2010年02月01日

外国人を夫に持つ女性が追ってきた小型トラックから銃撃され負傷

 各報道によると、1日5:00頃チョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムン郡内の路上で、バイクを運転中だった37歳のタイ人女性が小型トラックに乗った何者かに銃撃され負傷した。

 被害にあった女性によると、外国人の夫と共に帰宅する為にそれぞれのバイクで路上を走行していた際に、住宅地から約500メート離れた地点から後をつけてきた小型トラックから発砲された3発の銃弾の内の1発が命中し負傷したが、何とか夫と共に住宅地内に入り小型トラックをかわすことが出来たという。

 警察側は、事件の背景に男女関係のもつれ、個人的な係争及び強盗目的のいずれかがあると見て、あらためて女性に事情聴取を行った上で捜査を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 11:28| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

36歳男性、恋人に嫉妬し焼身自殺を図り重傷

 各報道によると、31日23:00頃チョンブリー県シーラーチャー郡内で、36歳の男性が焼身自殺を図り重傷を負った。

 男性の弟(30)によると、男性が、酒を飲みながら複数の男性から誘いの電話を受けていた顔立ちが良い恋人女性(22)と口論になった際に女性が服をまとめて家を出て行った事に怒りをぶつけていた後に、買ってきたガソリンを体に振りかけライターで火を放ったという。

posted by Jean T. at 10:58| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治情勢が影響し幸福量が下降、ABAC調査で

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、28県内在住の5,570人の回答者を対象に24日から30日にかけて行った幸福量調査で、不安定な政治情勢が反映し総幸福量が7.62ポイントだった12月度に対して6.52ポイントにまで下降していた事が明らかになった。

 個別の幸福量では、政治情勢に対する幸福量が5.58ポイントから4.06ポイントに下降した他、社会正義に対する幸福量が7.07ポイントから5.19ポイント、景気情勢に対する幸福量が7.09ポイントから5.87ポイント、コミュニティー内の人間関係に対する幸福量が7.58ポイントから6.67ポイント、家庭内に於ける人間関係に対する幸福量が8.96ポイントから8.01ポイント、精神的健康に対する幸福量が7.96ポイントから7.58ポイントに下降する結果になった。

 また、地区別の総幸福量では、バンコク及び中部がそれぞれ6.17、6.19ポイントと最低水準の幸福量を記録する一方で、北部が7.37ポイントと最高の幸福量を記録し、以下、東北部が6.69ポイント、南部が6.48ポイントを記録する結果になった。

posted by Jean T. at 01:12| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法改正を巡る与党内対立が政府・与党に対する信頼度に影響、スワン・ドゥシット調査で

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが19県内在住の1,549人を対象に28日から30日にかけて行った調査で、56.86%の回答者が憲法改正を巡る与党内の対立が政府に対する信頼に影響を与えると回答し、その多くがアピシット首相が憲法改正に取り組むとする前言を翻したことにより、利権や政治的実権を巡る対立があるとの疑いを抱かせている事を理由にあげていた事が明らかになった。

 しかし、49.02%の回答者が憲法改正を巡る与党内の対立が連立政権第一党の民主党に対する信頼度には影響を与えないと回答し、その多くが連立第一党として持つ議席数を背景に改正を巡るゲームを終わらせることが出来ることを理由にあげる一方で、51.94%の回答者が連立与党の信頼に影響を与えると回答し、その多くが憲法改正を主張する背景に何らかの思惑や利益誘導がある疑いがあることを理由にあげた。

 また、48.11%の回答者が連立与党の党首が話し合いによる対立解消に努めるべきであると回答し、40.29%の回答者が対立の激化や連立離脱による議会解散が起こりえる等の理由をあげ、今後の政治情勢に懸念を持っていると回答した。

posted by Jean T. at 01:08| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、2月4日から14日にかけてクーデターが計画 - 3段階の戦略で徹底阻止

 反独裁民主主義同盟は31日、プラユット副陸軍司令官が2月4日から14日にかけてクーデターの実行を画策しているとの情報を得ている事を明らかにした。

 2月4日から14日にかけて公務で海外を歴訪するアヌポン陸軍司令官に代わり、プラユット副陸軍司令官が期間中の司令官代行を務める予定になっているという。

 同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は、2月4日から14日にかけてプラユット副陸軍司令官を首謀者とするクーデターが計画されているとの情報を得ている事を明らかにした上で、同盟側が取り組む3段階の対抗措置により国民側が勝利し、クーデター計画は失敗に終わるとの考えを示した。

 3段階の対抗措置には、クーデター実行前、クーデターの進行中及びクーデターの終了後の3つのフェーズに応じた全国の赤服軍団による県庁舎や軍基地の包囲、サナームルワンでの大規模集会等の行動が組み込まれているという。

 また、同盟は、2月2日にクーデター計画に対するスタンスを問い糾すために空軍本部前で集会を開催する他、来週中に幹部のアリスマン・ポンルゥアンローン氏やスポン・アッターウォン氏を中心にした赤服軍団が土地局や森林局、検事総局を訪れカオヤイ・ティヤンやカオ・ソーイダーオに於ける不法占拠問題の進捗状況を問い糾す方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 01:03| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ党、連立与党は連立から離脱し国民に誠意を示すべき

プゥア・タイ党のプロームポン報道官は31日、憲法改正の前進を主張している連立与党は、自らの憲法改正に対する確固たるスタンスを国民に示すために民主党主導の連立政権から離脱するべきであると指摘した。

 先に連立3党側は、2月3日に憲法改正案を下院議会に提出する見通しである事を明らかにしていた。

 プロームポン報道官は、連立政党が私益や職位に固執している限り憲法改正案は流産の憂き目にあう事は目に見えていると指摘した上で、連立政党は連立政権から離脱し国民に対して自らの憲法改正に対する明確なスタンスを示すと共に国民及び国益に対する真摯な姿勢を示す事が重要であると指摘した。

 プロームポン報道官によると、議会解散による野党転落を恐れているアピシット首相が、懐柔を図る為に民主党所属の下院議員や閣僚に対して連立与党に対する憲法改正絡みの批判を控えるよう指示しているという。

posted by Jean T. at 01:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクの市場内で爆発、背景に一族間の利権対立?

 各報道によると、31日4:00頃バンコクのブゥングム区ソーイ・ナワミン72にある市場内で爆発が発生し、美容整形クリニックのガラス等を損壊させたが、幸い人的な被害は無かった。

 爆発物はM26型の瑠弾が使用されたものと見られている。

 警察側は、市場の利権を巡った対立が事件の背景にあると見て捜査を開始すると共に約100人の人員を配置して市場の警戒に当たる方針であることを明らかにした。

 警察によると、事件が発生した市場の権利を持っている一族内で利権を巡った対立があり、これまでに対立する一族が設立した2つの企業から20件以上の被害届が提出されているという。また、11日には、市場内の店舗用テントの撤去作業の為に現れた100人以上の凶器を所持した集団と、それを阻止しようとした銃器等を所持した約30人の集団との間で、後者の集団が市場の警備に当たっていた警備員に向け銃を突き付けた事をきっかけとした衝突が発生していた。

 警察が現場検証を行っていた際に、一方の一族系企業から依頼されたと名乗る約50人の集団が現れ市場周辺に睨みをきかす場面も見られたという。

posted by Jean T. at 00:57| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サタヒップで女子大生等を麻薬密売で逮捕

 各報道によると、チョンブリー県サタヒップ郡内の海軍麻薬取締当局は30日夕方過ぎ、販売目的で麻薬を所持していた容疑でブーラパ大学教育学部4年の女(23)及び32歳と28歳の男を逮捕し、1,233錠のヤーバーを押収した。

 調べによると、主犯格と見られる女は、チョンブリー県県都内アンシラー地区内に拠点を置く麻薬密売組織アン・アンシラーの一味とされ、先にヤーバー385錠を所持していた容疑で逮捕された男の供述から、仕入れ元として浮かび上がり、男を利用してヤーバー800錠の取引話を電話で持ちかけ、女等3人が引渡し先に現れたところで御用となった。

 3人は取り調べに対して、アン・アンシラーから一袋あたり22,000バーツでヤーバーを仕入れ、23,000バーツから24,000バーツで転売していた事を認めると共に、主に拡販を担当している女が顧客に代わりヤーバーの手配を行い、販売による利益は3人で均等に分けていたと供述しているという。

 当局側は、3人の内の1人にアン・アンシラーにコンタクトをとらせ麻薬の取引話を持ちかけたが、囮捜査中に情報が漏れる恐れがある為、引渡先での捜査を断念し、警察の麻薬取締当局に動向及び前歴の捜査を要請した。

* 逮捕された3人
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/01/Phot2108.jpg

posted by Jean T. at 00:55| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。