中旬に行われると見られている内閣改造の際に、連立与党に割り当てられている省庁ポストの割り当てを見直す考えが無い事を確認した。

 また、ウィタヤー公共保健大臣の辞任に伴いマーニット副公共保健大臣の去就に注目が集まっている事に関しては、本人自身が身の処し方を十分心得ており、何れ自らに対して正しい判断を下すことになるだとうとの認識を示した。

 一方、これに先立ちステープ副首相は、辞任したウィタヤー公共保健大臣の後任指名が、5人の民主党内の有力党員に絞られて行われる見通しである事を明らかにした。

 5人は、オンアート・クラームパイブーン氏、ヂュティ・グライルゥーク氏、チャルゥムチャイ・シーオーン氏、チンナワウォン・ブンヤギヤット氏、ニピット・イントラソムバット氏。

posted by Jean T. at 00:31| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スリランカ政府がタクシン元首相を経済顧問に据える用意、ソムチャーイ元首相が確認

 タクシン元首相の義弟でもあるソムチャーイ元首相は30日、スリランカ政府がタクシン元首相を経済政策顧問に据える準備を進めている事を確認した。

 その上でソムチャーイ元首相は政府に対して、仮にスリランカがタクシン元首相を経済政策顧問に据えたとしても、タイの安全保障を脅かすことには繋がり得ないとして、余計な懸念を持ったり、カンボジアに対して講じたような報復措置を講じるべきではないと警告した。

 スリランカは、タクシン元首相が国外逃亡中に訪問したことがある国の一つとして知られている。

posted by Jean T. at 00:29| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーで軍を狙った爆破で5人が死傷、ナラーでは線路上に爆発物

 30日8:30頃、パッターニー県パナーレ郡内で、教師の警護作業中だった軍関係車両の通過にあわせ爆発が発生し、自警レンジャー部隊員2人が死亡し、3人が重傷を負った。

 また、同県マイゲーン郡内では30日15:30頃、バイクで現れた人数不明の一味が、茶店内で知人等と飲食中だった49歳の副村長に向け銃を発砲し、副村長が死亡した。

 更に、同県ヤッラン郡内では30日16:30頃、バイクに乗った2人組が市場付近を走行中だった45歳のガムナンが運転する車に向け銃を発砲し、ガムナンが死亡し、付近にいた住民2人が流れ弾により重傷を負った。

 一方、ナラーティワート県ランゲ郡内では、教師の出勤路の安全確認作業中だった当局関係者(報道により副村長)が線路上に爆発物が仕掛けられているのを発見し、回収処理が行われた。

 回収された爆発物は、携帯電話による遠隔起爆式のもので、列車の通過にあわせて爆発させる目的で仕掛けられたものと見られている。

posted by Jean T. at 00:27| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

居眠り運転のタクシーがバス待ちの女子学生に追突、女子学生が死亡

 各報道によると、30日午後アムナートヂャルゥン県県都内の学校前で、タクシー車両がバス待ち中だった学生グループに追突し、マタヨン課程6年(高校3年にほぼ相当)の女子学生が死亡し、学生1人及びタクシーの運転手及び乗員の計3人が負傷する事故が発生した。

 運転手は取り調べに対して、ローイエット県からアムナートヂャルゥン県内の親戚宅に向かう為に車を運転中に眠気に襲われ、はっと気がついた時には制御を失った車が路上脇の立木に衝突した衝撃で車両の後部が学生グループにぶつかっているところだったと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:25| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14歳少年、しかも教師の息子が大量に手製爆弾を製造・保管

 各報道によると、ガーラシン県の警察当局は県都内中心部にある寄宿舎内のマタヨン課程2年(中学2年にほぼ相当)の少年の部屋の家宅捜索を行い、ベッドの下に隠されていた大量の飲料水用の缶を使用した爆発物や爆発製造用の道具等を押収した。

 少年は学校教師の息子だという。

 今回行われた家宅捜索は、県都内で頻発している若者グループ間の抗争事件の際に使用されている爆発物の製造拠点があるとの通報に基づき行われたもので、警察側は、少年が抗争に使用されている爆発物を供給している組織の一員だったと見て、引き続き組織の解明・摘発を進めていきたいとした。

posted by Jean T. at 00:22| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酔って他人のバイクで帰宅した女性が持ち主捜しの為に警察に出頭

 タイラット紙によると、サムットプラガーン県出身の27歳の女性がウボンラーチャターニー県県都内の警察署を訪れ、前夜に帰宅する際に運転したバイクが他人の物だったとして、当該バイクの持ち主と共に自分のバイクの行方を捜して欲しいと訴えた。

 女性によると、前夜に県都内にあるパブで酒を飲み終えた後でバイクを運転して帰宅したが、朝になるまでそのバイクが他人の物である事に気がつかなかったという。

 女性がパブに出かけた際に乗って行った自分のバイクと帰宅する際に間違って乗ったバイクの色とモデルが一緒で、しかも駐車してあった場所もほぼ同じ場所で鍵もかけっぱなしになっていた為間違えてしまったという。

 尚、バイクの飲酒運転はタイの法律でも禁止されている。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。