2010年02月15日

13歳少女が養父から性的暴行、養父は少女の実母と共に逃走

 タイラット紙によると、14日アーントーン県県都内在住の13歳の少女が親戚に伴われ警察署を訪れ、先月18日と20日に養父から性的暴行を受けたと訴えた。

 少女によると、先月18日に実母が仕事に出かけた後に部屋に入ってきて養父から無理矢理性的な暴行を受け、その後他言をしないよう脅迫され、更に2日後の20日にも同様に実母が仕事に出かけた後で養父から性的な暴行を受けていたという。

 警察によると、事件が明るみになった後で、少女の実母が夫でもある少女の養父を連れ出し逃走し両者とも行方不明になっているという。

posted by Jean T. at 11:57| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変態客から逃れる為にアパートのベランダに逃れた娼婦が救出、パッタヤーで

 各報道によると、14日深夜チョンブリー県パッタヤー地区で、アパート4階のベランダから興奮状態で助けを求める声を上げると共にベランダから飛び降りようとしていた女性(28)が救出されるという騒ぎがあった。

 売春を生業にしているという女性は、トンと名乗る客の男と共にアパートの部屋に入ったところで男が殺して捨てると脅してきた為、怖くなり逃げるためにベランダから飛び降りようとしたと語っているという。

 尚、トンなる男は女性が救出される前に逃走した。

posted by Jean T. at 11:39| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くが元首相の資産債押さえ案件判決が情勢最悪化の火種になると懸念

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが首都圏在住の2,241人を対象に9日から13日にかけて行った調査で、26日に予定されているタクシン元首相の資産差し押さえ案件に対する判決公判に関して、41.20%の回答者が、依然同元首相がシロであると信じている者が多数いる等の理由をあげ情勢の最悪化の火種になると回答し、23.13%の回答者が、政府側には既に対応策がある等の理由をあげ情勢が最悪化する事は無いと回答していた事が明らかになった。

 また、案件に関しては、38.22%の回答者が多くの国民の関心を集め注目されている案件である、31.61%の回答者が法に則った正しく公正な判決を望む、19.24%の回答者が社会からの圧力に晒されている元首相一家、特に子供達に同情する、10.93%の回答者が悪徳政治家、特に国家のリーダー経験者を裁くためのモデルケースになると回答した。

 また、判決後に予想される混乱を防ぐために必要な事に関しては、33.34%の回答者が恣意的にならない法に則った手続きを踏んだ公正な判決をあげ、以下、29.14%の回答者が資産差し押さえ案件を特別な目で見ず、単なる一つの案件でしかないという目で見ること、23.72%の回答者が裁判所側が十分に検討を行った上で没収するべき差し押さえ資産の算出を行うべき、13.80%の回答者がマスコミ側が適切な報道を心がけることと回答した。

posted by Jean T. at 00:55| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相の指導者としての資質への評価が向上、ABAC調査で

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、17県内の1,109世帯を対象に12日から13日にかけて行った調査で、アピシット首相の指導者としての資質に関して、冷静で感情的にならないという面で優れていると回答した者が、9月時点で73.8%だったのに対して86.1%に増加し、知識・才能面で優れていると回答した者が、9月時点で61.8%だったのに対して84.3%に増加するなど、全ての面で首相の指導者としての資質に対する評価が9月調査時点から向上していた事が明らかになった。

 また、首相の私邸に汚物が投げ込まれた件に関しては、79.6%の回答者が首相に対する脅迫である回答し、55.1%の回答者が警察に対する信頼低下に繋がったと回答した。

posted by Jean T. at 00:53| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、ドーンムゥアン空港をスワンナプーム国際空港に次ぐ第二の選択肢に

 アピシット首相は14日朝放送された定例政見放送の中で、スワンナプーム国際空港を利用している航空便利用客に対して第二の選択肢をもたらす為にドーンムゥアン空港を再度フル稼働状態に戻す事で運輸大臣との間で原則合意している事を明らかにした。

 これは近々行われる運輸省との政策協議について聞かれた際に明らかにされたもので、アピシット首相は、ドーンムァン空港とスワンナプーム国際空港の運営を切り離し両空港間で競争を展開させる事により、休眠状態にあるドーンムァン空港の資源を活性化させることが出来ると共に航空便利用客に新たな選択肢をもたらす事ができるとの認識を示した。

 また、政策協議の席上では、高速度鉄道の開発計画や事故全体の30%近くを占めているブワヤイ(ナコンパノム県)とデーンチャイ(チェンラーイ県)とを結ぶ道路の4車線化計画等に関しても協議される予定になっているという。

posted by Jean T. at 00:51| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ党、国家警察長の指名を怠った首相を職務怠慢で告発

 プゥア・タイ党のプロームポン報道官は14日、国家警察本部長の指名を怠っているアピシット首相を職務施行義務違反で刑事告発する為の準備を進めている事を明らかにした。

 また、国家警察本部の幹部ポストを巡る売買疑惑が浮上している事に絡んで、疑惑が浮上している中で警察幹部の幹部人事を断行したステープ副首相を委員長とする警察人事検討委員会に対する調査を16日に国家汚職防止委員会に要求する方針である事を明らかにした。

 プロームポン氏によると、これまでの調査でS(1人はソー・スゥア、1人はソー・サーラー)が付く2人の政治家がポストの売買に関与している疑惑が浮上しているという。

posted by Jean T. at 00:48| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、民間企業から資金提供を受けているのはプレーム議長の方

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は14日、同盟・赤服軍団が水面下で資金提供を受けているとの指摘を否定した上で、大手民間企業からプレーム枢密院評議会議長宛てに資金が渡っていた疑いあると指摘した。

 ナタウット氏は、MMCシッティポン社が2003年と2004年にプレーム議長宛に振り出した、それぞれの額面が180万バーツの2枚の小切手のコピーを提示した上で、同議長が民間企業から不適切な資金提供を受け、またこの資金提供に民主党が関与していた疑いがあると指摘した上で、プレーム議長に対して事実関係の確認を要求した。

posted by Jean T. at 00:47| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

路上でニューハーフが射殺、女性と勘違いして連れ出した男が殺害か?

 各報道によると、14日5:00頃ナコン・シー・タンマラート県トゥンソン郡内中心部の路上で拳銃で撃たれ死亡したニューハーフ男性(21)の死体が発見された。

 これまでの調べで、男性は、前日夜に同じニューハーフの友人や女性2人と一緒にパブに出かけていた際に店内で知り合った3人組の男性グループの車で別のパブに飲み直しに出かけていた事が確認されている。

 警察側は、男性が3人組と一緒にいるのを見て嫉妬した予てから男性と交際していた者が怒りから殺害した、ないしは、男性を女性だと思って車で連れ出していた3人組が、その後に男性がニューハーフである事が分かり騙されたと思い殺害したかのいずれかと見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:45| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。