2010年02月02日

16歳少女強姦殺人容疑で同い年の男を逮捕

 各報道によると、ガムペーンペート県県都の警察当局は2日、前日朝にマタヨン課程4年(高1にほぼ相当)の少女(16)が性的暴行を受けた後に殺害された遺体が発見された事件に絡んで、同じ地区内に住む16歳の男を前日夜半に逮捕した事を明らかにした。

 昨年9月に男から同様な手口で性的暴行を受けそうになり難を逃れていた43歳の女性からの通報に基づき、警察が男の身体を調べた結果、複数の爪で引っかかれた跡が確認された事を受け男を警察に連行し事情聴取が行われていた。当初男は蚊に刺され場所を掻いたあとだと主張していたが、最終的に犯行を自供した。

 男は取り調べに対して、1月31日に友人と酒を飲み終え帰宅する為に歩いていた際に急に性的な欲求がもたげ、少女の家に忍び入り、寝室を覗いたところ気づかれたため、少女の首を絞め意識を失わせた上で性的暴行を加え、その後口封じの為に荷物縛り用のゴムで少女の首を絞め殺害したと供述しているという。

 また、男は自分の指紋を現場に残さない為に手袋をして犯行に及んだこと、また遺体が発見された時には野次馬の1人として現場検証の模様を見ていたと語っているという。

 男によると、酒を飲むと性的欲求がもたげる傾向があり、また、過去に性器増大の為にコカイン注射を打ったことがあるという。

* ぬいぐるみ相手に犯行を再現する男
http://www.thairath.co.th/media/content/2010/02/02/62573_20_3.jpg

参考
16歳少女が強姦された上で殺害、村内の顔見知りの犯行と見て捜査

posted by Jean T. at 18:36| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度はロシアとトルコ、またパッタヤーのビーチで猥褻行為に及んだ外国人男女を逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は2日、ビーチで野次馬の目を気にせずに猥褻な行為に及んでいた19歳のロシア人の女と30歳のトルコ人の男を逮捕した。

 警察は、2人から1人あたり500バーツの罰金を徴収した上で、国外強制退去の為に2人が所持していたパスポートを押収した。

posted by Jean T. at 15:36| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度は青色放送局? ネーウィン氏の弟が中心になり内務省チャンネルを開局

 マティチョン紙は2日までに、内務省筋の情報として内務大臣付ワーキングチーム首班でネーウィン・チットチョープ氏の弟でもあるサックサヤーム・チットチョープ氏の音頭取りで「内務省チャンネル」なるテレビ局の開局準備が進められていると報じた。

 内務省側は王室擁護、国内正常化、国内一致団結を初めとした内務省が取り組む重要政策やOTOP品のPRを初めとした重要プロイジェクトの公報強化を目的としているとしているが、民主主義に関する誤った認識を植え付けようとしている一部の政府崩壊を志している特定放送局や2月中に大規模な政治行動を計画している赤服軍団に対抗する意図が放送局開設の背景に隠されているとの見方もされている。
posted by Jean T. at 13:37| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若者5人組、タクシー運転手から600バーツを強奪し逃走

 各報道によると、1日23:00過ぎパトゥムターニー県県都の警察当局は、タクシー運転手から現金600バーツを強奪した容疑で17歳から20歳までの4人の男を逮捕した。

 調べによると、4人は現在逃走中の男1人と共に客を装って職業訓練課程校前の路上からタクシーに乗り、スキを見て運転手(40)の首に刃物を突き付け現金600バーツを強奪し逃走した。

 逮捕された4人は、遊ぶ金や酒代欲しさから犯行に及んだ。逃走中に盗んだ現金の一部を落とした為260バーツしか手元に残っていないと供述しているという。

posted by Jean T. at 13:07| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16歳少女を車内に押し込めようとしたタクシー運転手等を逮捕

 各報道によると、サムットプラーカーン県バーンプリー郡の警察当局は1日23:00過ぎ、16歳の少女を無理矢理タクシー車両の中に押し込めようとした容疑でタクシー運転手の男(37)及び何れも17歳の少年2人の計3人を逮捕した。

 被害にあった少女によると、買い物を終え帰宅の為に1人でバイクを運転中に、後ろから回り込んできたタクシーに無理矢理止められ、車内から出てきた3人組に車内に押し込められそうになった為、近くにある公衆電話ボックスに逃げ込んだところ、たまたま現場を通りかかった叔父に助けられ難を逃れる事が出来たという。

 少女によると、公衆電話ボックスに逃げ込んだ際に、3人組がボックスに向け石塊を投げつけてきたが、幸いボックスのガラスが割れる事は無かったという。

 逮捕されたタクシー運転手の男は取り調べに対して、少女は元恋人で、少女の親族の妨害によりコンタクトをとることが出来なかった為、酒を飲んだ勢いも手伝って一緒に逮捕された2人の少年を連れ少女と会って話をする為に現場に向かっていたところ、たまたまバイクを運転中だった少女に出くわし、止まるように言ったが無視された為、話をする為に車を前に回り込ませ止めさせたが、無理矢理車内に押し込もうとするような事は一切行っておらず。また、電話ボックスに向け石を投げつけたのは、ボックス内に閉じこもった少女に出てきて貰って話をしたかったからであると供述しているという。

 しかし、少女側は、これまでに3人とは会ったことが無く、一切の面識が無いと証言しているという。

 警察側は、3人の供述を信用することが出来ないとして、誘拐未遂等で身柄を確保した上で、あらためて詳細に渡り事情聴取を行った上で法的手続きを講じる方針である事を明らかにした。

 尚、報道により、少女の証言としてタクシー車内には4人が乗っており、内1人は叔父等が助けに入った際に逃走したと報じるものもあるが、逃走中の1人に関する逮捕された3人の供述や警察側の対応に関しては一切触れられていない。

posted by Jean T. at 12:53| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相私邸に向け糞尿弾、首相は単なる扇動目的の嫌がらせと指摘

 各報道によると、1日13:00頃バンコクのタウィーワタナー区ソーイ・スクムウィット31内にあるアピシット首相私邸敷地内に向け複数の糞尿が入った袋が投げ込まれる事件が発生した。

 実行グループは、私邸周辺2箇所の詰め所に詰めている警察官の死角を狙って袋を投げ込んだものと見られており、また監視カメラ映像の解析によりヘルメットで顔を隠した性別不明の不審者が確認されているが、移動手段や逃走先等に関しては確認出来ていない。

 事件後報告を受けたアピシット首相は、単なる情勢扇動を目的とした嫌がらせでしかないとして、特に懸念していないと語った。

 アピシット首相によると、1月から2月にかけて情勢扇動を意図した何らかの動きがある事は既に想定の範囲内だという。

posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ターウォン副内相、国有地不法占拠の状況調査を指示 - アルパイン返却も視野

 ターウォン副内務大臣は1日、国有地の不法占拠状況を全国に渡って調査を進めるよう指示した事を明らかにした上で、すべての不法占拠行為に対して法に則り等しく処分を進める考えである事を明らかにした。

 この発言は、反独裁民主主義同盟側がヂャンタブリー県内にあるカオ・ソーイダーオ・ゴルフクラブが国有地を不法に占拠しているとして、同ゴルフ・クラブの国有地への収容を要求すると共に、進捗状況を問うために土地局前で抗議活動を展開する方針を明らかにしている事を受けたもので、ターウォン副内務大臣は、既に関係部署に対して同ゴルフ・クラブの登記状況の調査を指示すると共に、仮に不法占拠であることが明確になった場合は、法に則り処分を下す考ええある事を明らかにした上で、現在行われている全国的な不法占拠状況に関する調査で不法占拠が確認された案件に対しては、関係する個人の身分等に関係なく等しく法に則り処分を下す考えである事を明らかにした。

 また、その一環としてマーニット内務省次官に対して、国家仏教局と共同で現プゥア・タイ党のヨンユット・ウィチャイディット氏が次官だった時代に、国家法制委員会の判断に反して土地の使用を認める決定を下した、サノ・ティヤントーン氏やタクシン元首相が関係する寺院の土地に建設されたアルパイン・ゴルフ・クラブの土地の寺院への返却の是非について検討するよう指示した事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hi5内の書き込みを巡った中3少女同士の喧嘩が刃傷沙汰に発展、5人が重軽傷

 バンコクのヤーンナーワー区内にある有名校のトイレ内で1日午後発生した、マタヨン課程3年の少女(何れも15)同士の喧嘩により1人が重傷を負い4人が軽傷を負うという事件が発生した。

 この事件に絡んで、自らも腕に刃物で傷を負い現場に立ちつくしていた少女が実行犯として身柄を確保されている。

 負傷を負い病院に搬送された少女によると、身柄を確保された少女がHi5内に書き込んだ男友達を横取りした事に関するメッセージについて仲間と一緒になって問いだした事から殴り合いの喧嘩になり、一端は収まったものの、その後手を洗うためにトイレに入ったところ身柄を確保された少女のグループと出くわした事がきっかけで再度殴り合いの喧嘩になり、その際に身柄を確保された少女が刃物で友人に切りつけた為、助けに入ったところで自分たちも刺され傷を負ってしまったと証言しているという。

 尚、報道によっては、身柄を確保された少女の証言として、重傷を負った少女がHi5に書き込んだメッセージについて仲間と一緒になって問いだした際に喧嘩になり、その際に重傷を負った少女が刃物を取り出して友人に切りつけた為、助けに入ったところで自分たちも傷を負ってしまったと証言しているとするものもある。

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16歳少女が強姦された上で殺害、村内の顔見知りの犯行と見て捜査

 各報道によると、1日朝ガムペーンペート県県都内の民家の寝室内で、マタヨン課程4年(高1にほぼ相当)に通う16歳の少女の絞殺体が発見された。

 遺体の下半身は裸のままで、性器には何者かから性的な暴行を受けた跡があり、また爪には実行犯のものと見られる皮膚片や血痕が付着していた。

 第一発見者でもある、何れも42歳の両親によると、前日19:00頃に少女を家に一人おいたままバンコクに向かう息子を見送るためにバスターミナルに出かけ、同日22:30頃に帰宅後就寝し、その後朝になって少女が殺害されていた事に気がついたという。

 また、近所に住む少女の伯母(44)は、前日21:00事に少女の家の裏側から複数の犬がけたたましく吠える音が聞こえたという。

 警察側は、顔見知りの者が、少女が家の中で1人でいるスキを見て手を下したと見て、地区長の協力を得て地域内に住む男性住民の身体検査を行い犯人を特定する方針である事を明らかにした。

 少女は顔立ちが良く、村内に住む複数の若者が少女に言い寄っていたという。

posted by Jean T. at 00:07| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑務所内の"新人歓迎儀式"で親族が死傷、親族4人がパウィーナー女史に訴え出る

 各報道によると、31日27歳、41歳、31歳及び59歳の女性4人が児童・女性擁護財団を主宰するパウィーナー・ホンサグン女史の事務所を訪れ、ガンヂャナブリー県内の刑務所内で新人歓迎儀式の名目で服役中の親族が殺害されたり重傷を負ったりしたと訴え出た。

 被害にあったとされる服役者は、麻薬等で服役していたサムットプラーカーン県内の刑務所からガーンヂャナブリー県内の刑務所に移送されていた38人の一部で、29日に発生した牢名主を中心にした新人歓迎を名目にしたリンチで死傷したとされる。

 夫(29)を殺害されたという27歳の女性によると、水浴中だった夫に対して牢名主等がナイフで男性の首を刺し殺害し、また引き渡された遺体には全身に渡って刺し傷があったという。

 また、31歳及び59歳の女性は、それぞれ夫及び息子が牢名主に喉元または肺を刺され重傷を負ったと訴え、41歳の女性は甥の所在がつかめず安否を確認できないと訴えた。
 
 訴えを受けたパウィーナー女史は、ガーンヂャナブリー県の県警察本部長に対して事実関係の確認及び犯行に関与した者に対する法に基づいた処分を要求した。

posted by Jean T. at 00:04| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。